透析導入の基準はなに?

こんにちは、純炭社長の樋口です。

先日のブログで、お医者さんは「eGFRが15~30になったら透析や腎移植の説明をするのが望ましい」と診療ガイドラインに書かれていることを紹介しました。

では、実際にeGFRがどれくらいの値になったら透析になってしまうのでしょう?

実は、明確な基準はありません。

まず最初に、eGFR(推定GFRと書かれている場合もあります)って何?
クレアチニンとは違うの?
と思った方はこちらのブログを先に読んだあとに本題を読み進めて下さい。

素人考えでは、なんとなく、腎機能が低下しすぎない比較的早期に透析に入ってしまったほうが、その後の経過は良いように思ってしまいます。

しかし、日本腎臓学会が発表している”エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン2013”には、『尿毒症症状の出現のないeGFR 8~14 mL/分/1.73m2程度での早期導入は、透析導入後の予後改善に寄与しない。一方で、症状がなくともeGFR 2 mL/分/m2までに導入しないと生命予後が悪化する可能性がある。』と書かれています。

尿毒症症状とは、腎臓の働きが悪くなったために血液から除去しきれなかった毒素が、だるさや食欲不振、呼吸困難、睡眠障害などを引き起こす状態です。

このような尿毒症症状が出現したり、赤血球を増やす注射が効きにくくなったり、カリウムがコントロールできなくなったりした時にはeGFRに関係なく、早期に透析を受けたほうが身体は楽になります。

一方で、eGFRが一桁に低下しても食欲旺盛で元気な方もいらっしゃいます。

このような場合は早期の透析導入はあまり意味がなく、むしろeGFRが6程度まで透析に入らないほうが、その後の生命予後は良いとされています。

先に紹介したガイドラインによると、

1)2010年に報告されたオーストラリアとニュージーランドの研究では、eGFR 10~14の「早期透析導入群」とeGFR 5~7の「晩期透析導入群」では、その後の死亡率に違いはない。
2)日本における2007年の新規透析導入患者の検討では、eGFR 4~6で透析に入った患者に12か月死亡率は低く、逆にeGFR 8以上で透析に入った患者に死亡率が高かった。eGFR 2未満まで透析に入らなかった患者の死亡率は統計学的に高いとは言えなかったが、死亡リスクは増大する傾向は認められた。
3)日本において1988年と1989年に透析に入った患者では、eGFR 4~6で透析に入った患者に比べて、eGFR 6以上で透析に入った患者の方が16~17年後の予後は統計学的に悪かった。

つまり、早期で透析に入らざるを得なかった患者は、既に全身状態が悪化していた可能性がありますが、尿毒症の症状がない場合にはeGFRが6を切るくらいまで透析を回避することはできそうです。

ただし、シャント手術は早めに準備しておいた方が良い場合もあります。

通常の採血は血管の静脈に針を刺して血液を取り出しますが、血液透析の場合は1分間に200~300 mLもの血液を透析器に送り込まなくてはなりません。細い静脈からこれだけの血液を抜くことは不可能なので、腕の静脈と動脈をつなぎ合わせた「シャント」を作るのが普通です。

シャントがない状態で緊急透析になると、心臓に近い中心静脈にカテーテルを入れて透析を受けることになります。この方法は生命予後を悪化させる可能性があるので、お医者さんは「シャントだけ作っておきましょう」とすすめてくれる訳です。

【純炭粉末公式専門店】は→こちら

透析を回避するために透析と向き合ってみることも大切なのでは?

こんにちは、ゆっきーです。
実はストレス対策が腎臓病には有用!上級編

透析には絶対になりたくない、透析に入るくらいなら・・・
というご相談をよくお伺いします。

「このままだと透析だよと」お医者さんに脅されて、心配で心配で夜も眠れないなんて方もいらっしゃいました。

でも、”敵を知り己を知れば百戦あやうからず”って言うじゃないですか。
お医者さんが”敵”という訳ではありませんが、お医者さん側の事情や透析の実情を知ることで恐怖心がなくなるかもしれません。

そこで、「透析と言われたら」というブログカテゴリーを新設してみました。

さて、お医者さんはどういうタイミングで「透析」という言葉を持ちだすのでしょう?

実は、日本腎臓学会が出版している診療ガイドラインには、「eGFR(検査結果には推定GFRと書かれていることもあります)が15~30(mL/分/1.73 m2)に至った時点で、透析療法や腎移植の準備のための情報を伝えた方が良い」という内容が書かれているのです。
CKDステージG3b~5診療ガイドライン2017 日腎会誌2017 ; 59(8) : 1208-1212

診療ガイドラインとは標準的な治療を行うための指針のようなものなので、お医者さんとしては、eGFRが15~30になったから一応は説明しておかないと!という使命感で「透析」という言葉を持ちだしているのかも知れません。
決して脅かしたり、生活習慣を叱るつもりで言っているのではないと思うので、寛大に受け止めてあげて下さいね。

さて、透析っていったいどんなイメージでしょうか・・・

・腕に太い針を刺すので痛いんでしょ?
・週に2-3回何時も拘束されるんしょ?
・普通に働けなくなる?
・旅行にも行けなくなる?

そんなネガティブなイメージが浮かんでしまうので、「透析なんて嫌だ!」と思ってしまう方がほとんどだと思います。たしかに、大きな不安を抱え込んでしまうのも無理はありません。
でも、透析を正しく理解して適切に対処すれば、今までの生活をすべてあきらめる必要はありません!

透析のプラス面を少しのぞいてみましょう

①透析を始めると、心身の不調が軽減される場合が多いです。

腎機能が低下して尿毒症になってしまうと、だるさや痒み、食欲不振、息苦しいなどの症状が出てきて、身体も心も辛くなってしまいます。でも、透析することで身体に溜まった老廃物を取り除くことが出来るので、辛い尿毒症症状は軽くなることが多いです。

②仕事や趣味をあきらめる必要はありません。

どんな透析を選択するかで、今までの生活のすべてをあきらめる必要はありません。夜間に透析をしてくれる病院や、条件さえ整えば在宅で透析をするという選択肢もあります。旅行先でも透析を受け入れてくれる病院は少なくないので、海外旅行だって楽しむことも可能です。充実した人生を元気で楽しむために、「透析」を利用してやる!という前向きな発想転換はいかがでしょう。

③さまざまな医療費助成制度がうけられます。

透析になるとたくさんの医療費がかかるのではと心配になるかもしれませんが、様々な助成金制度があり、自己負担が少なくて済みます。透析によって人生をあきらめる必要はありません。地方自治体の除籍制度や健康保険への申請で得られる制度はもともと有している権利です。ぜひ活用しましょう。
きちんと手続きをすれば毎月の自己負担は0~1万円程度と言われていますよ。

これから、少しずつブログやメールマガジンで透析についての情報をお届けしていきたいと思います。透析は”敵”ではなく、うまく付き合っていくべき”相棒”です。ぜひ読んでみてくださいね(^o^)/

【純炭粉末公式専門店】は→こちら