便秘薬にスイマグ飲んでいませんか?

投稿日: カテゴリー ■腎臓病について,  ・腸内環境

こんにちは。

純炭社長@糖質制限の樋口です。

12月25日のブログ”で

便秘が腎機能を低下させる

という東北大学の研究を紹介しました。

でも、年齢をかさねるほど便秘になりやすく、特に60歳を境にして慢性便秘患者は男女ともに急激に増加します。

便秘薬の中で最も使われているのが
「スイマグ」に代表されるマグネシウム製剤
(水酸化マグネシウムや酸化マグネシウム)

ところが、マグネシウムを使った便秘薬は高マグネシウム血症の危険性があるので、高齢者や腎機能が低下した方では注意が必要なのはあまり知られていません。

トイレ

便秘薬を飲んでいて次のような症状を感じたら、血液中のマグネシウム濃度が上昇している可能性がありますので、血液中のマグネシウム濃度を測定してもらって下さい。

吐き気・嘔吐

立ちくらみ・めまい

身体がだるい・力が入りにくい

眠気でぼんやりする

脈がおそくなる

 

では、どんな薬を飲めばいいのでしょう?

便秘の解消は薬に頼るのではなく、生活習慣の改善が大切です。

ポイントは

①水分摂取(飲料として1日1.2リットル目安)
②食物繊維摂取(1日20g目安)
③排便姿勢
④運動

です。

純炭 水分

それでも便秘薬を使いたい場合には、東北大学の研究にも使われていたルビブロストン(商品名アミティーザ)は腎機能が低下していても安心して使えるとされています。

※ただし、ルビブロストン(商品名アミティーザ)は流産や子宮破裂を引き起こす可能性があるので妊婦さんは使ってはいけません。

 

薬用植物のセンナ(センノシド)はなんとなく身体にやさしい便秘薬と思って使っている方もいらっしゃるかも知れませんが、実は作用がとても強力で腹痛を伴う下痢を起こしてしまったり、習慣的に使うと効き目が弱くなってしまう欠点があり、必要なときにオンデマンドで使うべき薬とされています(日本内科学会誌105巻3号432頁)。

 

また、慢性腎臓病で多く処方される利尿薬や降圧剤の中にも便秘を引き起こす薬があるので、お医者様に薬の種類を変えてもらうと良いケースもあるようです。

便秘を解消して、腸の中をキレイに保って、腎機能の低下を予防したいものですね。

純炭粉末公式専門店トップページはこちら

投稿者: 純炭社長:樋口正人

株式会社ダステック代表取締役社長。 1985年3月:千葉大学大学院理学研究科生物学専攻 修了 1985年4月:中外製薬株式会社入社。新薬研究所配属腎性貧血治療薬エリスロポエチン(ESA製剤)の創薬に従事。 1998年4月~2001年3月:通産省工業技術院生命工学工業技術研究所(岡修一先生)技術研修員 1999年4月~2008年3月:筑波大学先端学際領域研究センター(山本雅之教授)客員研究員 2007年4月~2014年3月:金沢医科大学非常勤講師 2007年10月:中外製薬退社 2009年5月:株式会社ダステック設立 2015年5月:純炭粉末の米国特許取得(ADSORPTION CARBON, AND ADSORBENT Patent No.: US 9,034,789 B2) 2015年5月:純炭粉末の日本特許取得(吸着炭及び吸着剤 特許第5765649号) 「出す健康法」で健康寿命を延ばすのが夢! 最近は「腎臓にやさしい純炭社長食堂」のシェフとして社員さんの昼食を調理しています(笑)。

「便秘薬にスイマグ飲んでいませんか?」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください