健康的な食事の回数って何回がいいの?(教えてY先生!面白コラム)

こんにちは。ゆっきーです。
食べる純炭きよらの定期購入プレゼントとして配布している「読むデトックスVol.1 透析を受けずに人生を楽しむ3つの方法」の第2弾として、テレビの健康番組にも多数出演しているY先生(正体は後日公開)と純炭社長の対談を行いました。
令和元年秋ごろには対談集が完成予定ですが、これに先立って対談中のこぼれ話をブログで紹介していきますね。

Y先生、健康を維持するための食事回数ってわかっているんですか?

実は、断食がいいっていう根拠は医学的データが多数あります。
人間には適度なストレスがかかると、体を守る防御機能にスイッチが入るんだ。
プチ断食や一日一食にしてある程度の空腹時間をつくったり、一時的に摂取カロリーを制限すると、
『こりゃちょっと、ヤバイかも!!』
って体が勘違いする!
その結果、免疫系の細胞などを調整して様々な病気に対する抵抗力をあげるわけ。
飢餓状態に合わせて、体をその都度やりくりして命を守ろうとするって寸法。
なんと、ネズミで断食の実験をすると、ほとんど再生しないと考えられていた脳の神経細胞が再生したり、傷ついた筋肉細胞が再生するって論文もあるんだ。

では、一日何食が一番いいのか?

今までの研究ではプチ断食や、5:2ダイエット(※注釈1)なんかが良いというデータが出ています。
逆に少量ずつ頻回に食べるという食事療法もあるけど、6回なのか?9回なのか?という統一的なデータは今のところない。
どちらかというと、一日の食事回数を減らして、空腹時間を長くした方が健康にイイというデータの方が圧倒的に多いのが現状。


現代人は一日3食食べなきゃいけないという強迫観念にとらわれているという見方もできるよね。

そういえば、江戸時代中期までは日本人は一日2食だったという話もありますよね。(※注釈2)


その他に良いデータがあるのは、一日の食事量の4割は朝に食べ、夜の8時までに残り6割の食事を終える。
人間の体って朝食べたカロリーは活動中の熱として消費されて脂肪になりにくいんだけど、夜食べたものは脂肪として蓄えようとする。
そういった研究データから、極端な肉体労働者以外は、これくらいの食事の摂取カロリーを目安にするのがおすすめ。
標準体重×25kcal (注釈※3)
身長が160cmの人だと、約1400kcal
朝ごはんに560kcal(4割)食べて、お昼を抜いて、夜に840kcal食べるってイメージ。
どう?意外と実践できそうでしょう。


ちなみに、私は、朝だけしっかり食べて昼・夜抜くのが理想なんだけど、朝ごはんだけだと制限があるじゃない(笑)
我慢し過ぎてストレスをためるのが最もよくないから、適度にお酒も飲んで楽しむようにしてるよ。

そういえばY先生はお酒がお好きなんでしたね。

それから、どうやって食事をするかということもすごく大事なんだ。

現在、日本には340万世帯もの高齢女性の一人暮らしがいるのだから驚きだ。
この人たちは食事内容も貧相だというデータもある。
なぜなら女性は人の為にはきちんと食事を作るが、自分の為だけだと疎かになり栄養が偏りがちだ。
国や自治体が、一人暮らしの方が集まって食事ができる場所を作るなどできれば、健康寿命が延びると思う。
結果として医療費も抑えられるんじゃないかな。
一人一品ずつ持ち寄って5人集まれば5品食べられるわけだから絶対にイイでしょ。
ほかにも会話を楽しみながら食べたり、笑ったりという事は必然的に体にはいい影響があるよね。

※注釈
1)米国で提唱されているもので、週に2日だけ一日の摂取カロリーを1/4程度(一日500kcal程度)に抑える食事療法
2)江戸時代中期までは、朝食をお昼くらいに、夕食を夕方4時くらいの2食であった
3)標準体重とはBMI値22。身長が160cm(1.60m)の人だと、1.60×1.60×22=56.3kg で算出

【純炭粉末公式専門店】は→こちら

ストレスやAGE(糖化)との上手な付き合い方(教えてY先生!面白コラム)

こんにちは。ゆっきーです。
食べる純炭きよらの定期購入プレゼントとして配布している「読むデトックスVol.1 透析を受けずに人生を楽しむ3つの方法」の第2弾として、テレビの健康番組にも多数出演しているY先生(正体は後日公開)と純炭社長の対談を行いました。令和元年秋ごろには対談集が完成予定ですが、これに先立って対談中のこぼれ話をブログで紹介していきますね。

Y先生、腎臓を守るためのストレスやAGE対策を教えて!

ストレスは心身にダメージを与えるって毛嫌いされているけれど、人間には適度なストレスがかかると、体を守る防御機能にスイッチが入る『ホルミシス』っていう現象がある。
この『ホルミシス』という考え方は地球上で受けるストレスすべてに通じるんだよね。

例えば、放射能。

大量にあびると命にかかわるけど、放射性物質の一種のラジウムが入っている温泉なんかは健康に良いと言われている。
ラジウム温泉は実は軽い被ばくなんだけど、弱い放射線をあびた細胞は、こりゃヤバいってDNAを守ろうとして、新陳代謝を促進させたりして、これが健康に良かったりするんだよね。

食べ物からくるストレスってのもある。

ブロッコリースプラウトなんかは生で食べると苦い食べ物だから、通常は生物にとっては毒物なわけ。だけど、適度に食べる分には防御機構を活性化させる。ただ、健康に良いからと言って苦い食べ物を大量に食べ続けると中毒を引き起こしかねないんだ。

中世の魔女はアルカロイド中毒だったという話がある。

不作の年に長期保存していたライ麦に麦角菌が感染して、アルカロイドという物質をため込んでしまった。このライ麦から作ったパンを食べた女性がアルカロイド中毒を起こして幻覚や幻聴状態に陥って、人前で変な言動をしたがゆえに魔女扱いされたっていう説。

このように、苦い食べ物やエグミのある食べ物って、実は毒物なの。
植物は虫に食べられないように、毒物を作る能力を進化の過程で作り上げたわけ。

↑芽が出そうな緑になったジャガイモにも天然毒アリ!

例えば、腎機能を低下させるAGE(糖化物質)から体を守ってくれる働きのあるスルフォラファン。スルフォラファンはブロッコリースプラウトに含まれる物質で、虫にとっての毒物なんだけど、実はブロッコリーの中にはスルフォラファンとしては存在していない。グルコファラニンというスルフォラファンの前駆体として蓄えられていて、芋虫がブロッコリーにガブって噛みつくと、細胞が壊れてミロシナーゼっていう酵素がしみ出てくる。すると、ミロシナーゼとグルコファラニンが反応して苦くて毒性のあるスルフォラファンができあがるってわけ。
だから、ブロッコリースプラウトを丸呑みしてもスルフォラファンは摂れないよ。

口の中でよく噛んで、ミロシナーゼとグルコファラニンを反応させないとダメ。
おなじように茹でたブロッコリーはどんなによく噛んで食べてもスルフォラファンはできない。なぜならミロシナーゼという酵素は熱に弱くて、茹でると働かなくなるから。なので、ミロシナーゼを含んでいる大根おろしと一緒に茹ブロッコリーをよく噛むとスルフォラファンが完成するよ。スルフォラファンは体内でAGEができるのを防ぐ働きがあるから是非やってみてね。

さて、適度なストレスは体に良いって場合もあるけど毎日ストレスがある場合はどうしたらいいのだろうか。

ネズミの実験でストレスをかけるために水に浸すっていうのがる。
ネズミにストレスを与える実験では
水に浸されたネズミは脳内で小さな炎症が起こって、そこで神経回路にスイッチが入って、胃にいく迷走神経がすごく興奮して胃酸がブワッとでるんだ。その結果、わずか数時間で胃潰瘍ができたり出血してしまう。

ちょっと緊張して頑張るぞーという短いストレスはいい刺激になるけれど、毎日のストレスは良くない。ストレスは交感神経を刺激して血圧を上げたり、腎臓の血流量を低下させて、腎機能を落とす原因になってしまう。

自分がどれだけストレスを溜めこんでいるのか?
心拍数が高い状態が続くと早死にする?
簡単に測る方法といったら心拍数。
ストレスがかかっているときは交感神経が刺激されて興奮状態になっているわけだから心拍数が上がる。心拍数が一分間に80回以上の場合要注意!心身ともに負荷がかかっている状態だから。大規模な調査で心拍数が高い人ほど早死になんてデータも出ているんだから、侮れないよね。

ストレスから身を守る方法はなにかって?

私の場合はお酒なんだけど、(もちろんお酒じゃなくてもいいんだけど)、意識してリラックスをしないといろんな病気が進行する可能性が高い。
今はやりの瞑想やマインドフルネスとかはすごくいいと思うよ。
リラックスを意識することが大事、瞑想もおすすめ
実際に透析患者を3割減らそうと、瞑想を治療に取り入れている病院もあるくらいだから。
リラックスが出来ているかを判断できる、心拍数をはかるアプリなんかも最近出ているよね。

瞑想とかマインドフルネスはウサンクサイって人もいるかもしれないけど、グーグルやインテルのようなハイテク企業では社員研修に組み込んでいる。やらない理由を探すのではなく、ぜひ試してみてほしい。

【純炭粉末公式専門店】は→こちら