早速くまモン効果!?

投稿日: カテゴリー ■純炭粉末について

IMG_1712.JPG
こんにちは、純炭社長@糖質制限中の樋口です。

今日は熊本から金沢に戻る途中の羽田空港でブログを書いています。

株式会社ダステックのリアルくまモンことM子が

昨日の維持透析患者の補完・代替医療学会で発表した、

「新規吸着炭ダイエタリーカーボンの臨床応用の可能性」を聞いて下さった

福岡県のドクターから早速ご購入の問合せ。

やっぱり熊本は私にとって幸運の地です。
(と言ってレバ刺を食べに行く理由を作っているだけ?(笑))

仲良しのシンボルくまモンありがとう!

もっともっと仲良しの輪を広げるためにもブログ更新がんばります!

さて、補完・代替医療ってなに?
なんか怪しそう・・・
って思っていませんか?

病気は薬や医術で直すものという誤った西洋医学がはびこっている日本では、

代替医療や統合医療を詐欺やペテンと勘違いしている人が多いのです。

しかし、薬や医術は人間が本来持っている自然治癒力を助けるだけのもの。

そう考えると糖質制限で高血圧やメタボリックシンドロームが治ってしまうように、

食事療法も音楽療法もアロマセラピーも鍼灸も、

全てが自然治癒力を助けるりっぱな方法なのです。

人工透析が始まる数十年前まで、腎臓病は移植しか助かる道がない病でした。

透析によって生き続けることが可能となりましたが、

重度な腎性貧血により動悸息切れが激しく、仕事を続けることはできません。

1990年に腎性貧血治療薬エリスロポエチンが発売となり、

透析を受けていても仕事を続けることができるようになりました。

しかし・・・・

今の西洋医学は患者さんよりもコンピューター上に映し出されるデータを重視します。

それでは透析中の頭痛や痛み、便秘やかゆみといった症状は見過ごされてしまいます。

患者さんをデータではなく、人として全人的に診ているドクターや看護師さんは、

どんな方法であろうと患者さんが安楽を感じてくれれば嬉しい

と考えています。

そんな素晴らしい医療関係者が集まる学会・研究会が

維持透析患者の補完・代替医療研究会なのです。

患者さんの苦しみを和らげるために

透析中のストレッチや運動、マッサージ、アロマセラピーの他にも

ダイエタリーカーボンのようなサプリメントまで真剣にディスカッションされます。

こんな研究会に参加しているドクターに診てもらえる患者さんは幸せだとしみじみ感じました。

DSC00029.JPG

 

純炭社長

投稿者: 純炭社長

純炭粉末の(株)ダステック代表取締役社長。中外製薬で腎性貧血治療薬エリスロポエチン(ESA製剤)の創薬に携わった後に、ESA製剤が不必要になる世の中(すなわち腎臓病が無くなる世の中)を目指して47歳で起業しました。元金沢医科大学腎臓内科非常勤講師。ケトジェニックダイエットシニアアドバイザー・AGE研究協会認定講師でもあります。「出す」健康法で健康寿命を延ばすのが夢! 最近は「腎臓にやさしい純炭社長食堂」のシェフとしてサラメシも提供しています(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください