年頭挨拶(食べる純炭きよらの社長紹介)

今さら?という話題ですが、
1月24日の健康産業流通新聞に弊社代表の年頭所感が掲載されました。

 20130218151612.jpg
 よく見ていただくと分かりますが、
ミドリムシで一躍有名になった東大発ベンチャーのユーグレナや大手素材メーカーと肩を並べての掲載です。

わが社もIPO間近でしょうかhappy01

などという冗談?はさておき、

弊社代表を務める樋口は四半世紀にわたって大手製薬会社の研究所に勤務し、
バイオ医薬の先駆けとなった腎性貧血治療薬「エリスロポエチン」の開発に取組みました。

腎性貧血とは腎臓病で起きる重篤な貧血のことです。

今から50年ほど前までは、腎臓病は移植以外には治療法がない死の病でした。
昭和40年代に日本でも血液透析が導入され、患者さんは命を取り留めることができるようになりましたが、
体に酸素を運ぶ赤血球の数が健常者の半分程度しかなく、仕事などの日常生活は大きく制限されていました。

腎臓が悪くなると貧血が起きる理由は簡単です。
赤血球を増やすホルモン(エリスロポエチン)が腎臓で作られるため!
腎臓は血液中の老廃物をこす濾過機能のほかに、ホルモン産生臓器としても働いていたのです。

昭和60年に中外製薬(株)新薬研究所に入社した樋口は毎日毎日、
再生不良性貧血患者の尿からエリスロポエチンを精製する研究に明け暮れました。

日本中の血液内科にフリーザーを設置して、患者様の尿を集め、宅急便で東京・高田馬場にある研究所に運びます。
朝会社に出社すると、キューブ状に凍結した10リットルの尿の塊をフリーザーから10個ほど取り出し溶かします。
 100リットルほどの尿を遠心分離機にかけて固形物を除き、膜を使って濃縮する作業を徹夜で繰り返しました。

当時は遺伝子組換え技術を用いたバイオ医薬など無い時代。

腎性貧血患者も国内に20万人程度しかいなかったため、
エリスロポエチン製剤の年間市場規模も20億円程度と言われ、
研究チームに対する社内の風当たりはとても強かったといいます。

研究所内で行っていた尿処理作業は周りの研究室からの苦情で中庭に移され、プレハブ小屋の中で徹夜作業が続きました。

そして遂に世界で最も活性が高いヒト尿由来エリスロポエチンが生まれたのです。

この研究で培われた精製方法が遺伝子組換え体の製造にも使われ、
中外製薬初のバイオ医薬品「エポジン」は当初の売り上げ予想をはるかに上回り、
700億円/年を超えるフラッグシップ商品に成長したのです。

「階段を数段上っただけでも息切れがして動けなくなる患者さんが、
エポジンの投与によって元気に働けるようになった姿を見て涙が出た」
と当時を振り返ります。

あの感動を再び。
炭は世界を救うsign01を合言葉にして、
人間の健康のため、地球の環境を守るため、
日夜研究を続けています。

樋口正人(ひぐちまさと)の略歴
1960年新潟県新潟市生まれ。
千葉大学大学院理学研究科修了後、
1985年中外製薬入社。
金沢医科大学発ベンチャー企業を経て
2009年に株式会社ダステックを設立。
金沢医科大学非常勤講師兼任
専門:生化学、血液学
著書:エリスロポエチンのすべて(共著:メディカルレビュー社)など

純炭きよらを石川県産業創出支援機構が取材

本日は財団法人石川県産業創出支援機構(ISICO)の取材がありました。
貫禄たっぷりの青柳さん、チャーミングな持田さん、そして博識なカメラマンさん、有難うございましたm(._.)m

 DSC_0148 (3).jpg

弊社の代表がスライドを用いてダイエタリーカーボンと木炭(竹炭や備長炭)との違いを説明し、
糖化現象腸内環境の最新の話題を熱心にメモを取りながらお聞きいただきました。

石川県産業創出支援機構は県内の産業活性化のために助成活動や経営支援などの幅広い活動を行っており、
中でも、お店ばたけISHIKAWAというインターネットバーチャルモールでは石川県発の特徴あるネットショップを紹介しています。

石川県の美味しいお酒・お菓子・農産物・海産物はもちろんのこと、
漆器や繊維といった伝統工芸品など幅広いジャンルのお店が出店していますので、
全国の皆様も是非のぞきにきてくださいね。
きっと素敵な逸品が見つかりますよ (^_^)v

bs_omisebatake_syutten.gifもちろん
食べる純炭きよら
もお忘れなく!

2月12日発売の週刊女性に食べる純炭きよらの原材料が紹介されました。

「食べる純炭きよら」の原材料である純炭は竹炭や備長炭の粉末ではありません。

食品添加物にも使用させる結晶セルロース(食物繊維の一種)を電気炉で衛生的に焼成した
安全安心なダイエタリーカーボン「純炭」を使用しています。

このダイエタリーカーボンが2月12日発売の週刊女性で紹介されました。

1133_p.jpgのサムネイル画像

ダイエタリーカーボン純炭をご紹介くださった細野周作先生は東京医科歯科大学をご卒業後、
東大病院で研鑽をつまれた超エリート。

西洋医学だけでは治療が難しい病気に対して、
最新の栄養療法やメディカル矯正PANセラピーといった様々な方法を取り入れ、
患者様本位の医療を実践されています。

細野先生のように病気の部位だけでなく、患者様の身体(時には心も含めて)を総合的に診る医療を統合医療と呼び、
欧米では盛んにおこなわれています。

ところが西洋医学中心で診療科別に細分化された日本の医療システムでは様子が異なります。

たとえば心療内科と精神科。

患者の側から見ると同じような診療科ですが
医学の世界では、
心療内科は心身症を診る診療科、精神科は神経症やうつ病などの精神障害を診る診療科と区別されています。

では、心身症と精神病は何が違うのでしょう?

心身症とは「器質的ないし機能的障害が認められる病態」と定義されており、
臓器に物理的な異常や機能的異常(働きが落ちているなど)がある場合に限られます。

ですから、レントゲンや検査で臓器の異常が認められなければ心療内科では診てもらえません。

一方、精神科では心が治療の対象であり身体の異常は治療してもらえません。

対照的に統合医療では心も身体も差別なく全体を(マクロ)に診断し、
治療法も西洋医学+代替医療(針灸や整体、アーユルベーダなど)を組み合わせて
身体全体の機能を正常化していこうとするものです。

欧米で推進されている統合医療が日本ではあまり知られていないのはなぜなのでしょう?

原因の一つは健康保険制度があります。

西洋医学には健康保険が適応されますが、代替医療の大半は健康保険が使えません。
西洋医学に保険がきかない代替医療を組み合わせると混合診療となり、
治療全体が健康保険の適応外になってしまうのです(全額患者負担)。

自由診療のクリニックと聞くと金儲け主義のドクターと金持ち患者を連想してしまいがちですが、
あらゆる手段を使って患者様の健康を取り戻したいと考えている素晴らしいお医者様も
沢山いらっしゃることを知っていただきたいと思います。

そして、日本でも混合診療が解禁され、統合医療が広く普及することを願っています。

金沢郷土料理と純炭きよら

東京にある某コンサルティング会社が主催する勉強会に毎月参加しています。

そこで知り合った不動産会社の方が、今日からご夫婦で金沢旅行にいらっしゃいます。

「金沢観光のおすすめを教えてください」とのメッセージをいただき、あれこれ考えました。

ステングラスが珍しい尾山神社からスタートして、
大手門から金沢城公園に入り、石川門から兼六園へ。
その後、県立美術館辻口パティシエのスイーツを食べ、
21世紀美術館から香林坊、武家屋敷跡・・・・・
あれ?ひがし茶屋街にはここからバスで行けたかな?
などなど・・・

冬の金沢の味覚といえば蟹とブリですが、
鳥取出身のお二人にとっては慣れ親しんだ味とのことで金沢の郷土料理をご紹介。
左上から時計回りに、「治部煮」「かぶら寿し」「蓮蒸し」「鯛の唐蒸し」

   加賀料理.jpg

これらの加賀料理を美味しく食べさせてくれる料亭もたくさんあります。
「つる幸」「つば甚」「大友楼」「金茶寮」 「金城樓」「石亭」「山乃尾」など書ききれません。

現代風のちょっと変わった金沢郷土料理もあります。
ゴーゴーカレーに代表される金沢カレーは全国でも有名ですが、
ハントンライスという不思議な名前の金沢郷土料理をご存知でしょうか?

ワンダフル.png

上の写真は金沢発のハンバーガーショップの”ワンダフル”とサークルKがコラボした、
ハントン風ライスと甘辛チキンバーガーです。

オムライスの上にタルタルソースがかかった魚白身フライがのっている感じ。
ハントンとはハンガリーのハンと、フランス語でマグロを意味するトンに由来するのだそうです。


更にこの企画を監修した金沢発のハンバーガーショップ"ワンダフル”が凄いんです。
一般的にはヘルシーとは対極にあるハンバーガーですが、ワンダフルバーガーでは
金沢発の新鮮食材を豊富につかった加賀野菜バーガーなど、
東京では食べられない斬新なハンバーガーを提供してくれます。

ワンダフルバーガーを経営する河村征治社長は、
かの小泉・ブッシュ会
談が行われた西麻布「権八」を経営するグローバルダイニングで副社長を務めた方。
人事部をおかず徹底した実力主義で知られるグロ
ーバルダイニングで副社長にまで上り詰めたとは思えない、
気さくで素朴な河村社長
は、店内で見かけてもバイトの兄ちゃんにしか見えません(ごめんなさい)。

金沢旅行の際には新しい金沢の食文化もお楽しみ下さい。
そして、美味しいものを召し上がった際には「食べる純炭きよら」をお忘れなく ♪♪
 

はし置きはダイエットに効果的!?

Yahooニュースでこんな記事を見つけました!
 

<ダイエット>効果的な方法とは はし置きを用意する

毎日キレイ 1月29日(火)17時0分配信

 年末年始で食事の誘惑に負け、体重が増えてしまったという人、理想の体を目指すのに遅すぎるということはないのです。今年は、はし置きを用意することから始めてみましょう。
 
 はし置きはダイエットに必要不可欠のアイテムです。
 
 まず、友達と食事をする際、友達がはしを何回置いて食事をしているか、チェックしてください。多くの人は、口の中に食べ物が入っているのにも関わらず、次から次へと料理を口に運んでいます。中には1回もはしを置かずに食べ終える方もいます。そして自分も同じように食べていませんか? これは無意識のうちにしている行動です。
 
 私が運営するダイエットサロンでは、まず、「よく噛(か)むこと」を実践しています。人は、意識しなければ、「よく噛むこと」はできないのです。よく噛むと、食事時間が長くなりますが、脳の満腹中枢に刺激がいき、「おなかが満たされた」と感じるのは食後20分たってからです。早く食べると、「おなかが満たされた」と感じるまでにたくさん食べてしまうため、ダイエットにはよくありません。
 
 ゆっくり食事をするためにも、まずは、はしを置く習慣を身につけていきましょう。
 
 口に食べ物が入っている時は、はしを置き、よく噛んで食べる。私は一口につき、50回噛むことを意識しています。最初は私も「50回?!無理~!」と思っていましたが、噛んでいるうちに心が落ち着き、心地よくなってきたのです。目標は高く掲げるのがいいですね。
 
 それに食事をしている姿も、常にはしを動かしているより、はしを置いている方がきれいに見えます。早速、マイはし置きを用意して、美しく演出してみましょう。
 
 ◇プロフィル
    木下あおい。管理栄養士、「クシマクロビオティックス・コンシェルジェ」講師、日本野菜ソムリエ協会のフードコーチ養成講座講師。女性の内側からの美しさ「インナービューティー」に着目し、オーガニックを主体とした玄米菜食を女性に提供する「大型料理女子会『きらきら会』」の運営、ダイエット専門の料理教室の運営などを行う。11年に「全豆連おとうふ大使」に就任した。美容雑誌「美的」(小学館)で「木下あおいのお薬ベジ★ごはん」を連載している。著書に「1週間で美人になる 腸トリートメントダイエットレシピ」(祥伝社)、「大豆ミート DE ダイエット」(TBSサービス)、「一瞬でお料理上手になる ごはんの魔法」(中経出版)などがある。
 

ただ今、食べる純炭きよらを1万円以上ご購入の方にもれなく九谷焼はし置きをプレゼント中です!
 

 箸置.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像
 

職人さんがひとつひとつ丁寧に絵付けした九谷焼です。
世界にひとつだけのオリジナルはし置きでダイエットに挑戦してみてはいかがでしょうか。  

 

2013年も「食べる純炭きよら」を宜しくお願い申し上げます。

皆様、明けましておめでとうございます。

当店は本日(1月7日)から「食べる純炭きよら」の商品発送をスタートいたしました。
年末年始にご注文いただいたお客様には大変お待たせしてしまい申し訳ございませんでした。

新しい年が皆様にとって素晴らしい一年になりますことをスタッフ一同お祈り申し上げます。

本年も「食べる純炭きよら」を何卒宜しくお願い申し上げます。
  
FB謹賀新年.jpg

食べる純炭きよら:年末年始のお休みに関して

2012年も残すところ僅かとなってまいりました。
皆様の日頃の御愛顧に心よりお礼申し上げます。

さて、「食べる純炭きよら」ショップは
12月29日(土)~1月6日(日)まで休業させていただきます。

 年末年始のご注文受付ならびに発送は下記の通りになります。

年末:12月28日(金)18時受付分まで当日発送
年始:1月7日(月)午前10時よりフリーダイヤル受付・発送開始

※休業期間中もインターネット・FAX・留守番電話によるご注文受付は行っておりますが、
商品発送は1月7日(月)からとなりますのでご了承くださいませ。

 冬イラスト.gif

食べる純炭的に炭水化物ダイエットを考える

2012年12月9日、東大医学部で開催された「維持透析患者の補完・代替医療研究会」全国大会で
”血液透析患者の酸化ストレスに及ぼすダイエタリーカーボン純炭の影響”という演題が発表されました。
(研究結果は11月16日発売の健康365(2013年1月号)42ページ~で紹介されています)

今日のブログはダイエタリーカーボン純炭の抗酸化作用の話題ではなく、
同研究会で埼玉医科大学腎臓内科教授の鈴木洋通先生が講演した
スライドをご紹介したいと思います。

国民栄養.jpg

上のグラフは鈴木先生のスライドを真似、
厚生労働省の「国民栄養の現状」からデータを拾って私が作成したものです。

生活習慣病の代表格である糖尿病は1970年以降10年~20年間で2倍に増加したと言われています。
(出典:第116回日本医学会シンポジウム 吉池信雄 急増する糖尿病)

ところが、戦後間もない1947年から現在まで
日本人の1日総摂取カロリーはほとんど変わっていないどころか、逆に減っているのです。
悪者扱いされている炭水化物摂取量も毎年確実に減少しています。

それなのになぜ糖尿病や肥満が増加したのでしょう?

タンパク質の摂取量も戦後から大きな変化はありませんが、
その中身は植物性タンパク質から動物性タンパク質に変化しました。
それに伴って(動物性)脂肪の摂取量も増加しています。
(一例として乳製品の摂取量をグラフ化してみました)

近年増加している糖尿病・乳がん・大腸がんは動物性のタンパク質・脂質が原因の1つと言われています。
だとすると、低炭水化物ダイエットは本当に健康に良いのか?という疑問が生じます。

世界16カ国以上で翻訳されているこんな本もあります。
牛乳と乳がん.jpgのサムネイル画像
著者のジェイン・プラントさんは
英国インペリアル大学応用地球化学の教授で、
4回の乳がん再発とリンパ節転移を克服した
科学者です。

翻訳者は山梨大学医学部名誉教授の
佐藤章夫先生。

奇をてらって印税を稼ごうとした本ではなく、
間違った情報の蔓延に警鐘をならし、
乳がんや前立腺がんの患者を
減らしたい!
助けたい!
という想いが伝わってくる素晴らしい本です。

そもそも、牛乳とは牛の赤ちゃんが
1日に1 kgも成長するために分泌されるもの。
そして、ある程度成長すると牛の赤ちゃんは
牛乳を飲まなくなってしまいます。

乳児期を超えて乳を飲んでいるのは人間だけ!
と言われると妙に納得しませんか?

牛乳の摂取量が極めて少ない中国では乳がんの発症も少ないのだそうです。

低炭水化物ダイエットを行う際には、
動物性タンパク質と動物性脂肪に頼らないエネルギー摂取を心がけた方が良さそうです。
(具体的には大豆タンパクや魚介類でしょうか)

しかし、現代病(糖尿病・乳がん・大腸がんなど)の増加には
加工食品に含まれる糖化物質(AGE)も関与していると
食べる純炭的には考えています。

年末年始で美味しいものを召し上がる機会が増えると思いますが、
そんな時には「食べる純炭きよら」を傍らにおいて頂ければ幸いです。

DSC_4459.jpgのサムネイル画像 にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

アンチエイジングか~(^-^;

この冬は特に寒さを実感するようになったスタッフMですbearing
年のせいで基礎代謝が落ちているのですかね…coldsweats01

さて,先日ご案内した日経ヘルスプルミエ様の「元気で長生きバイブル」!
この中には慶応義塾大学ヘルスサイエンスラボ様が提唱する「健康長寿10カ条」の記載があります。
正確にご理解いただくためには本書をご確認いただいた方がよいと思いますが,この10カ条を大別すると「心;2,食;4,運動;2,その他;2」と分類できそうです。
(その他とは「睡眠」に関することと「何事も適度に…」とのことです。)

単純にいうと老化への「食」の影響は相当大きいのかな??という気がします。
改善しやすいポイントが「食」に多くあるとも言えるのかな?

「心」に関して,「いつもポジティブに!」とあり,これには花丸がつきそうですが,あとの9カ条はほぼ全滅…shock
最近は「野菜から食べると血糖値の上昇が緩やかになる!?」と実践しておりますが,大好きな炭水化物(白米riceballやラーメンnoodle,パスタ,パンbreadなどなどなど…)の量は減らせそうにありませんcrying

「食べる純炭 きよら」を食べながら本書を読み進めつつ,少しでもできそうなことはないかな??と考えております。
ストレッチ法もいろいろ載っているので,運動しない&インドア派な私にはぴったりかも!bleah

「〇kg痩せたスタッフMですっ!」happy02 といつの日か発信したいですね~smile

「雨上がり決死隊」宮迫さんの胃がんとピロリ菌、純炭、ペプシノーゲン

人気お笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之さん(42歳)が胃がんとのこと。
一日も早い回復と復帰をお祈り申し上げます。

さて、11月23日のスタッフMブログで純炭とピロリ菌の話題が飛び出しました。
皆さんはご存知でしょうか?

ピロリ菌に感染していない人は100%胃がんにはならないsign03

という衝撃的な事実を!

世界的に胃がんが多い国は、日本・韓国・中国。
東アジアのピロリ菌は胃がんを引き起こす力が強い「強毒型」なのです。
しかも、日本人の約半数に相当する6000万人がピロリ菌に感染しており、
50歳以上では80~90%がピロリ菌陽性。
ピロリ菌の検査と除菌が推奨されるのはこのためです。

皆さんご承知のように、胃の中は塩酸の海で食物はドロドロに溶けてしまいます。
それなのに、なぜピロリ菌は塩酸の中で生きていられるのでしょう?
下のマンガのように、ピロリ菌はアンモニアを作って自分の周りにバリアを張り巡らし、
塩酸からの攻撃を防いでいるのです。

ピロリ菌がん化.jpg

ピロリ菌は胃の細胞にアンカーのような針を打ち込み、
ここから毒素(CagAなど)を注入します。
毒素を打ち込まれた胃細胞は塩酸を作れなくなるとともに、
細胞の形が変わり、増殖し、最悪の場合はがん化という末路を辿ります。

ところで、弊社が開発したダイエタリーカーボン「純炭」はアンモニアも吸着します。

この特性に着目した金沢医科大学の友杉直久教授は
2010年の国際バイオエキスポで純炭によるピロリ菌抑制効果を発表しました。

ピロリ菌純炭.jpg

ダイエタリーカーボン「純炭」がピロリ菌の作るアンモニアを吸着してくれるため、
ピロリ菌のバリアが破壊されて、塩酸によって溶かされてしまうという訳です。
この方法だと抗生物質耐性になってしまったピロリ菌にも効果があると期待されています。

 ここまで読んでくださった読者の皆さんは、
自分の胃の中にピロリ菌が住んでいるかどうか、知りたくなってきたのではないでしょうか?

ピロリ菌は胃カメラを使ったバイオプシー検査の他にも、
血液検査、尿検査、呼気試験などで簡単に調べることができますので、
ぜひ一度、検査しておきましょう。

さて、検査の結果、ピロリ菌陰性!と出れば100%安心か?
というと残念ながら答えはノーです。

なぜならば、希にピロリ菌が死滅してしまうほど胃が荒れている場合があり、
このような状態が最も発がんリスクが高いと言われるためです。

そのために、ピロリ菌検査と一緒にペプシノーゲン1とペプシノーゲン2の比率を測定しておくと安心です。

ペプシノーゲンを測定することによって萎縮性胃腸炎の有無がわかりますので、
両方の検査で陰性であれば、あなたが胃がんを発症するリスクは限りなく低いと判断できます。