納豆って効くの?デマなの?実践編!

投稿日: カテゴリー 【純炭社長のつぶやき】

こんにちは、純炭社長の樋口です。
前回のブログ(腸内環境と呼吸器疾患の知られざる関係とは)では、マイクロバイオーム(人間に共生している微生物たち)と呼吸器疾患に関する論文を紹介しました。

☞マイクロバイオームって?

腸内に住む細菌はかなり有名で、良い細菌を育てるために発酵食品や食物繊維を積極的に摂っている人も多いのではないでしょうか。
実は、人間の体には腸以外にも体のあらゆる部位に細菌が住みつき、私たちの健康を守ってくれています。口の中やわきの下や皮膚なんかにもたくさん住み着いています。
さて、前述の論文では、腸内善玉菌が作る短鎖脂肪酸(酢酸・乳酸・酪酸・プロピオン酸など)が増えると、肺気腫の病変が軽減することをラットの実験で見出しました。腸の中で善玉菌が増え、短鎖脂肪酸を沢山作ってくれると肺の病気が軽くなる可能性があることが明らかになったのです。

☞短鎖脂肪酸を味方につけよう!

繰り返しになりますが、腸内環境を整えれば重篤な肺炎に罹りにくいという科学的根拠はありません。しかし、可能性はゼロではないと考えた純炭社長は、善玉菌と短鎖脂肪酸を増やす生活習慣に取り組むことにしましたので、その方法をご紹介します(ビオフェルミン製薬のホームページを参考にさせていただきました)。

その1.プロバイオティクス

善玉菌を含む食品を食べることをプロバイオティクスと言います。具体的には「発酵食品」と「善玉菌を含む整腸剤」です。かぶら寿司やだいこん寿司といった北陸を代表する発酵食品や納豆・ぬか漬けをメニューに取り入れています。他にも、ヨーグルトやキムチ(発酵させてあるもの)、チーズ、白味噌(麹が多い)なども良いですね。
整腸剤に関しては(商品名を出して良いものか?ちょっと迷いましたが)、個人的に愛用しているのは、ミヤリサン(酪酸菌)、ビオフェルミン(乳酸菌)、ビフィーナ(ビフィズス菌)です。

その2.プレバイオティクス

腸内に棲んでいる善玉菌のエサとなる食物繊維とオリゴ糖を食べることをプレバイオティクスと言います。具体的な食材としては、
●水溶性食物繊維:ごぼう、オクラ、里芋、長芋、オクラ、海藻、キノコ、納豆など
●オリゴ糖:ネギ、ニンニク、玉ねぎ、バナナ、豆類、ヤーコン、菊芋など
一つの食材に偏らず多種多様な食材を食べるように注意しています。

3.自律神経の乱れを整える
透析に入るのは何歳くらいの人が多いの?
旅先で便秘になったり、緊張すると下痢気味なったりと腸はとてもデリケート。副交感神経を優位にする以下の方法で、お気楽極楽な人生を心がけています。
●ウォーキングなどの適度な運動
●ぬるめのお湯でのんびり入浴(温泉もいいですね)
●10~20分の瞑想、中村天風流の(仏具の)お鈴の音を聞く瞑想法を取り入れています(音源は実際のお鈴ではなくデジタル音源)。
●大好きな晩酌は欠かせません(笑)

プロバイオティクスとプレバイオティクスを一緒に摂ることを「シンバイオティクス」と言いますが、ここに純炭粉末を追加した「マキシバイオティクス」という概念を提唱したいと考えている純炭社長なのでした。

【純炭粉末公式専門店】は→こちら

ゆっきー

投稿者: ゆっきー

美味しいものを食べることと、山登りが趣味の”ゆっきー”です。 お客様に安心してご購入いただくことを信条としています。ご相談から世間話までお気軽にどうぞ♪いつも元気と笑顔がモットーです( *´艸`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください