きよらの効率的な飲み方って?

投稿日: カテゴリー ■純炭粉末について

せっかく「きよら」を飲むなら、より効率的な飲み方はないの?というご質問を良く頂戴いたします。

大変申し訳ないのですが、「食べる純炭きよら」は健康食品ですので、具体的な飲み方を商品に記載することが出来ません。薬機法(旧薬事法)という法律で用量用法を商品に記載することが禁じられているのです。

そこで、こちらでわかりやすく解説させていただきますね。

守るべきルールはこちらの一つだけ!
医薬品やサプリメントとは前後2時間あけて飲む(※注)。
「きよら」と併用してはいけない医薬品はサプリメントはありませんが、基本的には時間をあけて飲んで下さい。というのも、「きよら」に入っている純炭粉末の吸着特性により、医薬品やサプリメントの有効成分を吸着してしまう恐れがあるからです。
これさえ守っていただければ、お食事とは時間を空けなくてもかまいません。
空腹時に飲んでも、寝る前に飲んでも、1日分を1回にまとめて飲んでもOkです。
:クレメジンのような吸着炭薬、乳酸菌、コラーゲン、コンドロイチンなどのサプリメントは有効成分の分子量が大きいので「きよら」と同時に飲んでも大丈夫です。

考え方としては以下の3つのルールをご自身の生活に当てはめて考えてください。
【ルール1・最優先】
医薬品とは前後2時間あけて飲む(難しい場合は最低1時間あけてください)

【ルール2】
必ずしも1日分を3回に分ける必要はない(分けることで飲み忘れたり、飲むこと自体がストレスになる方がよくありません)

【ルール3】
医薬品やサプリメントがないのであれば食前(食直前)に「きよら」を飲んでから食事をする(食事とは時間をあける必要はありません)

オススメの飲み方例をご紹介します。

〇朝食・夕食の時間に薬を飲んでいるAさんの場合
1日に何回もお薬があると飲み忘れたり管理が大変ですね。そんな方が「きよら」を3回に分けて飲もうとすると、もう大変なことになります。
お薬とは時間を空けて頂きたいので、朝食と夕食時の薬の前後2時間は「きよら」を飲むのはNGです。
そうなると・・・(朝食時の薬→2時間後に「きよら」1/3→昼食時に「きよら」1/3→夕食時の薬→2時間後に「きよら」1/3)となり一日中時間を気にしてストレスになってしまうことも。
毎日の事ですので、「きよら」を飲むこと自体がストレスになるようだと、ストレス自体が腎機能を低下させてしまいます。ですので、1日2回以上お薬がある人は、無理にきよらを分けて飲む必要はありません。
1日2回以上の薬があるAさんは以下のように飲むのがおすすめです。

1回でまとめて飲むならお昼ごはんの時
2回に分けるならお昼ご飯の時と寝る前(または16時頃夕方)
が良いかと思います。

〇クレメジンを飲んでいるBさんの場合
医薬品の球形吸着炭が処方されている場合、「きよら」はクレメジン等と一緒のタイミングで飲んでください。同じ炭なので、双方の効果を阻害するようなことはございませんのでご安心ください。

〇他のサプリメントを飲んでいるCさんの場合
「きよら」の純炭粉末は分子量の小さいものほど吸着しやすい性質をもっています。
・ビタミン系のサプリや〇〇エキスなどは時間を空けた方が良いでしょう。
・油脂系のサプリメント(DHA・EPA・セサミンなど)は炭表面にへばりついて純炭の表面を覆ってしまう可能性あるので時間を空けた方が良いでしょう。
・乳酸菌サプリや(糖)たんぱく質系のサプリメント(コンドロイチン・グルコサミン・ナットウキナーゼなど)は分子が大きいので時間はあけなくても大丈夫です。
上記に該当しないサプリメントをお召し上がりでしたら、念のため、「きよら」とは時間をあけたほうが安心です。

〇お薬はないが外食が多いDさんの場合
外食となると、腎機能に負担をかけるAGEが多いメニューしかなかったり、お酒のアルコールによる脱水で体に負担がかかります。そんな時は食事の前に「きよら」を飲むのがおすすめです。「きよら」はお食事とは時間を空ける必要はありません。食事の直前に飲んで活用してみてください。

【純炭粉末公式専門店】は→こちら

ゆっきー

投稿者: ゆっきー

美味しいものを食べることと、山登りが趣味の”ゆっきー”です。 お電話で商品をご注文のお客様は”ゆっきー”が電話にて対応させていただいております!お電話注文ではかなりの確率で”ゆっきー”が出ます! お客様に安心してご購入いただくことを信条としていますのでご相談から世間話までお気軽にどうぞ♪ いつも元気と笑顔がモットーです( *´艸`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください