新型コロナウイルスやインフルエンザ対策に

投稿日: カテゴリー ■健康についての雑学

こんにちは、ゆっきーです。
猛威を振るっている新型コロナウイルスの影響により、マスクや消毒用のアルコールが品薄になっていますね。
そこで、ネットでみかけた簡易マスクの作り方をご紹介いたします。

材料は家にあったり、ドラックストアで問題なく手に入る
・キッチンペーパー
・輪ゴム2本
・ホッチキス
を使います。


①まず、キッチンペーパーをお好みの枚数(写真は3枚重ねでつくってみました。)重ね、2~3cm幅にジャバラ折にします。
素材は不織布タイプの方がより着け心地は良さそうですが、今回は凹凸感のあるキッチンペーパーを使用しました。


②ジャバラ折にしたところ↑
細かくジャバラ折した方が、より顔にフィットしやすくなりそうです。


③両端にホッチキスで輪ゴムをつけます。この時、輪ゴムを止める位置の調節次第でマスクの大きさをかえられます。


④真ん中を広げるともうマスク↑


⑤輪ゴムを耳にかければ出来上がり。ジャバラ折が細かいほど顔にフィットすると思います。


⑥結構ぴったりときて、高さがでるので息苦しくなく意外と快適です(見た目はアレですが…)どうしてもマスクが手に入らない場合はぜひ試してみてください。

また、今回の新型コロナウイルスにはアルコール除菌が効果的という情報がながれ、ドラッグストアから手の消毒用アルコールも消えてしまいました。
テレビの情報番組を見ていたら、出演していたドクターから「患者さんからウイスキーで除菌してもいいか?と聞かれたので、もったいないからやめてと答えた」なんて話が聞こえてくるほど不安を抱えた人が多いってことですよね。
ところが、純炭社長がひとこと「ドラッグストアに行ったらキッチン用のアルコールは沢山売られていたから買ってきたよ~」

純炭社長曰く「昔は70~80%エタノールが最も除菌効果が高くて、80%以上になると除菌効果が落ちるって教わったけど、今回の新型コロナウイルスのようにエンベロープ(脂質二重膜)でおおわれているウイルスの場合には、脂質を溶かしやすい濃いエタノールの方が効果的らしいよ」とのこと。
純炭社長のウンチクはさておき、キッチン用アルコールに含まれているエタノール濃度を調べてみると・・・・カビキラーは60%以下、フマキラーは約45%との情報が見つかりました。手指の消毒用アルコールが入手できないときにはキッチン用で代用してみてください(ただし、エタノール濃度が若干低めなので、石鹸手洗いも併用してくださいね)。

さて、アルコールについての大変重要な注意点です!
純炭社長がアルコールとは言わずに「エタノール」と言っている点に注目してください。例えば燃料用アルコールには失明や致死につながる猛毒のメタノールが入っている商品もあります。
※メタノールと表示されているアルコールは絶対に消毒用には使わないでください!

ネットでアルコールを購入するときは、
消毒用アルコールはOK
無水エタノールもOK
燃料用アルコールはダメ
イソプロピルアルコール(イソプロパノール)もOK
(いずれもメタノールが添加されていないことが大前提です)

不安定なお天気が続いており、金沢は時折雪が舞っています。
寒暖差によって体調を崩しやすい季節なので、手洗い・うがい・マスクでしっかり風邪対策をしてくださいね。

【純炭粉末公式専門店】は→こちら

ゆっきー

投稿者: ゆっきー

美味しいものを食べることと、山登りが趣味の”ゆっきー”です。 お電話で商品をご注文のお客様は”ゆっきー”が電話にて対応させていただいております!お電話注文ではかなりの確率で”ゆっきー”が出ます! お客様に安心してご購入いただくことを信条としていますのでご相談から世間話までお気軽にどうぞ♪ いつも元気と笑顔がモットーです( *´艸`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください