純炭粉末の副作用|食べる純炭きよら

投稿日: カテゴリー ■純炭粉末について

お客様からいただくご質問の中に安全性や副作用に関するものがあります。

・純炭粉末には副作用はありませんか?
・食べる純炭きよらには発がん性はありませんか?

昔から魚の焦げを食べるとがんになると言われてきました。
サンマ焦.jpgのサムネイル画像

焦げ=炭というイメージがあるために発がん性が心配されるのだと思います。

しかし、魚や肉の焦げ部分に含まれる発がん性物質はヘテロサイクリックアミンやニトロソアミンといった窒素酸化物(含有化合物)であるのに対して、(純度の高い)炭は炭素でできているので、全く異なる物質なのです。

もう少し細かく説明してみましょう。
魚や肉のタンパク質はアミノ酸からできています。
アミノ酸は窒素(N)を含むアミノ基を持っていますが、加熱調理中に生じた窒素酸化物とアミノ基が反応してヘテロサイクリックアミンなどの発がん性物質を生じます。
ダイエタリーカーボン純炭粉末の原料である結晶セルロースは水素(H)、酸素(O)、炭素(C)からできており窒素(N)を含みません。当
然、アミノ基も含みませんのでヘテロサイクリックアミンが生じる危険性もないわけです。
一方、パンダの主食である竹などの樹木はタンパク質や糖類、金属元素を含んでいます。
ですから竹炭や備長炭などの樹木を材料とした炭には注意が必要です。

別の種類の発がん性物質にベンゾピレン(ベンゾaピレン、3,4-ベンゾピレン)があります。
これはヘテロサイクリックアミンとは違って窒素を含まず、炭素と水素だけで出来ています。
昨年秋、韓国の食品メーカーが販売したラーメンのスープからベンゾピレンが検出され、大きく報道されたことは記憶に新しいと思います。
弊社が製造するダイエタリーカーボン純炭粉末からはベンゾピレンが検出されないことを(財)日本食品分析センターが確認しています。

発がん性以外の安全性に関しても試験を行っています。
・急性毒性試験:ヒト一日推奨量の250倍量を一度にラットに食べさせても安全であることを確認しています。
・28日間連続投与試験:ヒト一日推奨量の50倍量を28日間ラットに食べさせても安全であることを確認しています。
・変異原性試験:がんなどの原因となる遺伝子突然変異を起こさないことを確認しています。

更に福島原発事故で心配されている放射性物質も
・セシウム-137
・セシウム-134
・ヨウ素-131
が検出されないことを確認しています。

ちなみに、イカ墨とは違うの?というご質問もありますが、
イカ墨は人間の日焼けの原因にもなるメラニン色素なので炭ではありませんhappy01

純炭社長

投稿者: 純炭社長

純炭粉末の(株)ダステック代表取締役社長。中外製薬で腎性貧血治療薬エリスロポエチン(ESA製剤)の創薬に携わった後に、ESA製剤が不必要になる世の中(すなわち腎臓病が無くなる世の中)を目指して47歳で起業しました。元金沢医科大学腎臓内科非常勤講師。ケトジェニックダイエットシニアアドバイザー・AGE研究協会認定講師でもあります。「出す」健康法で健康寿命を延ばすのが夢! 最近は「腎臓にやさしい純炭社長食堂」のシェフとしてサラメシも提供しています(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください