腸内環境の最近のブログ記事

快腸で快調 ♪

| コメント(0) | トラックバック(0)
皆様こんにちは! 水曜担当スタッフM子です   今日はなんとなく暖かい金沢から…   先週は丸一日展示会に参加していたので,ブログはお休みさせていただきました   「 第11回しんきんビジネスフェア 北陸ビジネス街道2016 」という展示会だったのですが,様々な業種の企業様が出展され,たくさんのブースに多くのご来場者があり,とても賑わっておりました   弊社の新製品「AGEBARRIER®」(エイジバリア)のご紹介ということで,先般の東京での展示会同様「Bar AGEBARRIER」として,カクテルを作るようなシェーカーでエイジバ …続きを読む
皆様こんにちはっ! 水曜担当スタッフM子ですっ!   先週は東京ビッグサイトで開催された「食品開発展2016」に出展しておりました~   という訳でブログは結果的にお休みに…   こういう展示会では一般的に白いブースばかりなのですが,今年もわが社は炭を中心に  「漆黒」  のブースを展開しました~   しかーもっ!   今年は  新商品の発表 も行ったのですよっ!   「食べる純炭 きよら」でおなじみの「純炭粉末」を,なんと1包に1 g 配合した「AGEBARRIER®」(エイジバ …続きを読む
みなさまこんにちは! 水曜担当スタッフM子ですっ 今週は火曜日が祝日でのんびりできて幸せでした~ でも週休3日になると社会復帰が難しそうに感じる今日この頃です さて,今年の4月1日から糖質制限を約4か月(時々糖質を食べてしまうこともありましたが)続け,その後糖質を解禁して3ヵ月が経ちました。  「測定できるデータは取る!」ということで,糖質制限終了後も月末には測定をしていた各種データの変化を載せてみます 血液中の赤血球に含まれる「ヘモグロビン」というタンパク質の糖化度を示すHbA1cの値は糖質制限終了後,3ヵ月で上昇。 糖質制限開始前より若干高い値になりました。 HbA1 …続きを読む
皆様こんにちは! 水曜担当スタッフM子です まだリバウンドは大丈夫そうです。 今月は-8~-11kgのあたりをさまよっております。 この1週間は-10kg周辺をウロウロ…美味しく糖質を摂りつつ,歩いたり地道に運動しよう…と思っております さて,本日は実験の合間にちまちま読んでいた文献をご紹介~…文字ばっかりになってしまいましたがよろしければご一読ください 今年の4月に「Nephrology Dialysis Transplantation(腎臓学と透析と移植)」という論文雑誌において,「慢性腎不全における腸内細菌叢の変化と上皮バリアの構造・ …続きを読む
皆様こんにちは! 今週もやってまいりました水曜日~♪ 担当スタッフM子です 先々週末かな? 「NHKスペシャル」が腸内細菌のテーマでしたねっ!! コンピューターグラフィックスなどを使ってとても分かりやすく,しかもかなり先端の内容を放送していました。 幸いにも番組の存在に気が付いたので,もちろん録画し後日じっくり拝見しました! これまで文献等で目にしてきたお話がいろいろ紹介されておりましたが,知らない話もいっぱい! 「便移植治療」の実例紹介なども勉強になりました。 また,我々の免疫システムの中で重要な役割を果たしている「IgA(「抗体」の一種)」が腸内に住み着いても良い有益な細菌を選ん …続きを読む
皆様こんにちには! 水曜担当スタッフM子です 昨日あたりからなんとなく鼻などがムズムズするなぁと思ったら,花粉ではなく黄砂が飛んでいるそうです… 意味があるかわかりませんが,とりあえずきよらを飲んでおきました さて,ここ数日論文調べばかりやっていたので,頭がパンクしています でもお陰様でいろいろ面白い話も発見 少々古い文献にでしたが… 「化学と生物 Vol.47 No.2 2009」 において,神戸大学の大澤朗先生が,「経口摂取したビフィズス菌が腸内で繁殖・住み着くには,摂取したビフィズス菌の細胞表面にある目印と我々の腸の細胞の表面にある目印の相性が合わ …続きを読む
こんにちは。 純炭社長@糖質制限中の樋口です。 便秘を改善すると慢性腎臓病の進行が抑えられると言う研究成果が東北大学から発表されました。 裏を返せば、便秘は血液中の尿毒症物質を増やして腎臓や他の臓器にダメージを与えるということです。 腸の中でできる毒素を体の中に入れない! できるだけ早く体の外に出す! これは純炭社長が経営するダステックの事業コンセプトと同じです。 仮に便秘がちであっても便の中に純炭が入っていたら毒素をガッチリと捕まえて、 体内に吸収されるのを防いでくれるとも思うのです。 それにしても糖質制限・ケトジェニックダイエッ …続きを読む

糖質制限ブーム襲来?

| コメント(0) | トラックバック(0)
皆様こんにちは! 久しぶりに雪がチラつく金沢から… 水曜担当スタッフM子ですっ 12月~1月頭の例年より多めの雪,1月中旬からひと段落しておりましたが,また少し降り始めるようですね。 見て楽しめる程度の雪量なので,嬉しいです 美しい雪景色を見せてくれるので冬も雪も好きです たくさん積もり過ぎたり,交通に支障をきたしたり,路面が凍結したりは嫌なんですけど… さて,土曜の夜にチラリとみたTV番組でどうやら糖質制限ダイエットと思しきものを紹介していました。 ちゃんと最初からしっかり見ていなかったのでよくわかりませんが,3週間くらい?で順調な体重減少と,血中ケトン体濃 …続きを読む
こんにちは 純炭社長@糖質制限中の樋口です。 私と同じ理学部生物学科出身で現役高校教師の妻が面白い話を聞かせてくれました。 身投げする昆虫 バッタやコウロギ、カマキリといった昆虫が 自ら水に飛び込んで魚の餌になっていることを知っていますか? このように水に身投げして自殺する昆虫の体内にはハリガネムシが寄生しています。 ハリガネムシは昆虫の体内で成虫に育ちますが、交尾や産卵は水中で行います。 そのため、繁殖期を迎えたハリガネムシは昆虫の脳を支配して水に飛び込ませるのです。 自殺するコウロギと体内から出てくるハリガネムシを見たい方は ↓のリンク先からYouTub …続きを読む
こんにちは。 純炭社長@糖質制限中の樋口です。 今年の七夕に書いたブログ(抗糖化と腸内環境で健康寿命をのばす|抗加齢医学会で学んだこと) の中で病気にならない4つの方法を紹介しました。 A ストレスを溜めずに楽しく生きる B 糖質制限などの血糖値を上げない食生活 C 善玉菌を増やして腸を健康に保つ D 自己治癒力を弱める食べ物(AGEなど)を摂らない このところ何度も紹介しているこの本にもがんを消し去る9つの習慣が紹介されていました。 ①食事の内容を大きく変える ②治療法を自分で選択する ③直感に従う ④抑圧された感情を解き放つ ⑤ハーブとサプリの力をかりる …続きを読む
こんにちは。 純炭社長@糖質制限中の樋口です。 京都から東京に向かう新幹線の中でブログを書いています。 昨晩は第17回腎と栄養代謝研究会に参加してきました。 しかも特別講演です 中外製薬の主席研究員とか、金沢医科大学の講師という肩書ならいざ知らず、 社員数5名の零細弱小町工場ベンチャーの社長が、 椿原先生(大阪大学教授)や中西先生(兵庫医大教授)ほか、 著名な腎臓専門医の前で50分も喋らせてもらえるなんて奇跡としか思えません。 それもこれも代表世話人である天野先生の懐の深さのおかげです。 糖質制限による腸内環境の変化や、 …続きを読む
皆様こんにちは! 先週末の雪にはびっくりしましたが(12月の割には雪が降り過ぎです),本日は晴れの予報がでている金沢から…水曜担当スタッフM子ですっ! 晴れといってもぽかぽか暖かい…とは程遠く…冷たい雨や雪が降っているよりはいいか…という程度。 というかむしろ曇り空… まだまだ冬は始まったばかりだというのに,なんだか先が思いやられます… さて,師走に入って忘年会など飲酒飲食の機会がいつもより増えるのではないでしょうか? 飲み会の前に「食べる純炭 きよら」を飲んだら,驚いた …続きを読む
こんにちは。 純炭社長@糖質制限中の樋口です。 ヨーグルトや乳酸飲料で善玉菌を補給していますか? 腸は第二の脳とも言われ、 腸が老化すると身体的にも精神的にも病気に罹りやすくなります。 でも、腸の老化って肌の老化とはちょっと違います。 何故なら、腸の細胞は2~3日ごとに新しい細胞に入れ替わっているので、 常に生まれたて、ぴちぴちなんです。 では、腸の老化とはどんな状態なのか? 正解はビフィズス菌などの善玉菌が減ってしまうことです。 そこで善玉菌入りのヨーグルトや乳酸飲料・サプリメントが良いと言われる訳ですが、 多くの日本人が誤解していることが二つあります。 誤解1 …続きを読む
こんにちは。 純炭社長@糖質制限中の樋口です。 昨日のヤフーニュースに「自閉症、腸と脳のつながり明らかに」という記事がありました。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141117-00000003-natiogeog-sctch 全文は一番最後にコピペしますが、やや拡大解釈して要約すると以下のようになります。 1)妊娠中にインフルエンザに罹ると子供の自閉症リスクは2倍になることが知られている。 2)妊娠マウスに偽ウイルスを投与すると人間同様、自閉症の仔マウスが生まれた。 3)この仔マウスは腸管壁浸漏(リーキーガット)を発症しており、 腸内細菌が …続きを読む
みなさまこんにちは! 秋晴れの金沢です スタッフM子です!いぇーいっ …無駄に元気です さて,相変わらず体重の微増と体脂肪率の増加とからだ年齢の高齢化が進んでいます… (なんと先日とうとうからだ年齢が49歳になりました。実年齢との解離,ますます加速~… ) 我が家族の高齢化も進んでおり,私と同じように糖質大好きでモリモリ食べていた親が,大きい病気の影響もあってか,最近すっかり食が細くなりました。 普通の人の1人前より少し少ないくらいしか食べられなくなってしまったのです。 そうなってくると,やはり糖質よりもタンパク質や野菜をできるだ …続きを読む

糖質制限と動脈硬化

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。 純炭社長@糖質制限も106日目の樋口です。 先週の日曜日に行われた義父の5回忌でのこと。 その際に栄養士の資格をもつ義理の妹が、 私が糖質制限を行っていることを知り、 動脈硬化リスクの増加を心配してくれました。 糖質制限食では従来のエネルギー源である炭水化物(糖質)を減らし、 たんぱく質と脂質を増やすため、 悪玉と信じられているコレステロールや飽和脂肪酸の摂取量が増えます。 その為、動脈硬化が増えて脳卒中や心筋梗塞が増えるイメージがあります。 しかし、それは本当なのでしょうか? 確かに糖質制限によって死亡リスクが高まるという疫学研究もあります。 朝日新聞が報じた能登論文も …続きを読む
こんにちは! スタッフM子です 暑い夏が落ち着いたかなと思いきや,各地で大変な雨! 被災なさっている皆様には心からお見舞い申し上げます。 自然豊かな日本ですが,自然領域と開発領域の境界では天候の変化が集中すると大きな災害につながるのだなとしみじみ感じております。 また,日頃の意識が異変の早期認知や対応の迅速さという形に現れるのですかね。 いつもボケッとしている私には考えさせられます さて,先日熊本で開催された「維持透析患者の補完・代替医療研究会」において,代表の樋口に代わって「食べる純炭 きよら」の原料,「ダイエタリーカーボン」の臨床応用の可能性について発表してまいりました。 とい …続きを読む
こんにちは。 純炭社長@糖質制限70日目の樋口です。 7月14日のブログ「除菌除菌と言うけれど|常在細菌との共生」の中で人間の体に棲みついている細菌の数を紹介しました。 ・皮膚:1兆 ・口の中:100億 ・胃:1万 ・小腸:1兆 ・大腸:1,000兆 ・泌尿器:1兆 人間はたった60兆個の細胞の集まりですから、人間の体は細菌の集合体のようなものです(笑)。 これらの細菌たちは人間の健康に大きな影響を与えている訳ですが、 Nature Medicine 20, 642-647 (2014) に肺に棲みつく細菌が喘息発症を左右しているとの論文が発表されました。 これまで腸内細菌と免疫 …続きを読む
こんにちは。 純炭社長@夏季休暇中もブログ更新中です。 さて、今日の話題は腸内環境。 これまでのブログで腸内細菌は肥満や糖尿病、自己免疫疾患、ストレス耐性など 様々な病気や体質と関係があることを書いてきました。 人間の赤ちゃんはお母さんのお腹の中では無菌状態で成長します。 この時期、腸内細菌は棲んでいません。 おぎゃーと生まれた瞬間から腸の中に細菌が棲みつきますが、 どのような菌がどうやって赤ちゃんの腸内に定着するのか? 母親の食事や母乳はどう影響するのか? 良く分かっていないのが実情です。 これまでの研究は糞食の習性があるマウスで行われているものばかりですが、 …続きを読む
こんにちは。 純炭社長@糖質制限中の樋口です。 ここ数年、医学系の学会に参加すると良く聞く言葉が、 肥満と慢性炎症、内臓脂肪と慢性炎症、老化と慢性炎症・・・・・ 炎症とは赤く腫れて、熱を持って、痛みがあるような状態のこと。 内臓脂肪が詰まったポッコリお腹の中でも炎症状態が起きているのです。 内臓脂肪や皮下脂肪は急場のエネルギー源である脂肪を溜め込んでいるだけの貯蔵庫・・・というのは古い考え方。 今や脂肪組織はアディポサイトカインと呼ばれる情報伝達物質を作り出す活発な内分泌器官だと考えられています。 あなたのお腹に詰まった脂肪は常に情報を発信し続けている・・・ …続きを読む
こんにちは。 純炭社長@糖質制限59日目の樋口です。 台風が近づいていますがくれぐれもお怪我など内容にお気を付け下さい。 さて、昨日のM子のブログ「HbA1cもコレステロールも測定できます!」に書かれていたように、 研究目的で測定機を導入しました。 デモンストレーションで測定した私の値は、 HbA1c ; 5.1 %  (NGSP)(正常範囲; 4.3 ~ 5.8 %, 6.5%以上で糖尿病,6.0~6.4%は境界型 ) 総コレステロール          & …続きを読む
こんばんは~ すっかり遅くなってしまいました,水曜担当スタッフM子です 今日は午後から緊張感のある打ち合わせがあったのですが,無事良い方向に進みそうでほっと一安心…で,ブログを忘れておりました 弊社代表のブログが連日更改されておりますね むむむ…週に1回くらいしっかりやらねばっ さて,本日は最近読みましたキチン・キトサンのお話を少しご紹介です。 カニなどの甲羅に含まれる,糖質でできた高分子「キチン」。 一時期よ~く耳にしましたよね。 もちろん今も広く利用されています キチンは「N-アセチル-D-グルコサミン」という物質(糖の一種),2分子が上下反転したよ …続きを読む

うんちのなかみ

| コメント(0) | トラックバック(0)
おはようございます。 ブログに執念を燃やしている純炭社長@糖質制限の樋口です。 昨日のM子のブログ「腸から美と健康を♪」を読んでいただけたでしょうか? 炭水化物を山のように食べても血糖値が140 mg/dL程度にしか上がらない、 健康体の代表格であるM子が便秘症だったとは知りませんでした 私も松夫恒夫先生の別の本を読んだことがあります。 その中で印象的だったのは体内の毒素は便として排泄されるという一文でした。 体内に溜まった毒素を体外に捨てるには体から何かを出さなければなりません。 体から出て行くものといえば? ・尿 ・汗 ・便 ・呼気 ・髪の毛 ・爪 ・あか くらいでしょうか。 …続きを読む
皆様こんにちは! 水曜担当スタッフM子です 本日は蒸し暑い金沢から~…明日から雨のようで,高い気温に湿った空気と曇り空がほんの少し不快感を醸し出しています 昨今は弊社代表が熱心にブログ更新で健康関連情報を発信しております。 あまりの更新頻度に,ご覧いただいている皆様も驚いていらっしゃるかな? でもかなり気になる話が多いのではないでしょうか? 私もエクオールのチェックなど関心を持っております。 最近は糖質制限話が花盛りですね (笑)  私は先般読んでいた本を少しご紹介~「腸」のお話です 大腸内視鏡検査でのべ4万人の方の腸をご覧になっていらしたという, …続きを読む
こんにちは 「食べる純炭きよら」ならびに「ダイエタリーカーボン」製造会社社長の樋口です。 今日は3連休のなかび。皆様いかがお過ごしでしょうか? 学校はもう夏休みなんですね。 金沢駅市内は他県ナンバーの車がとても増えました。 運転には気を付けて下さいね。 私が金沢の街を初めて走って感じたことは、 歩行者信号が赤に変わってから自動車用信号が赤に変わるまでのタイムラグが短いこと。 (言っている意味が伝わりますか?分からなかったらコメント下さい) なんて横道に逸れていないで、本日はヒドロキシプロピルメチルセルロースという舌を噛みそうな言葉についてご説明します。 お客様から商品パッケージに書 …続きを読む
こんにちは、 「食べる純炭きよら」とダイエタリーカーボン純炭を製造販売する (株)ダステック代表の樋口です。 先日のブログ「その動悸・ほてりは本当に更年期?」では 更年期だと勘違いしていたら突然死にもつながる甲状腺機能亢進症だった妻の実例をご紹介しました。 日本人女性の多くは45歳~55歳に更年期を迎えると言います。 更年期以降は女性ホルモンの低下に伴って様々な病気に罹りやすくなります。 代表的なのが 1)骨がスカスカになって骨折しやすくなる骨粗しょう症 2)心筋梗塞や脳梗塞の原因にもなる高脂血症 その他にもアルツハイマー病も女性ホルモンの低下と関係しているとも言われています。 ブログ …続きを読む
日本人は清潔好き。 日本に来た外国人は街中にゴミが落ちていないことに驚くとか。 素晴らしい。 良いことです。 しかし・・・・・ ちょっと行きすぎかな?と思うのは 食器洗いスポンジや汗が染みこんだソファーなどを除菌するCM そんなに除菌したって自分の体自体が細菌だらけなんだから、 あまり神経質になると体全体を除菌しようとする人が出てくるのでは?と心配になってしまいます。 人間の体を作っている細胞の数は約60兆個。 それに比べて人間の体に棲みついている細菌は以下の通り。 これじゃ、どう見たって細菌 …続きを読む
こんにちは。 純炭社長の樋口です。 当社が開発したダイエタリーカーボン純炭(じゅんたん)は 竹炭パウダーではありません 備長炭パウダーでもありません ましてやヤシ殻活性炭パウダーでもありません ダイエタリーカーボン純炭の原料は 高純度結晶セルロース 結晶セルロースってなんだ?と思う方は多いと思いますが、 結晶セルロースは食品や医薬品に使われる不溶性の食物繊維です。 原料自体が安全性も純度もきっちりと品質管理されたものから作るから、 ダイエタリーカーボンはしっかりと品質管理できるのです。 竹などの植物は育った環境や時期によって細胞内に溜める成分が違います。 同じ場所に生 …続きを読む
こんにちは、純炭社長の樋口です。 昨日のブログでは抗加齢医学会で学んだアンチエイジングの4つのポイントをご紹介しました。 糖質制限をしながらお酒を楽しんでいる私が気になっているのは、 糖質制限と腸内環境の関係です。 炭水化物や糖質を食べると急速に血糖値が上昇します。 この血糖値の上昇はグルコーススパイクと呼ばれ、 血管を傷つけたり、酸化ストレスの増加、最近注目されている糖化物質(AGE)の産生を促して 様々な病気の引き金となることが知られています。 そこで、糖質制限食はグルコーススパイクを起こさないために、 一食当たりの糖質を20~40グラムに制限し(ちなみにコンビニのおにぎりが糖質 …続きを読む
ブログ更新が大変遅くなってしまいました。 さて、先月初旬に大阪で開催された抗加齢医学会総会に参加してきました。 この学会は医師や基礎研究者、健康食品メーカーなどが幅広く参加する学会で、 専門的な基礎医学の話題からサプリメントの話題や 今話題の「糖質制限食」や「カロリー制限食」、食育までもが議論される興味深い学会です。 ちょうど1年前のブログ(平均寿命と健康寿命を考える)にも書きましたが、 日本人女性の平均寿命は86歳なのに健康寿命は73歳なんです。 ということは女性の晩年は13年もの間、人の助けを借りなければ生きていけないということ。 その多くは認知症や骨折から来 …続きを読む
本日も暑くなっている金沢から~ こんにちは!水曜担当スタッフM子です! 今日もとろけそうな一日ですが,社内にいると日陰ですし,事務所は2階で窓をあければ涼しい風が入ってくるのでそれなりに快適に過ごしております♪ 実は実験室は分析装置様の環境整備で空調が厳しめに設定されているので,実験室にこもっていると寒かったりします(笑) さて,昨今のM子は要領の悪さに拍車がかかっているようで…読みたい,読まなきゃな資料がいつのまにやらこんなにたまっておりました… 本ブログでもご紹介したいものがいっぱいあるのですが,何かと追いついておりません…。 ごめんな …続きを読む

錠剤とカプセルの違い

| コメント(0) | トラックバック(0)
皆様こんばんは! 今日は締切ギリギリのスタッフM子です 金沢は生憎の雨,ヒトの気分は大概少し沈みますが??,植物には恵みの雨ですね~ 今日は何のお話にしようかなぁと思いながら,近くの公設試験場で電子顕微鏡観察にいそしんでおりましたが,どうもヒラメキの神様が降りてこず…と思っていたら,先日のお客様からのお電話で 食べる純炭 きよら の 「錠剤」と「カプセル」の違いについてご質問いただいたことを思い出しました。 弊社にお寄せいただく質問の中では一番多いかもしれません… 錠剤とカプセルの違いはなんといっても「純炭粉末の量」の違い! 錠剤1粒には約67mgの純炭粉 …続きを読む
水曜日は暖かくて,金沢は4月中旬なみの気温だったようです 街路樹の雪吊りの取り外しが行われていたそうな… 毎度おなじみ水曜担当スタッフM子です …今週は原稿が遅れて木曜更新です… 先週チラッとご紹介した糖質制限に関する書籍  ,ようやく読み終わりました。 「糖質摂取はヒトに必須ではない」とか,「糖質の甘みや血糖値の上昇が快楽となり,糖質を食べ過ぎてしまう」…などなど…なかなか手厳しい 後者はそうかも!と納得です       一方で,糖質制限時のタンパク質や …続きを読む
こんにちは! 本日は少し暖かい金沢から…水曜担当スタッフM子です 関東地方の雪は大変でしたね ここらでも一晩で30cm近く降ると,ちょっと大変になるので,ノーマルタイヤで靴底ツルツル,人口高密度の大都会では大混乱だったと思います 弊社からの商品発送も,スタッフK子の機転で定期購入のお客様には早め早めで発送していたようです。 無事お手元に届いているとよいのですが… さて,先日ネットのニュースをみていたら,このような記事にあたりました。 「なぜ猫は腎臓病になりやすいのか ― 猫の命に関わる病を獣医師が解説」(マイナビニュース) http://www …続きを読む
今日は良いお天気だった金沢です! 本日も一日お疲れ様でした! スタッフM子ですっ 本日は朝から夢見は悪いわ,駐車場で車に傷をつけるわ(他の車などにぶつけたわけではありませんよ),実験はうまくいかないわ…で踏んだり蹴ったりの一日でした …そんな日もありますよね… さて,タイトルの英単語,ご存じですか?? 私は先日のリラックマ付箋いっぱいの資料の中で初めて認識しました 答えは「便秘」です。 (お食事やおやつを召し上がっている最中の方,ごめんなさい 以下,この手の話が続きます…) 気が付けば何十年も慢性的にあまりお通じの …続きを読む
水曜日担当のM子が実験で多忙を極めているため、本日はピンチヒッターとして登場です。全国のM子ファンの皆様ごめんなさいm(_ _)m さて、歌舞伎俳優の坂東三津之助さんが肝不全のためにお亡くなりになりました。51歳だったとのこと。私よりも若かったとは・・・早すぎる死です。ご冥福をお祈りいたします。 肝臓は24時間働いている 年末年始はお酒を飲む機会が増えるため、肝臓を意識する機会が多いのではないでしょうか?。肝臓の役割というと一番最初にアルコールの分解!を思い浮かべてしまう貴方(と私)。 しかし、肝臓はお酒を飲んでいない時も常に解毒を行っているのです。肝臓で処理される代表的な毒素とは・・・・ …続きを読む

腸内環境に注目~!

| コメント(0) | トラックバック(0)
水曜日のお約束!スタッフM子です! いや~寒くなってきましたね~ 先週は北陸の冬の名物,雷がよく 鳴っておりました 直径1cm近い立派なあられも降り,会社から見える五郎島金時(地元の有名なサツマイモです)の畑がみるみる真っ白になっちゃって…。 冬用タイヤに交換していない私としてはちょっとドキドキしてしまいました まだ北陸は雪は降らないと思いますし,タイヤ交換している方も少ないのではないかと思うのですが…油断していると危ないかな?? 先日古本屋さんに行き,「腸内環境」をキーワードに本を探してみました。 「食べる純炭 きよら」にとって腸内環境は深~い関係の …続きを読む
注意!本ブログ記事は皆様にファスティング(絶食・断食)を勧めるものではありません。安易なファスティングは命にかかわる危険性があります。特に断食期間中に現れるアシドーシス(血液の酸化)と食事を再開する方法を厳密に管理しないと死に至る危険性がありますので十分ご注意ください。 水だけのファスティングに突入して4日目に入りました。この時期から安定期にはいり気分的にも変化が現れるとのことですが、今のところ頭のシビレ感は取れません(明日の朝に期待です)。 さて、ファスティング終了直後に食べ過ぎて突然死する!という話を良く聞きます。その理由が知りたくて調べていますがよく分かりません。 腸捻転や腸閉塞と …続きを読む
注意!本ブログ記事は皆様にファスティング(絶食・断食)を勧めるものではありません。 安易なファスティングは命にかかわる危険性があります。特に断食期間中に現れるアシドーシス(血液の酸化)と食事を再開する方法を厳密に管理しないと死に至る危険性がありますので十分ご注意ください。 ファスティング(絶食・断食)3日目に突入したhigumonです。 私がファスティングを始めたことを知った女性社員からお菓子攻撃にあいましたが、まだ理性が勝っています(笑)。 さて、本日のブログタイトルは世界的な科学雑誌であるNatureに書かれていたものです。 邦題は”健康は本当のところ、腸の問題&rdquo …続きを読む

腸を超チェック!

| コメント(0) | トラックバック(0)
秋晴れで布団を干したい良いお天気!…と思いきや,午後からは曇り空に… 過ごしやすくなってありがたいのですが… 毎度おなじみ水曜担当スタッフM子です  先日弊社代表が雑誌を持ってきてくれました。 おぉ!Newton! この雑誌,科学ネタを豊富な写真やわかりやすいイラストで説明してあって,読み物として楽しいんですよね あれ?表紙を見ても仕事に関係しそうなテーマの記載がありません。 代表曰く,「時間論の話が面白そうで購入したら,こんな記事もあったよ。」 本誌後半に掲載の記事は,人体における腸内細菌の働きと,その意義,腸内細菌等 …続きを読む
こんにちは。 純炭社長の樋口です。  一週間ほど前に福岡で開催された日本透析医学会に参加して来ました。 この学会は日本の透析医療に関わる、 医師、看護師、臨床工学技士、製薬会社、透析機器会社、 などなど、 ありとあらゆる透析関係者が集まる巨大学会です。 年に一回開催される学術集会に参加する人数は、 2万人とも3万人とも言われます。 博多のホテルが予約できずに、久留米や小倉から通う会員もいるほど。 企業の展示も華やかです。 当然のように夜の博多の街も大賑わい。 これだけの学術集会を誘致できれば、 地域経済を大いに潤すでしょうね 話が脱線してしまいましたが、 …続きを読む

あなたと私の腸内細菌叢

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは!水曜担当のスタッフM子です 本日の金沢は曇り空 空気が湿っていて涼しく,過ごしやすい感じです♪ さてさて,今日のブログネタは何にしよう…と数日前から悩んでおりました。   ふと目をやると,「週刊医学のあゆみ」の2012年10月13日号「小児腸内細菌叢と病態形成」が…。 以前社長文庫から借りてまだ読んでいない雑誌です 早速ひとつめのお話から読んでみたら…まぁなんと目からうろこな!! びっくりするようなお話がいっぱいです! 東京大学大学院の服部 正平先生のご寄稿からいくつかM子が気になったポイントをご紹介いたしますと&he …続きを読む
前回のブログでは腸内環境がうつ病や多動児にも関係している可能性を書きました。 それ以外にも加齢ととも現れる様々な病気が腸内環境の乱れに関係していると言われます。 腸年齢という言葉があるように、腸を若く保てば全身を若く健康に保てます。 でも腸の老化とはどういう現象なのでしょう? 皮膚にシワが刻まれるように腸の中もシワシワになってしまうのでしょうか? 答えはノー! 腸の細胞は数日に一回入れ替わるほど細胞分裂が激しいので、常に生まれたてのツルツル状態です。 下の図は加齢とともに腸内細菌がどのように変化するかを示したグラフです。 赤ちゃんはお母さんのお腹の中で無菌状態で育ちますが、 出産と同時に …続きを読む
こんにちは、食べる純炭きよらブログ月曜日担当のヒグモンです。 1999年の映画「シックスセンス」を見たことありますが? ブルース・ウィリスの渋く切ない演技が印象的だったホラー映画です。 面白かったな~驚愕のラストでしたよね(まだ見ていない方のために結末は絶対に書けません)。 さて、映画シックスセンスで描かれる第六感は死者が見えるという感覚でしたが、 医学の世界では内臓知覚という第六感が注目されています。 腸は「第二の脳」とも呼ばれ、脳に次いで神経細胞が多い臓器です。 腸内の刺激は意識として感じることはできませんが求心性ニューロン(脳に向けて興奮を伝える神経)を通じて前頭前野(記憶や学習に …続きを読む
こんにちは! ブログ初登場のスタッフMです 秋晴れの快晴だったお天気が一転! 午後には強風と時折激しい雨が… 日本海が荒れています!   金沢はもうすっかり冬ですねー… そんな中,弊社の「食べる純炭 きよら」のブログ投稿に関する社内講習会が開催されました(笑) 過去に経験のあるブログやフェイスブック等のアップ方法とは違うため,若干戸惑いますが…まぁなんとかなるでしょう! 先般,畠山 昌則教授(東京大学大学院医学系研究科 病因・病理学専攻)のチームが「ピロリ菌が胃の細胞を未分化にする作用を持つ」との研究成果を …続きを読む

やせる腸内細菌

| コメント(2) | トラックバック(0)
30代からダイエットを心がけているのですが 体重は高止まりのまま20年変わっておりません。 このところ「糖質制限ダイエット」が大評判ですが、 糖尿病予防には効果的だとは思うものの、 長期的にみると乳がんや大腸がんが増えるのでは?と心配しています。 (その理由は別の記事に書きますね) さて、日経ヘルスプルミエの取材でお世話になった記者さんから、 「先日いただいたサンプルを試してみたら食生活を変えずに体重が減ってきた!」 との嬉しいメールをいただきました。 その記者さんのお母さまや出産後のお姉さまも試して頂いているご様子。   …続きを読む

腸内環境とアレルギー

| コメント(0) | トラックバック(0)
ヨーグルトなどで腸内環境を整えると、 ・アトピー性皮膚炎が軽くなった ・花粉症が治まった という話をよく耳にします。 もちろん、個人的な感想で、感じ方は人それぞれなのですが、 「なぜアレルギー症状が治まったと感じたのか」を考察し、 語ってみたいと思います。 人間は細菌やウイルスから身を守るために高度な免疫システムを進化させてきました。 その全容は今の科学をもってしても謎が多いところですが、 アレルギーや喘息は Th1(ティーエイチワン)細胞と Th2(ティーエイチツー)細胞という 2種類のヘルパーT細胞のバランスが崩れることによって引 …続きを読む

最近のコメント



2016年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31