あなたの体、冷えていませんか?

投稿日: カテゴリー ■腎臓病について

こんにちはゆっきーです。

11月も後半に差し掛かり、朝晩はずいぶん冷え込むようになってきましたね。
ゆっきーは冷え性と自覚があるのでこれからの季節は死活問題!
(暑いの我慢できるけど寒さは一度体が冷えてしまうとなかなか大変なのです)
腎臓に不安がある人も冷えは万病の元なので用心してくださいね。

☞体の冷えは万病の元

体が冷えると、体全体の代謝が落ちるので、新陳代謝がスムーズにいかず老化が加速。冷えにより体温が低い人は、白血球の働きが鈍くなるので、免疫力が落ち、風邪など病気にかかりやすくなります。
また、腎臓は冷えを嫌う臓器です。腎臓のろ過機能には毛細血管がたくさん集まっています。体が冷えると血流量が低下するので、腎臓の血流量も低下してしまいます。

☞心が冷えていませんか?

体だけでなく、心の冷えからの不調もあるってご存知でしたか?
真面目で自分に厳しい人ほど心が冷え、体が悲鳴をあげています。精神的なストレスの積み重ね(心の冷え)は交感神経が優位になり、血行が悪くなって冷えを招きます。心と体は繋がっているモノ。以下のリストをチェックしてみましょう。
□言いたいことを我慢するほうだ
□やらなければならないことが多い
□頑張っているのに報われない気がする
□他人の言動にイライラしてしまう
□失敗するのを恐れている
□慢性的な頭痛や肩こり、腹痛などの痛みがある
□喉の奥に物が詰まっているような感じがある
□自分があまり好きではない
あてはまる数が多いほど心が冷え切っている可能性大です。

☞心の冷え取りの方法は

心の冷えを取るには、こんな風に考えてみるのがおすすめです。
何事も『~ねばならない』『~であるべきだ』と決めつけず『まぁいいか、なんとかなるか』とゆるく考えるようにしてみましょう。
カリカリと神経質でストレスをため込んでいる人ほど、早死にするという研究もあります。病気の事で不安がつのると、ストレスで心が冷えてしまう人も多いと思いますが、自身を追い詰めすぎず心の余白を持つことで、体の冷えも解消できますよ。
心の冷え性を解決するにはこちらの本(著者:小室朋子)を読んでみるのもおすすめです。

☞冬の快眠にも冷えが大敵

夜手足が冷えていると、布団に入っても寝れないですよね。人は眠りにつく際、手足の血流量を増やして体の深部の体温を下げます。スムーズに入眠するためには就寝前の冷え取り習慣を取り入れてみましょう。
●発汗作用のある入浴剤を利用する
炭酸ガスが発生するタイプの入浴剤がオススメ。血行がよくなりポカポカ温まります。
●カイロや暖かくなるアイマスクを活用
首や肩を温める形のカイロや、目元をじんわり温めるアイマスクなど寝る前に使うとGOOD。
●身に着けるもので冷えから身を守る
レッグウォーマー(足首)やネックウォーマー(首)などを利用しましょう。”首”とつく部分は太い血管が通っているので、冷やさないようにするのが大切です。

☞温かい飲み物で心も体もほぐしてみましょう

晩秋の夜長は心も体もあたためて、ぐっすり眠れるように心がけましょう。
ゆっきーはこの季節はノンカフェインのハーブティーを夜に飲んでリラックスするようにしています。
最近のお気に入りはフレーバーのついたルイボスティー。シナモンやクローブ、生姜などスパイスの入ったお茶も体が温まるので愛用しています。冷えを追いやって元気に冬を迎えましょう♪

ゆっきー愛用のノンカフェインのお茶とガラスが二重で冷めにくいグラス♪

【純炭粉末公式専門店】は→こちら

ゆっきー

投稿者: ゆっきー

美味しいものを食べることと、山登りが趣味の”ゆっきー”です。 お電話で商品をご注文のお客様は”ゆっきー”が電話にて対応させていただいております!お電話注文ではかなりの確率で”ゆっきー”が出ます! お客様に安心してご購入いただくことを信条としていますのでご相談から世間話までお気軽にどうぞ♪ いつも元気と笑顔がモットーです( *´艸`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください