豆乳や豆腐には反栄養素?が含まれる?

投稿日: カテゴリー ■健康についての雑学

食べる純炭きよらをご愛用いただいているお客様(元モデルの美人社長)からご質問をいただきました。

豆乳は健康に良いのか?悪いのか?

早速ネットで調べてみると、
大豆は発酵食品として食べるものであり、豆腐や豆乳は危険sign01との記事が散見されます。

大豆.jpg

大豆食品は健康を害するという論旨は以下の3点に要約できます。

1)タンパク質分解阻害・ミネラル吸収阻害による反栄養作用
2)大豆イソフラボンによる発がん
3)甲状腺腫を誘発する物質を含む

味噌や納豆は安全で、
豆腐や枝豆、豆乳は危険なのか?

シリーズで私見を書きたいと思います。

初回は大豆に含まれる反栄養物質に関して。

大豆は畑の肉と言われるように良質なタンパク質を豊富に含んでいます。しかし、

「健康のために大豆食品を食べたとしても、その中にはタンパク分解酵素阻害因子や
キレートと呼ばれる物質が多量に含まれており、タンパク質やミネラル分の吸収を
妨げてしまう。発酵大豆食品以外は避けなさい」という論旨です。

確かに生の大豆には消化酵素(トリプシン)の働きを妨げる因子が含まれます。
しかし、この因子自体もタンパク質でできているため、加熱すれば壊れてしまいます。
大豆を生で食べない理由は青臭さだけではなく、
タンパク分解酵素阻害因子を熱で破壊するためなのです。

暑い夏に枝豆とビールは欠かせませんが、大量の枝豆を食べても腹痛はおこしませんよね。

枝豆と大豆は違うんじゃないの?という方のために面白い報告を見つけました。

富山短期大学の研究による
豆のトリプシンインヒビター活性値と物性試験という論文です。
それによると生の枝豆には大豆と同等(むしろ多いくらい)の
タンパク分解酵素阻害因子が含まれていますが、
10秒茹でただけで半分になり、2分茹でればほぼ完全に失活することが分かりました。

更に面白いのは、
3社の冷凍枝豆に含まれるタンパク分解酵素阻害因子を測定している点です。

生枝豆に含まれるタンパク分解酵素阻害因子を100とすると、
A社:88
K社:63
N社:14
自分で2分茹でると:2
といった具合に、メーカーによって大きく異なることが分かりました。

十分に加熱された豆乳から作られる豆腐や油揚げ、がんもどきを食べたからと言って
他のタンパク質が吸収されなくなり栄養不足になることはありません。

一方、飲み屋で出される枝豆には冷凍食品を自然解凍したものもあるので、
これを沢山たべると消化不良になる可能性はありますね。

但し、日本人女性は痩せすぎといわれているので、
極端なダイエットや偏った食生活をしている方は心配です。
バランスの良い食事をとるのが一番です。

長くなってしまったので
ミネラル吸収阻害に関しては次回ご紹介します。

 

投稿者: 純炭社長:樋口正人

株式会社ダステック代表取締役社長。 1985年3月:千葉大学大学院理学研究科生物学専攻 修了 1985年4月:中外製薬株式会社入社。新薬研究所配属腎性貧血治療薬エリスロポエチン(ESA製剤)の創薬に従事。 1998年4月~2001年3月:通産省工業技術院生命工学工業技術研究所(岡修一先生)技術研修員 1999年4月~2008年3月:筑波大学先端学際領域研究センター(山本雅之教授)客員研究員 2007年4月~2014年3月:金沢医科大学非常勤講師 2007年10月:中外製薬退社 2009年5月:株式会社ダステック設立 2015年5月:純炭粉末の米国特許取得(ADSORPTION CARBON, AND ADSORBENT Patent No.: US 9,034,789 B2) 2015年5月:純炭粉末の日本特許取得(吸着炭及び吸着剤 特許第5765649号) 「出す健康法」で健康寿命を延ばすのが夢! 最近は「腎臓にやさしい純炭社長食堂」のシェフとして社員さんの昼食を調理しています(笑)。

「豆乳や豆腐には反栄養素?が含まれる?」への4件のフィードバック

  1. ピンバック: 大豆食品と甲状腺腫
  2. ピンバック: 大豆食品と甲状腺腫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください