AGEsリッチ食品で病気が悪化

投稿日: カテゴリー  ・糖化(AGEs)

電子レンジで調理すると糖化物質(AGEs)が多く発生することを前回の記事で紹介しました。

今回は、電子レンジで調理した豚肉を食べさせたマウスの実験をご紹介します。


下の図の●のように、正常なマウスに電子レンジ豚肉を

食べさせても10匹中10匹が生き残ります。


o0800062311571167274.jpg


ところが、火傷をおったマウスに電子レンジ豚肉を食べさせると、

10匹中5匹が死んでしまいました(上図のD群▽)。


火傷マウスにPBS(生理食塩水のようなもの)を与えたB群:○

では10匹中1匹しか死亡しておらず、

火傷マウスに蒸した豚肉を与えたC群:▼でも

2匹しか死亡していません。

 

o0200017111571167272.jpg PBSを与えたマウス

の傷は治り始めています。

 

o0205017711571167273.jpg

一方、

電子レンジで加熱した

豚肉を与えた群は、

傷口が壊死しています。

 

 

糖化物質(AGEs)を食べることによって、死亡率が高まる原因として、

HMGB1の過剰産生が考えられると著者らは考察しています。

HMGB1(High Mobility Group Box 1)というタンパク質は、

本来は傷口からの感染を抑え、出血を止め、傷を治すために働きます。

ところが、慢性的にHMGB1が作られて、だらだらと働き続けると、

動脈硬化・慢性関節リウマチ・腎炎といった炎症性疾患を引き起こし、

自然治癒力を低下させてしまうのです。
 

様々な病気を抱えてしまう中年以降は、

出来るだけ糖化物質(AGEs)を口にしない方がよさそうです。

↓クリックにご協力下さい


糖質制限ダイエット ブログランキングへ

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

純炭社長

投稿者: 純炭社長

純炭粉末の(株)ダステック代表取締役社長。中外製薬で腎性貧血治療薬エリスロポエチン(ESA製剤)の開発に携わった後に、ESA製剤が不必要になる世の中(すなわち腎臓病が無くなる世の中)を目指して47歳で起業しました。元金沢医科大学医学部非常勤講師。ケトジェニックダイエットシニアアドバイザー・AGE研究協会認定講師でもあります。「出す」健康法で健康寿命を延ばすのが夢! 最近は「腎臓にやさしい純炭社長食堂」のシェフとしてサラメシも提供しています(笑)。

「AGEsリッチ食品で病気が悪化」への5件のフィードバック

  1. ガ━━Σ(゚Д゚|||)━━ン!!
    糖化物質恐るべし
    受験生の娘は近所のマックに勉強しに行きます。
    日本のファーストフードにはAGEはどれくらい含まれているのか情報ありますか?
    喘息の持病もあるので心配です。

  2. 凡人28号さん
    塾通いのお子さんにはハンバーガーなどの食事は便利ですが、心配でもありますよね。
    米国マンハッタンにあるマウントサイナイ医科大学から食品中の糖化物質に関する論文が出ていました。それによると、マクドナルド製品の糖化物質は以下の通りです(単位はkU/個)。。
    ビッグマック:7801
    フィレオフィッシュ:6027
    チーズバーガー:2402
    ベーコンエッグチーズマックグリドル:858
    日本との違いはあるかと思いますが、メニューによってもずいぶん差があるようです。

  3. またまた驚きです。
    マックの数値は同じようなカロリーの食べ物(例えば和食)よりも高いのでしょうか?
    フィレオフィッシュの意外な値に驚いています。
    娘には一番安いハンバーガーを注文するように伝えます。
    (少なくともチーズバーガーより低いですよね)
    ベーコンエッグなんとかは日本では朝しかないようです。
    日本で営業しているバーガーチェーンを比較した資料が欲しいですね。

  4. 糖化物質(AGEs)の量はカロリーよりも材料と調理法によって決まりますので、煮る・蒸すといった調理法を多用する和食に比べるとハンバーガー類のAGEs含有量は多いと思います。
    米国の論文では会社名を明記してAGEs量が公表されていますが、日本では食品中のAGEsが体内に吸収される事実すら報道されません。日本で販売されている食品中のAGEs量が公表されるには時間がかかりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です