糖尿病領域のオンライン投稿誌に弊社の『純炭粉末』に関する論文が掲載されました。

2018年10月2日(火)
糖尿病領域のオンライン投稿誌に弊社の『純炭粉末』に関する論文が掲載されました。

高純度セルロース炭(ダイエタリーカーボンⓇ純炭粉末)は
グリセルアルデヒドに由来する終末糖化産物(AGE)を吸着する

Cellulose-derived charcoal binds to glyceraldehyde-driven advanced glycation end products in vitro

西野 友梨1) / 坂口 達也2) / 東元 祐一郎2) / 松井 孝憲1) / 山岸 昌一1)
Nishino Yuri1) / Sakaguchi Tatsuya2) / Higashimoto Yuichiro2) / Matsui Takanori1) / Yamagishi Sho-ichi1)
1) 久留米大学医学部糖尿病性血管合併症病態・治療学
2) 久留米大学医学部化学
1) Department of Pathophysiology and Therapeutics of Diabetic Vascular Complications, Kurume University School of Medicine
2) Department of Chemistry, Kurume University School of Medicine

全文はこちらからご覧いただけます。