腎機能が低下した時の水分補給は?コーヒーは避けるべき?

投稿日: カテゴリー  ・腎臓病で気を付ける食生活, ■健康についての雑学, 【純炭社長のつぶやき】

こんにちは。

純炭社長@糖質制限中の樋口です。

ダステックではお客様に対して、

「脱水症状が繰り返されると慢性腎臓病のリスクが高まるので
しっかり水分補給して下さいね」
とお願いしています。
(関連記事はこちらをクリック)

特に冬場の隠れ脱水には気が付きにくいので注意が必要!

「水分補給にコーヒーやお茶を飲むと、カフェインによる
利尿作用で脱水が進んでしまうこともあるので、
できるだけノンカフェイン飲料にして下さいね」


とおススメすることも多々あります。

ところが!

昨秋の米国腎臓学会でポルトガルの医師が、

「慢性腎臓病患者でもカフェイン摂取量が多いと死亡率が減少する!」
という結果を報告しました。

最近、コーヒーの効果効能が次々と報告されています。

・1日のコーヒー摂取量が多いほど全死亡率が低下する
(2017年欧州心臓病学会)

・1日2杯以上のコーヒーで女性のウツが減少
(2011年ハーバード大学)

・1日4杯以上のコーヒーで口腔・咽頭がん死亡リスクが半減
(2012年米国がん協会)

・1日4杯以上の非喫煙女性で脳卒中リスクが43%低下
(2009年Circulation)

・1日3~4杯のコーヒーを飲む日本人で心疾患、脳血管疾患、
呼吸器疾患の死亡リスクが36~43%低下
(2015年東京大学・国立がん研究センター)

ですが、

・55歳未満はコーヒー1日4杯以上で全死亡リスクが増加する
(2013年Mayo Clin Proc)
という真逆な報告もあります。

慢性腎臓病は比較的高齢になってから発症する病気です。

「55歳未満で腎機能の低下が指摘された方は1日4杯を限度に、
55歳以上であれば気にせずにコーヒーを摂取した方が良い」
という世の中がやってくるのかも知れません。
今日の常識が明日の非常識になる世の中ですので(笑)。

ただ、コーヒーを飲んだら倍量程度のお水を飲んで、
利尿による脱水を防ぐ必要はあるように思います。

腎臓と水分補給

コーヒーを飲む人と飲まない人では慢性腎臓病発症リスクは違うのか?
に関してはダステック研究員M子のブログをご覧ください。

コーヒー摂取と慢性腎臓病の関係は?

 

純炭粉末公式専門店は→こちら

純炭社長

投稿者: 純炭社長

純炭粉末の(株)ダステック代表取締役社長。中外製薬で腎性貧血治療薬エリスロポエチン(ESA製剤)の創薬に携わった後に、ESA製剤が不必要になる世の中(すなわち腎臓病が無くなる世の中)を目指して47歳で起業しました。元金沢医科大学腎臓内科非常勤講師。ケトジェニックダイエットシニアアドバイザー・AGE研究協会認定講師でもあります。「出す」健康法で健康寿命を延ばすのが夢! 最近は「腎臓にやさしい純炭社長食堂」のシェフとしてサラメシも提供しています(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください