こんなことも腎臓病のリスク! ~熱中症対策としての飲み物に注意しましょう~

投稿日: カテゴリー ◎腎臓病について

みなさまこんにちは!
水曜担当スタッフM子です!happy02
 
相変わらず暑い毎日ですねbearingsun
 
今回はこの暑さとも関係する話題ですcatface
 
腎臓を大切にするために,特にこの季節に注意したいことについてお伝えしたいと思いますhappy01
 
 
暑い季節になると「腎臓が悪くなった…」というお声をよく耳にするような…??earと思い,以前論文検索したところ,「脱水症状が繰り返されると慢性腎臓病(以下,CKD)の危険性が高まる」という主旨の論文が複数見つかりましたeye
 
中央アメリカ中部のニカラグア共和国のサトウキビ農園で働く人のCKD発症率が非常に高いという疫学データ1-3に始まり,近年では南インドやスリランカ,エジプトでも同様の報告4があるようです。
 
この原因のひとつとして,(気候と労働環境から)周期的に脱水症状を繰り返すと腎臓が傷害されるということが提示されました。
 
また,脱水症状による腎障害の一因として,脱水症状になると体内のポリオール経路という代謝経路が活性化し,腎臓で「果糖」が合成され,この果糖が「フルクトカイネース」という酵素で分解されていく過程で腎臓に傷害をもたらすということがマウスの実験で示されました。※5
  
人為的に脱水症状を起こさせたマウスでは,血清クレアチニン濃度が上昇し,尿中のNGAL(急性腎障害の指標物質)が上昇,近位尿細管という腎臓の栄養成分等の再吸収に大切な組織が傷害され,腎臓の炎症や線維化が見られたそうです。5
 
なので,脱水状態にならないように,暑い時期の水分摂取は腎臓を大切する上で非常に大切だと言われています。
 
 
さらに最近の論文で,この脱水状態にどのような水分補給を行うかについて,大切な示唆flairがありました。
 
 
Rehydration with soft drink-like beverages exacerbates dehydration and worsens dehydration-associated renal injury.
García-Arroyo et al.
Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol. 2016 Jul 1;311(1):R57-65.
 
「ソフトドリンクのような飲料で水分補給することは脱水状態を悪化させ,脱水が関連する腎臓傷害も悪化させる。」という論文です。
(M子の訳が正しければ…coldsweats01
 
 
1日のうちに1時間,36℃に置いて,その後の2時間に以下のいずれかの飲料

 
     ① 普通の水  

     ②11%濃度のブドウ糖と果糖の溶液(一般的なソフトドリンクの濃度だそうです) 

     ③甘いがカロリーのない「ステビア(人工甘味料)」の溶液

 
を摂取できる環境下で4週間飼育したラットについて,腎機能に関する各種の分析が行われました。
  

暑さに誘導された自由給水を伴う脱水症状の繰り返しは,抗利尿ホルモンの刺激により血しょうと尿が高浸透圧になり,その結果マイルドな尿細管の傷害と腎臓への酸化ストレスがみられたそうです。
  

特に,11%ブドウ糖果糖溶液の群では,溶液の摂取量が多かったにも関わらず,より強い脱水状態になり,腎臓傷害が悪化していたそうです。
 
一方で,ステビア溶液では反対の(良い)効果が見られたようです。
  

このラットの実験では,脱水状態になった時に,ソフトドリンクのような飲み物で給水するとかえって腎臓へのダメージを悪化させる可能性が示されました
 
人間でも同様の変化が起こるのか,実際に確認されている訳ではありませんが,夏場の水分補給,炎天下での運動中の水分補給には「ブドウ糖果糖液糖」というような成分の含まれるソフトドリンク類は避ける方がよいように思いますthink
 
 
ちなみにラットの平均体温は37-38℃だそうで※6,36℃で1時間/日を4週間という条件は,我々が32,3℃で1日6時間を6日間ほど過ごすのを3.5年ほど経験するのと同じような感じでしょうか??(いくつかの値を参考にした勝手な推測ですcoldsweats01
 
となると近年の日本の気候と,この季節の温度,持続期間から考えて普通に生じうる環境ではないでしょうか?coldsweats02
 
 
お子さんたちの水分補給も,飲み物の種類に気を配る方が良いように思いますconfident
 
 
ちなみにステビア溶液が良い結果だったのは水などと比べると浸透圧が適度にあるので,脱水時の抗利尿ホルモン分泌を穏やかにしたり,血管の拡張・血圧上昇を水よりは抑えられるのではないか?との推測がなされておりました。
 
個人的には人工甘味料の飲み物を大量に摂取するのもどうだろう??coldsweats01と疑問に思うので,お茶とか,市販の経口補水液(成分をちゃんとみてブドウ糖,果糖などがあまり含まれない適切な商品)で水分摂取すればよいのかな?と思いますconfident
 
もちろんリンやカリウムの摂取制限がある方はそのあたりの濃度も確認必要です!wink
 
 
気がついたら腎機能が非常に悪くなっていた!bearingということが少なくなるように,夏場の水分摂取には「量」も「質」も気をつけましょう!!
 
 
今週のM子ブログ,ちょっとお役にたてますかね?smile
   

  
 そのほかの参考文献 

1.  Torres C et al. 
Decreased kidney function of unknown cause in Nicaragua: a community-based survey.
Am J Kidney Dis 2010; 55: 485–496.

2.  O’Donnell JK et al. 
Prevalence of and risk factors for chronic kidney disease in rural Nicaragua.
Nephrol Dial Transplant 2011;26: 2798–2805.
  
3.  Peraza S et al. 
Decreased kidney function among agricultural workers in El Salvador.
Am J Kidney Dis 2012; 59: 531–540.
  
4.  Chatterjee R 
Occupational hazard.
Science 352: 24–27, 2016.
  
5.  Roncal Jimenez et al. 
Fructokinase activity mediates dehydration-induced renal injury.
Kidney Int. 2014 Aug;86(2):294-302.
  
6.  総務省 
<平成12年度>高周波電磁波曝露による脳高次機能への生物学的影響評価 研究報告書  

 

dastec

投稿者: dastec

純炭粉末を製造販売している(株)ダステックの公式アカウントです。 「めざしたのは世界一安全な食用炭」 高純度結晶セルロース(食物繊維)を特許取得の非賦活化焼成法で炭化しています。

「こんなことも腎臓病のリスク! ~熱中症対策としての飲み物に注意しましょう~」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です