減塩と書いてあっても要注意!慢性腎臓病(CKD)で気を付けるべき減塩商品の正体とは?

投稿日: カテゴリー  ・腎臓病で気を付ける食生活

こんにちはゆっきーです(`・ω・´)ゞ
今日のテーマは”実は腎臓に危ないかもしれない減塩商品”について

減塩って書いてあれば安心?


お客さんの声を聴いていると・・・
「私は減塩仕様の調味料を使っているから大丈夫」と、腎臓病が悪くならないために皆さん制限食に取り組んでいます。

最初にお医者さんに言われることが『減塩』

クレアチニン値が上がってきて腎機能の低下が疑われると、まず最初にお医者さんに言われることが『減塩』ですよね。日本人の平均塩分摂取量は12gですが、腎臓病の人は6gを超えないようにと言われます。(塩とともに食品添加物も控えるようにと指導してくれるお医者さんもいますよね)

減塩商品ってどんなもの?


昨今の健康ブームから減塩の味噌や醤油やドレッシングなど、いろんな種類の商品が手に入るようになりました。あなたの冷蔵庫にも減塩と謳っている商品が一つや二つあるのではないでしょうか。

減塩醤油とは

例えば、減塩醤油の場合、普通の醤油よりも塩分が50%少ないものを指します。作り方は、普通の濃い口しょうゆをつくってから塩分だけ除く加工をします。塩分濃度が高いほど食品が腐るのを防ぐことが出来るので、減塩仕様の醤油は基本的に賞味期限が普通の醤油にくらべて短くなります。
普通の醤油より手間がかかり、賞味期限が短いはず・・・にもかかわらず、安価なものや賞味期限が長いものが店頭に並んでいるのはなぜ?ひょっとして”良からぬカラクリがあるのでは?”と目を光らせてみてください!

減塩の味気なさは添加物で補正?

醤油に限らず様々な減塩商品で、塩を減らしたにもかかわらずしっかりと味を感じるのはなぜでしょうか?
それは旨味を感じる為の添加物(グルタミン酸ナトリウムなど)が入っているからなのかも知れません。保存性を高めるための添加物にはアレルギー症状や毒性が指摘されているものもあります。

本来の味噌や醤油は

そもそも、本来の味噌や醤油はじっくりと発酵・熟成させる過程で旨味が作り出されるので時間もコストもがかかります。この手間を省こうと、早く熟成させ且つ安価に製造するために使われる添加物(甘味料もその一つ)はできるだけ避けたいですね。
そのためには成分表にカタカナの原料が使われていない事をチェックして下さい。また、化学調味料などが入っていない減塩商品を選ぶようにしましょう。
本来の調味料の材料ってこんなにシンプル↓
【醤油】大豆・小麦・食塩(できれば天日塩などの自然塩)
【味噌】大豆・米・塩(できれば天日塩などの自然塩)・(麦味噌の場合は麦)
【味醂】もち米・米麹・焼酎
【酒】米・米麹

どちらの方が腎臓がよろこぶ?


●安価にするためや味を誤魔化すために合成添加物が入った減塩の味噌汁
●旬の野菜や天然の出汁(かつお節や昆布など)をつかった手作り味噌の味噌汁
塩分だけを気にしすぎて「減塩商品を使っているから大丈夫」と安心していたら、添加物に痛めつけられた~なんてことにならないようにしてくださいね。
天然の食材や出汁にもカリウムやリンが入っているんじゃ?と心配になる方もいるかもしれませんが、それ以上に体に良い作用があります。天然のグルタミン酸は腸で免疫に作用したり、疲労回復やメンタル面にも良い影響が期待できます。

減塩商品はカリウムに注意?


ちょっと理科の授業のような話になりますが、慢性腎臓病の方には大切なことなので我慢して読んでくださいね。栄養指導で減らしなさいと言われる食塩(塩分)の正式名称は塩化ナトリウム(NaCl)です。そして、血圧を上げて腎臓にダメージを与えるのはナトリウム(Na)なんです。

減ナトリウム塩のカラクリ

ですから、減塩商品は言い換えると減ナトリウム商品と言えます。ところが、塩分50%カットなどと表示されている食用塩の多くはナトリウムを減らした代わりにカリウムを添加しています。

某社の減ナトリウム塩100 g当たり
・ナトリウム:18.9 g
・カリウム:26.2 g

能登の某海水塩100 g当たり
・ナトリウム:31 g
・カリウム:0.08 g

海水の300倍ものカリウムが添加

減ナトリウム塩には海水塩の300倍以上のカリウムが添加されているんです。ですので、減塩と表示されている商品を選ぶときにはカリウム量をチェックしてくださいね。
実際、腎臓病の方は医師にご相談の上・・・と注意書きが書いてある商品もありますので要注意です。
ちなみにゆっきーは天然塩と呼ばれる岩塩(そのまま採掘されたもの)や海水等を凝縮して結晶化したものを好んで使っています。
たくさんのミネラル(マグネシウム・セレン・マンガン)も含んでいるほか、精製塩にくらべて旨味や甘味などを感じられ、体にやさしいのがポイントです。

安心の手作り減塩醤油はいかが?


・お好みの安心な醤油(カップ1)
・昆布とカツオのダシ(カップ1)+酒(カップ0.5)
つくり方は簡単!お出汁と煮切ったお酒を冷ましてから安心な醤油に混ぜるだけ。ダシでお醤油を薄めるのですが、うま味をプラスするので物足りなさを軽減できます。好きなお醤油やお出汁でオリジナルの減塩醤油をつくってみてくださいね。冷蔵庫で一週間程は持ちますよ。

終わりに


減塩と表記されているから、このレトルトやインスタントは大丈夫!と安心してしまわずに、おうちの調味料の裏面の表示、ぜひ確認してみてくださいね!

減塩の具体的なやり方はこちらのブログも参照してくださいね(^^)/

【純炭粉末公式専門店】トップページはこちら

投稿者: ゆっきー

美味しいものを食べることと、山登りが趣味の”ゆっきー”です。 お電話で商品をご注文のお客様は”ゆっきー”が電話にて対応させていただいております!お電話注文ではかなりの確率で”ゆっきー”が出ます! お客様に安心してご購入いただくことを信条としていますのでご相談から世間話までお気軽にどうぞ♪ いつも元気と笑顔がモットーです( *´艸`)

「減塩と書いてあっても要注意!慢性腎臓病(CKD)で気を付けるべき減塩商品の正体とは?」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください