くまもんの里で発表

投稿日: カテゴリー ■純炭粉末について

こんにちは、

純炭社長@糖質制限中の樋口です。

本日は熊本で開催された
「維持透析患者の補完・代替医療研究会」にて

M子がダイエタリーカーボンの臨床応用の可能性に関して

発表を行いました。
IMG_1715.JPG
M子の発表に聞きほれて(?)発表中の写真を撮るのを忘れたcoldsweats01

こんな写真は撮ったのに・・・・

IMG_1717.JPG

M子の発表の後に熊本中央病院の宮村先生から

血液透析患者のアルブミン酸化度に対するダイエタリーカーボンの作用

が発表され、

200人近いドクターや看護師の皆様にダイエタリーカーボンを知っていただけたと思います。

話は変わりますが、

熊本はエリスロポエチン発祥の地。

世紀のバイオ医薬といわれた腎性貧血治療薬は

熊本大学の宮家先生が

再生不良性貧血の尿から精製したことから突破口が切り開かれました。

中外製薬でエリスロポエチンを研究していた私も

何度も熊本に足を運んだものです。

人も土地も水も食べ物も最高にすばらしい熊本が大好き。

IMG_1713.JPG

なかでも、馬のレバ刺が最高ですね(って結局食べ物か・・・^_^;汗)

純炭社長

投稿者: 純炭社長

純炭粉末の(株)ダステック代表取締役社長。中外製薬で腎性貧血治療薬エリスロポエチン(ESA製剤)の創薬に携わった後に、ESA製剤が不必要になる世の中(すなわち腎臓病が無くなる世の中)を目指して47歳で起業しました。元金沢医科大学腎臓内科非常勤講師。ケトジェニックダイエットシニアアドバイザー・AGE研究協会認定講師でもあります。「出す」健康法で健康寿命を延ばすのが夢! 最近は「腎臓にやさしい純炭社長食堂」のシェフとしてサラメシも提供しています(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください