北陸の優雅な風習『花嫁のれん』をご紹介♪

投稿日: カテゴリー 【金沢情報】

こんにちは、スタッフのえみりんです。

早いもので11月も半ばになり季節は秋から冬へ移ろうとしていて、これから北陸の空は次第にどんよりとしていきます((+_+))
そんな時期に、偶然、金沢駅で見かけた赤と黒を基調としたド派手な電車!鮮やかな色彩にビックリ!
のと鉄道の『花嫁のれん号』ってこの電車なんだ!と地元民なのに初めて見てかなりビックリしてしまいました。

北陸の伝統工芸である輪島塗や加賀友禅をイメージした観光列車↓

区間は金沢駅~七尾駅又は和倉温泉駅間、曜日も金・土・日・祝日限定ですが、車窓から能登の里山里海のきれいな景色を眺めながら、美味しいお食事を楽しめるようです。

電車内では北陸のお膳とともに・・・ほろよいセットもありますよ♪ ※写真右↓

ということで、今日はどんよりした空を明るくしてくれそうな、北陸地方の伝統文化、「花嫁のれん」の風習をご紹介します。
これが花嫁のれんです↓

数年前に同じタイトルのテレビドラマが放送されたので、「花嫁のれん」を知ってる方もいらっしゃるでしょうか?
石川県を中心に北陸地方ではお嫁に行く時に、まず嫁ぎ先の仏壇にお参りしてご先祖様に婚姻の報告をする習慣があります。(現在では続いているか分かりませんが・・)
その時に仏間の入口にかけられたのれんのことを「花嫁のれん」といい、そののれんをくぐって仏壇参り(婚家系譜に入ることをご先祖様へ報告)をします。結婚式までは花嫁のれんはそのままかけたままにしておき、嫁ぎ先のご先祖様へ嫁いでくることを知らせるという目的もあります。絵柄は鶴亀や花鳥風月などが多いようです。
加賀友禅を使ったりしているのに普段は全く出番がないことなどからとても贅沢な品ですよね。

一応、私も親からいただきました↓

ちなみに、私の母が祖父母からいただいた(戦後・昭和27年)のがこちら↓

親が子を思う気持ちは数字では到底表せませんが、贈られた計り知れない愛情を思い出すことが出来ました。

今日は虫干しもかねて、久しぶりに箪笥から「花嫁のれん」を出して飾ってみたのですが、母も懐かしそうにのれんを眺めていました。
毎年、ゴールデンウイーク頃に石川県七尾市でも家屋の屋内に数百枚もの花嫁のれんが展示される華やかな花嫁のれん展というイベントもあるようですよ。

皆さんのお住まいの地域にもそれぞれ伝統の風習があるとは思いますが、次の世代に伝えていけたらいいですね。

これから北陸は日ごと寒くなりますが、お魚は美味しい季節になります(^^♪
ぜひお越しいただいて人気の花嫁のれん号に乗車していただき、温泉やお魚など北陸の冬を存分にお楽しみくださいませ。
(石川県は雨の日が多いのでお越しの際は折り畳み傘をお忘れなく!)

【純炭粉末公式専門店】は→こちら

えみりん

投稿者: えみりん

ダステックのお母さん的存在のエミリンです♪ 商品の発送やお客様の電話応対まで、心を込めて行っています。 実は、定期購入へ毎月入れているお手紙はエミリンの直筆です! みなさんに元気をお届けできるよう頑張っています。

「北陸の優雅な風習『花嫁のれん』をご紹介♪」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です