食べる純炭きよら、どれを選んだらいいの?

こんにちは、Y子です。
今日はとてもよくあるご質問にお答えします。

お試しセットはカプセルタイプだったけど…
錠剤タイプや顆粒タイプもあるの??
どの種類を選んでいいのかわからない!
そんなご質問にお答えいたします!

まずはこちらのグラフから

腎臓サプリ きよら

☞ご注文総数の約6割はカプセルタイプを選ばれています。

★★食べる純炭きよら売れ筋ランキング★★★

第1位 カプセルタイプ 180粒入 12000円(税別)
純炭粉末量(1日6粒目安で)約1000mg

腎臓サプリ 純炭カプセル食べる純炭きよらカプセル

しっかりと純炭粉末が摂れるから圧倒的な人気です。カプセル6粒で
目安量は一日6粒です。
純炭粉末はカプセルの中に100%入っており一粒あたり180mg
一日6粒お召し上がり頂くと純炭粉末は約1000mgしっかり摂取できます。
カプセルの素材も植物由来なので安心!大きさは長さが約1.9mmほどです。
しっかり純炭粉末を取りたい方におすすめです。

 

第2位 錠剤タイプ 270粒入 6000円(税別)
純炭粉末(1日9粒の目安量で)約600mg

腎臓サプリ 純炭錠剤食べる純炭きよら錠剤
錠剤タイプの目安量は一日6~9粒です。
1ボトルで30~45日分となります(9粒ずつ飲むと一ヵ月でなくなりますね)

純炭粉末の量は1粒当たり67mg
その他食物繊維が入っているので一粒あたりの純炭粉末含有量は約33%です。
1日9粒お召し上がり頂くと純炭粉末は約600mgです。

(つまりカプセルタイプ一日分の約半分程です)

粒が小さく(直径約8mm)タブレット状なので噛み砕いて飲むこともできますよ。
食物繊維が入っているので腸内環境を気にする方にも。
純炭粉末の量は3タイプの中では少なめタイプなので、カプセルが飲みづらいと感じる方や少しずつ試されたい方に。

 

さらにスペシャルなきよらが新しく登場!
顆粒タイプ 30包入 16000円(税抜)
純炭粉末量(1日1包)約1000mg


一日一包で手軽に飲める、スティックに入った顆粒タイプ
一包で1000mgの純炭粉末に加えヨーグルト100個分の乳酸菌やオリゴ糖・食物繊維を配合。
善玉菌が喜ぶたっぷりの成分があなたの健康をサポートします。
さっと飲める顆粒タイプだから水に溶かして飲んだりヨーグルトにかけてもOKです。

詳しくは→こちら

簡単に申し上げますと、

お値段に差があるのは
純炭粉末の量に比例している為なんです。

純炭粉末は食べるために作られた特別な炭ですので、ほかの炭とは原料が違います。
そのためこの様なお値段となっておりますm(__)m
それはお客様の体に有害なものが含まれているものを提供すべきではないと思っています。
そこが純炭粉末公式専門店のこだわりです。

さあ、あなたはどのタイプが毎日続けやすそうですか??

選び方がわからない方はお気軽にフリーダイヤルまでご相談下さいね♪
お客様のお悩みにスタッフが親身に応対させていただきます!!

◇お客様フリーダイヤル:0120-090-218
(土日祝日休業日を除く月~金9~17時)

純炭粉末公式専門店は→こちら

腎臓病の初期症状とは??

こんにちは、Y子です。

11月も半分が過ぎ、すっかり冬の様相ですね。

お客様からのお問い合わせの中でよくある質問にお答えします。

お医者様から腎臓が・・・と言われてご不安になる方も多いと思いますが

腎臓病の初期症状って??

自覚症状がない病気だからこそ小さなサインを見逃さないようにしたいですね!

 

腎臓

腎障害は症状が現れにくいからこそ、早期発見が大切です、とよく耳にしますね。症状が出始めるのは、なんと腎機能が50%程度に低下してからです。

なんと!半分もダメになってからなんですね!まさに、沈黙の臓器!((+_+))

しかし、腎臓の機能が低下してしまっても、腎臓で処理しなければならない血液の量は減るわけではありません。腎臓には細い細い血管がたくさん集まっており、血液中の老廃物を取り除くフィルターとして働いています。

また、血圧・血液のHP・ホルモンの量・体液量の調整も行っており、体の恒常性を維持する重要な臓器でもあるのです。

体内の微妙なバランスのカギを握っているのが、この握りこぶしくらい大きさの臓器『膵臓』なんですね(´・ω・`)

腎臓 純炭←静かに頑張っている腎臓ちゃん。ソラマメみたいな形です!

 

さて、その腎機能が半分ほどに低下するとどのような症状がおこるのでしょうか??

 

①夜間の排尿の回数が増えます。

腎臓による尿の濃縮力低下のため、就寝中に何度もおしっこのために目が覚めるようになってしまいます。冬は寒いのでおしっこの為に何度も目が覚めると大変です((+_+))

 

②貧血の症状がでます。

腎臓はエリスロポエチンというホルモンを生産し、骨の中の骨髄に指令を出しています。指令が行くと骨髄は血液を作ります。腎機能が落ちてくると、このホルモンを十分に作ることが出来なくなり貧血の原因となります。

貧血になると、階段を上るだけで動機や息切れが起こってしまいます(*´ω`*)

 

③血圧が次第に上昇します。

→腎臓の働きが悪くなると、体に余分な水分や塩分を濾しとっておしっこに出すことが出来なくなります。そうなると血液量が増加し、血圧が上がってしまいます。また、血圧を調整するホルモンも腎臓から分泌されているので、その調節機能も低下してしまいます。

お客様からのお電話で、降圧剤を飲んでいるんだけど・・・というお話をよく伺います。腎機能低下の初期段階では血圧のお薬がお医者様から処方されることが多いようです。

特に冬場は鍋物など塩分の多い食事が多くなり、夏よりも塩分を取りすぎてしまう方が多いようです。また、汗をかかない季節なので水分補給がおろそかになってしまいがち・・・

そうすると→さらに血圧が上がり→腎臓への負担が増え→腎機能が落ちる

まさに悪循環( ;∀;)!

 

冬場でも夏場でも、水分不足は腎臓の処理能力を低下させてしまいます!冬でもなるべく味の濃くない飲み物で(お茶や水など)水分補給をするようにしましょう。

また、コーヒーや紅茶などカフェインの多い飲み物は利尿作用があるので水分補給には適しません

そうそう、コーヒーのむとおトイレが近くなりますよね|д゚)

めざせ一日2L!!

※年齢や体の大きさにもよりますがこのくらい飲もう!という目安です!

ただし、飲み過ぎると水中毒などになることもある為気を付けましょう・・・何事も適度にです。笑

Y子も普段あまり水分をとらないのですが健康やダイエットの観点でも水分補給は大切です。最近では白湯(というか寒いのでお湯)をせっせと飲むようにしています。

 

次回はよくあるご質問シリーズその2『腎臓病の検査』についてご説明します!