あの薬でこんな被害も? 書評の続きをご紹介!

健康を害するほど
塩分を欲しがる理由とは?

——————————————–
【純炭粉末公式専門店】
店長たっくんメルマガ◆20200225◆

https://juntan.net/
——————————————–
おはようございます。
店長のたっくんです♪

気がつけば2月も今週で
おしまいですね。

ニュースでは連日新型
コロナウイルスの報道で
不安が募る毎日です。

新型のウイルスなので
悪影響の全容は明らかに
なっていません(*_*)
インフルエンザ等の風邪と
同様に予防対策に努めて
いきましょう!

〜あの薬の真実とは?〜
薬の9割は辞められる!
書評にて第2章の内容を
ご紹介させて頂きます。
誰もがお世話になるあの
薬にはこんな副作用が
あるなんて!!
詳しくはこちら

〜塩を欲する脳の仕組み〜
なぜ人類は健康を害する
程に塩を欲するのか?
わずかな塩分で生きて
いけるはずが何の為に
塩を大量生産する様に
なったのでしょうか?
詳しくはこちら

たっくんのダイエット
ニュース(^o^)/

最近気づいたことは
よく噛むことが大事…
という事!

食べやすく細かく切って
柔らかく火を通した物は
吸収率がグンとアップ
そしてあっという間に
食べ終えてしまうので
つい食べ過ぎの原因に。

太りたくない人は大きく
切ってなるべく生で食べる
方がAGE対策にも役立ち
一石二鳥です(*‘∀‘)

春先は体調を崩しやすい
時期ですので体を労わり
無理せずお過ごし下さい!

■■純炭粉末公式専門店■■
https://juntan.net
〒920-0226
石川県金沢市粟崎町5-35-8
TEL:0120-090-218(平日9:00-17:00)
e-mail:info@juntan.net

運営:株式会社ダステック

メールマガジン配信停止を
ご希望の方はお手数ですが
info@juntan.netまで
『メルマガ不要』の旨と
『お名前』をご連絡ください。

薬の9割はやめられる(抗生物質編)【書評】(難易度:初級)その2

こんにちは、ゆっきーです。
前回の書評引き続き、今回は第2章から少しだけ興味深い内容をご紹介します。

『薬の9割はやめられる』
著者:松田医院 和漢堂院長 松田史彦(発行:SBクリエイティブ)

第2章『その薬はいますぐやめられる』~薬の副作用こそが問題~

☞その薬の副作用ご存知ですか?

『抗生物質』と言えば…飲んだことがない人はいないのではないでしょうか?
生物質は現代医学が手に入れた”魔法の薬”です。細菌の細胞膜合成やタンパク合成を阻害するなどして人体に有害な細菌を殺したり、増殖を阻害したりするのに非常に有用な薬です。

☞お医者さんにもらう薬だから大丈夫?

抗生物質は基本的に処方薬なので、ドラックストアなどでうっかり買って飲んでしまうという事はまずありません。しかし、抗生物質は内服薬はもとより、点滴、塗り薬、吸引薬、点眼、点鼻などあらゆる体の部位用の薬に使われています。医療の最前線の現場で無くてはならない薬には間違いはありません。

☞抗生物質の魔法が切れかかっているって本当!?

『耐性菌』って聞いたことがあるでしょうか?ここでいう耐性菌とは、抗生物質が効かない細菌のこと。MRSA(抗生物質の効かない黄色ブドウ球菌)やVRE(抗生物質の効かない腸球菌)などが有名なものです。

※ちなみにいま流行している新型コロナウイルスは細菌ではなくウイルスなので抗生物質は効きません。
ウイルスは種類ごとにタンパク質の性質を変えているので、ウイルスごとに薬を開発しなけれなばらないのでさらに厄介です。
製薬会社出身の純炭社長こぼれ話)
病気を引き起こす微生物は様々。
・細菌(結核菌やコレラ菌、赤痢菌など)⇒抗生物質
・カビ(水虫の白癬菌、カンジダなど)⇒抗真菌薬
・ウイルス(コロナウイルスやインフルエンザウイルスなど)⇒抗ウイルス薬
病気の原因がどれなのか?によって使う薬が違います。

☞なんで抗生物質が効かないようになるの?

耐性菌が出来上がってしまう原因は、抗生物質の乱用です。現在一般的に使われている抗生物質は広域抗生物質と言い、幅広い細菌に作用するように開発されています。極端な話、何の細菌に侵されているかを調べなくても、広域抗生物質を投与すればある程度効果が発揮されてしまうのです。
また一時は抗生物質神話が一般にも浸透し、たいした病気でもないのに抗生物質を患者さんからもらいに来るといった社会現象まで起こりました。

☞抗生物質で腸内のいい菌も死ぬ

抗生物質の副作用として下痢があげられますが、これは腸内細菌のバランスが崩れてしまうから。しょっちゅう抗生物質を飲んで、風邪を治療している人は、免疫力が低下し、さらに風邪をひきやすくなっている可能性があります。

☞抗生物質でカビ(真菌)が増える

抗生物質の乱用で、カビが増えてしまうというのです。
カビというのは真菌の事ですが、抗生物質はウイルスと同様にカビを退治できません。カビは健康な人に住み着いていますが、自己免疫力や腸内環境が保たれていることによって増えすぎることのないように、バランスが取れています。
しかし、抗生物質を使うと、そのバランスが崩れて、抑えられていたカビが増えてしまいます。カビが増えると、カンジタや水虫などカビが原因の病気がひどくなってしまいます。

☞自然治癒力を信じることが大切

『大部分のウイルス感染や軽傷の細菌感染は自然治癒力で治るので抗生物質は必要ない』とオーストラリアの抗生物質治療ガイドラインには明記されています。
人間は生まれ持った自然治癒力があります。抗生物質はここぞのときの切り札として乱用しないようにしたいものです。

腸内環境があらゆる病気に関与していると昨今では研究が進んでいますよね。自然治癒力の源になっているのが腸に棲んでいる常在有用菌(善玉菌)です。
長芋・大和イモ・自然薯などのネバネバ成分(水溶性食物繊維やレジスタントスターチ)、ヤーコンや菊芋に含まれるオリゴ糖などは腸内有用菌の餌になり免疫力を高めてくれる効果が期待できます。つい最近もテレビで取り上げられていたので、ゆっきーは先日長芋を生でモリモリ食べました。長芋パワーで次の日のお通じがすごくよかったです(^o^)
オススメの食べ方は加熱せず生で、ぜひ食生活に取り入れてみてくださいね♪

その他こちらの本には、あんな薬やこんな治療、本来であれば生まれ持った自然治癒力で治まるところを、薬の副作用で知らないうちに体調を悪化させている場合もあると紹介されていました。詳しくは本を手に取って読んでみてくださいね。

次回は『第3章 減薬から断薬へ~一生飲み続けなければならない薬はほとんどない~』について次回ご紹介します。

【純炭粉末公式専門店】は→こちら

腎臓に良い食べ物 塩編(後編)|なぜ人類は健康を害するほど塩を欲してしまうのか

こんにちはゆっきーです。
前回お届けした前編ブログでは、貴重な塩を体に取り込むために、2つの臓器が進化したというお話でした。なんと、その臓器のおかげで人間のからだは2g程度の塩分摂取量でも生きていける仕組みなんです。
それにも関わらず、現代では健康を害するほど塩を摂るようになり、塩の摂り過ぎが問題化しています。

☞わずかな塩分で生きていけるのになぜ製塩技術が発達したのか?

人類は、腎臓が進化したおかげで、わずかな塩だけでも生きて行けるようになりました。しかし、なぜ多くの塩を得ようとする製塩技術を必要としたのでしょうか。
日本でも、縄文人が海水から、とてつもない時間と労力をかけて塩の結晶を作り出していました。また、サラリーマンの語源はsalt(塩)とも言われ、塩が貴重品だった古代ローマ時代に塩を買うために兵士や役人に支払われた給付金に由来するのだそうです。いったいどういう背景で塩を欲するようになったのでしょうか。

☞食の変化と共にわずかな塩分だけでは健康維持が出来ない様になった

実は、人類が農耕をはじめて食生活が変化していった頃、病気が流行ってしまいました。農耕で食糧を安定して得られるようになりましたが、今までの主食(狩猟や採集により肉や木の実などを主食にしていた時代)と違い、穀物や野菜からとれるナトリウムは、かなり少なくなっていたのです。
一方、穀物や野菜に多く含まれるカリウムが体内にたまり、心身に不調をきたすようになっていきました(血液中のカリウムが増えすぎると筋力が低下したり、不整脈や心停止につながります)。
☞体内からカリウムを捨てる仕組みが必要となった
そこで腎臓は、多すぎるカリウムを尿として体外に捨てようと頑張って働き始めました。ところが、カリウムには腎臓でのナトリウム再吸収を抑制する働きがあったので、摂取するナトリウムが減ったうえに、尿に捨てられるナトリウムが増えてしまい、ナトリウム不足に拍車がかかってしまったわけです。

そこで、穀物や野菜以外の食材からナトリウムを補うために製塩技術が世界中で発達していったのだそうです。当時、塩は生命維持のためのサプリメントとして重宝されていたのですね。

☞腎臓の大きさは30歳ごろがピーク!?
30代以降、腎臓はすこしづつ小さくなり、加齢とともに腎機能は落ちていきます。人生100年といわれる昨今、自分の腎臓で天寿を全うしたいですね。
塩分過多により腎臓を疲弊させている現代人は、病気になる前から腎臓を守るために、減塩が大切です。

☞厚生労働省も引き下げたナトリウム摂取量

塩分摂取量過多による弊害としては、高血圧・慢性腎臓病・胃がんのリスクを高めるとされています。
厚生労働省が発表している「日本人の食事摂取基準」(2020年版)では目標摂取量を1日あたり0.5g減らすよう基準値が改訂されました。
現在では、成人男性で約7g、女性約6.5gと目標摂取量が設定されています。それでも日本は世界的に見ても塩分過多な民族と言えます。実際、世界基準(WHO)での塩分摂取量の目安は5g未満を目標としています。

☞外食での塩分量、困っていませんか?

スーパーやコンビニで売られている一般食品(生鮮食品は除く)には栄養成分表示として食塩相当量が表示されるようになってきましたが、「外食でも表示してくれたらよいのにな~」と思います。
ラーメン屋さんに行って「麺+具=食塩相当量3g」、「スープ=食塩相当量3g」って書かれていたらスープを飲み干したいと思わなくなるのではないでしょうか。

ゆっきーもついつい濃い味のものを食べすぎて後悔することがあります。塩分をとりすぎると、体がむくんだりだるくなったりして、自覚症状を伴うことも少なくありません。快楽に任せて塩分をとりすぎると、そのツケは腎臓に回ってくることを肝に銘じて注意したいと思います。

最後に、カリウム制限が必要ないのに自己判断で野菜や果物を控えてしまう方もいらっしゃいます。カリウムには前述したようにナトリウムを排泄する働きがあるので、カリウム不足になると更に厳しい食塩制限が必要になります。また、食物繊維も不足して便秘の弊害もあります。カリウム制限は自己判断で行わずに、血液検査の結果を見ながらお医者様や栄養士さんに相談してくださいね。

【純炭粉末公式専門店】は→こちら

健康を害するほど塩分を欲しがる理由とは?

健康を害するほど塩分を
欲しがる理由とは?

——————————————–
【純炭粉末公式専門店】
店長たっくんメルマガ◆20200218◆

https://juntan.net/
——————————————–

おはようございます
店長のたっくんです♪

先週はバレンタインデー
でしたね★

ダイエット中ですが
チョコには目がない私!
女性に混じりデパートの
バレンタイン催事場へ
行ってきました!笑

スイーツ好きの男性は
多いはずなのに…
こういう場所で男は肩身が
狭いなぁと思う
たっくんでした(*_*)笑

〜塩を欲する脳の仕組み〜
なぜ人類は健康を害する
程に塩を欲するのか?
腎臓の数値に引っかかると
まず言われるのが減塩です。
詳しくはこちら

〜お年玉当選者発表〜
純炭社長太っ腹プレゼント
企画にご応募いただいた方
大変お待たせ致しました!
計47名の当選者を発表♪
詳しくはこちら

たっくんのダイエット
ニュース(^o^)/

久しぶりに仕事でスーツを
着るのにダイエットを
していましたが…
何とか着ることが
できました(-ω-)笑

※ズボンのウエスト直しで
やっと入ったんですが…笑

今年はなにかアウトドア
スポーツに挑戦しようかな?
と思っています。

しかし、今週はまた
平年並みの気温に逆戻り!

寒暖差が大きいと
体調を崩しやすくなります。
お体に気をつけて
お過ごしくださいねm(__)m

■■純炭粉末公式専門店■■
https://juntan.net
〒920-0226
石川県金沢市粟崎町5-35-8
TEL:0120-090-218(平日9:00-17:00)
e-mail:info@juntan.net

運営:株式会社ダステック

メールマガジン配信停止をご希望の方はお手数ですがinfo@juntan.netまで
『メルマガ不要』の旨と『お名前』をご連絡ください。

腎臓に良い食べ物 塩編|なぜ人類は健康を害するほど塩を欲してしまうのか

こんにちはゆっきーです。
先日NHKの番組で、”塩”をテーマにした番組
『食の起源:塩 人類をとりこにする本当の理由』が放送されていました。

腎臓の数値に引っかかるとまず最初に”減塩してください”と言われた人も多いのではないでしょうか?
この番組の冒頭でもアナウンスされていましたが、どうして人類は健康を害するほど塩を欲してしまうようになったのでしょうか?

☞人類の祖先は、貴重な塩を無駄にしないように進化してきた

我々は塩に含まれる”ナトリウム”なしでは生きていけません。ナトリウムには受精卵にスイッチを入れたり、脳の電気エネルギーにも必要なミネラルで、生命維持には欠かせないものです。
もともと人類の祖先は、塩たっぷりの海の中で暮らしていましたが、やがて陸に上がり、海から離れた内陸へ生活の場を移しました。
そうすると海中とは違い、陸上では簡単にナトリウムが手に入りません。ナトリウム不足で命の危機に瀕した人類の祖先は、ある2つ臓器を進化させてきました。

☞まず1つ目の臓器は『舌』

塩不足を乗り切るため、貴重な塩を感じとるセンサーが敏感に進化しました。
舌に存在する味を感じるセンサー『味蕾(みらい)』からは、少しでも塩分が含まれていると、もれなく取り込もうとして、脳が快感を感じるような刺激が伝わる仕組みが備わっています。

☞すいかに塩をかける理由!

また、最近の研究では、塩味と別の味(甘味・旨味・油の味など)が同時にあるときだけ反応するセンサーも発見されました。このセンサーの働きにより、スイカに塩をかけるとより強く甘みを感じたり、出汁の旨味や油の旨みも塩があると、より強い刺激が脳にいくようになっているのです。

☞塩には中毒性もあり

マウスの実験では、塩分を多く与えておいた後に塩を与えるのをやめると、塩を中毒的に求める脳内物質(麻薬依存の人の脳に現れる物質)が増えるという研究結果も出ています。塩を摂り過ぎる生活をつづけていると、塩中毒になってしまう危険性があるということですね。

☞塩のとりこになった脳をだます方法

そこで、塩のとりこになってしまった脳でも塩の取りすぎを防ぐ方法をご紹介します。それは『舌という優れたセンサーにだけ少量の塩を届けて、脳を満足させてしまう』というだまし討ち作戦です。素材全体に塩を染み込ませるのではなく。表面にだけスプレーで塩水をごく少量つけて食べると、脳が快感を感じて薄味でも満足できるそうです。

☞2つ目に進化した臓器は『腎臓』

ナトリウム不足から体を守る為、祖先は取り込んだナトリウムを外に捨てない様に進化しました。ナトリウムを再吸収できる臓器、それが腎臓です。腎臓はかなり精巧な仕組で出来ており、体内のナトリウム量を常に一定に(ナトリウムとして約100g、食塩として約250g)に保つことができるようになっています。

☞1日に排泄される塩分量は約1.5g
腎臓病での賢い塩分の摂り方
1日に尿や汗、便などで失われる塩分はおよそ(食塩として)1.5gと言われているので、1.5gの食塩を補えば生きていけることになります。その証拠に、地球上には塩を一切取らず、1日2Lのミルクをのんで2g程度の塩分摂取で生きている民族もいるんだそうですよ。人体は進化した臓器のおかげで、わずかな塩分摂取量でも陸上で生きていける様に進化してきたのですが、日本人の食塩摂取量は1日あたり男性11g、女性9.2g(平成27年調査)。どうして大量の塩分を欲するようになってしまったのでしょう?

さて、前置きが長くなってしまいましたが、次回はなぜわずかな塩だけでも生きていけるように進化した人類が、多くの塩を求めるようになったのか・・・?
後編に続きます。

【純炭粉末公式専門店】は→こちら

きよら通信vol.8-腎臓を養うチョイ足し食材

食べる純炭きよら通信vol.8

いつも食べる純炭きよらをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
純炭粉末公式専門店では、腎臓病情報をインターネットで配信中です。
パソコンがなくて見れない方の為に、毎月“きよら通信”をお届けします(*^^*)

~前回のおさらい~
先月号は“腎臓にやさしい食養生”についてのお話でした。
腎臓によくない食習慣をここでもう一度おさらいしてみましょう。
①AGEに気を付ける
揚げ物やコンガリ料理、電子レンジ調理は控え、生や茹でる蒸す煮る料理がオススメです。
②目指せ1日30品目
極端に走るのではなく、いろんな旬の食材から少しずつバランスよく栄養をとりましょう。
③加工品や添加物を避ける
原材料を見る癖をつけ“アルファベット”や“●●剤”等と書かれている食品は避けましょう。
(例:アセスルファムK・アスパルテーム・●●エキス・グルタミン酸Na・リン酸Na・pH調整剤・乳化剤・結着剤)

☝もっと手軽に腎臓を養う方法ってないの?

電子レンジは使うなとか、いろんな食材を食べろとか、加工食品を避けろとか、なかなか面倒で続かない(+o+)なんて声も聞こえてきました。そんなあなたの為に、こんな食生活はいかがでしょう?

☝1日何品目の食材を摂っていますか?

低タンパク療法をするなら、1日20品目以上できれば摂るべし!と言われています。(もちろん低タンパク療法等の食事指導を受けていない人は30品目摂りたいところ・・・)
食事指導を受けている場合、やみくもにタンパク制限をしすぎたり計算するのが大変で、単一の食材に偏りがちです。また、食事指導を受けていない(する必要がない)人も“タンパク質とカリウムはダメ“と思いこんで食材が偏ってしまう人が多いのも事実です。

☝偏った食事を続けるとどうなるの?

単一の食材に偏った食事を続けると、体はどうなるのでしょうか?
必要な栄養素が足りなくなるので、筋肉があっという間に減ってしまったり、免疫力が低下して病気にかかりやすくなることも。栄養のバランスが取れていないと肉体だけでなく、精神的に不安定になることも知られています。
なんとなく元気が出ないなぁ…いつも気分が晴れないなぁ…というあなたは、もしかしたら必要な栄養が足りていないのかもしれません。

☝いつもの食事にチョイ足しのススメ
AGE対策はおかずから食べよう
そこで、いつもの食事に少しだけ工夫して、品目数を増やす技を手に入れましょう!スーパーですぐ手に入る食材ばかりで、簡単なチョイ足し作戦(たった③つだけ)はこちら。

①液体をチョロリ(酢と良質の油)

酢・・・三杯酢や寿司酢はNG、他の調味料の入っていない物を
減塩で味気ないメニューのお助けマン!また、酢を摂ることで血糖値の上昇を緩やかに出来ます。酢に含まれる成分が消化吸収を助けたり、腸内環境も整えてくれます。酢の物に使うだけでなく、サラダやスープ、焼き魚や揚げ物にかけたり、食前に水で薄めて飲むのもオススメ。
良質の油・・・亜麻仁油・えごま油・しそ油
青魚やナッツ類に多く含まれるオメガ3は、血管をしなやかにしたり、動脈硬化を予防するので毎日摂るのがベスト。毎日魚料理をするより、油から摂ると手軽で安価。毎食小さじ1杯程度プラスしてみましょう。
(但し、これらの油は熱に弱いので加熱調理NG)

②乾物をパラパラ(無塩のものを選ぼう)

胡麻・海苔・しらす・青のり・あおさ・わかめ・天かす・かつお節・きな粉・ナッツ(くるみ・アーモンド・ピーナッツ・カシューナッツ等)
いつもの食事にパラリと少量かけるだけなら、リンやカリウムもそこまで気になりません。冷凍庫等で保存もきくのでとっても便利。
少し加えるだけで、風味が増したり、見た目にも食卓が華やかになりますよ。
特に無塩のミックスナッツがオススメ。砕いてサラダにトツピングしたり、すり胡麻のような感覚で白和えなどに加えたり、ヨーグルトにかけてもOK。

③薬味をチャッチャ(なるべく生のものを刻んで)
cdkと減塩

紫蘇・ねぎ・にんにく・生姜・わさび・三つ葉・パセリ・みょうが・柑橘(絞り汁や皮を刻んで)
細かく切って常備しておけば、いつものお料理に加えたり、下味をつけるときにも手軽に使えてGOOD。生姜やねぎ・パセリ等は、みじん切りして冷凍しておいてもよいですね。薬味の風味が加わるだけで食欲もそそり、減塩効果もありますよ。
チューブで売っている薬味には防腐剤などの添加物が入っている場合があるので、できれば生のものを。

☝いつもの納豆もチョイ足し作戦で大変身!

市販の納豆に付属のたれ(添加物が多いかも?)をかけるよりも…
①亜麻仁油ちょろり→②胡麻とかつお節パラパラ→③ねぎと生姜をチャッチャで、ほんのすこーしお醤油をたらせば、添加物も抑えられて減塩にもなり、なにより満足度も大きいですね。

☝2月にオススメなツボ『井穴(けいせつ)』

寒さのせいで、冬場は自律神経が乱れがちです。そんな時は爪の生え際(←写真の青い点)を揉んでみましょう。このツボを揉むと、副交感神経が刺激されてGOOD。指1本あたり10秒ほど揉んでみてくださいね。

両手10本全部揉んだら、小指のツボ(腎臓にはおすすめ)をもう一度念入りに。
ぜひ試してみてくださいね(^o^)/

(2020.2月号として配布したものです)

その薬本当に必要?腎臓病の人に紹介したい本

その薬本当に必要?
腎臓病の人に紹介したい本

——————————————–
【純炭粉末公式専門店】
店長たっくんメルマガ◆20200211◆

https://juntan.net/
——————————————–

おはようございます
店長のたっくんです!

今日は建国記念日の祝日
日本書紀で神武天皇が
即位した日に由来して
いるそう!

また、今年から新しく
2/23が天皇誕生日の
祝日になりましたね★

ちなみに12/23上皇様の
誕生日はどうなったのか…
今年のカレンダーを見ると
平日に戻っていました( ;∀;)
知らなかったー!

〜その薬本当に必要?〜
熊本にある病院にて
”薬やめる科”を作った医師
一歩先行く視点で書かれた
薬とは?病気とは?医療とは?
詳しくはこちら

〜品薄マスク対策〜
新型コロナウイルスや
インフルエンザの流行により
マスクが品薄で手に入らない!
そこで、ネットで今話題の
簡易マスクの作り方をご紹介
材料はキッチンペーパー
輪ゴム・ホッチキスだけ
詳しくはこちら

たっくんのダイエット
ニュース(^o^)/

最近はお豆の美味しさに
目覚めました!
いろんな豆を水でもどし
茹でてサラダやスープに
入れて楽しんでます。

固めに茹でればよく噛む
ので食べ過ぎも防止でき
心なしかお通じも力強い
感じです(笑)

お通じ改善したい方は
食事に豆を取り入れて
みてはいかがでしょう?

今週も引き続き
風邪には気を付けて
お過ごしくださいね!

■■純炭粉末公式専門店■■
https://juntan.net
〒920-0226
石川県金沢市粟崎町5-35-8
TEL:0120-090-218(平日9:00-17:00)
e-mail:info@juntan.net

運営:株式会社ダステック

メールマガジン配信停止を
ご希望の方はお手数ですが
info@juntan.netまで
『メルマガ不要』の旨と
『お名前』をご連絡ください

薬の9割はやめられる【書評】(難易度:初級)その1

こんにちは、ゆっきーです。
インターネットで見かけたこの本、日本初の「薬やめる科」を作った医師がどんな人なんだろうと思って買ってみました。

『薬の9割はやめられる』
著者:松田医院 和漢堂院長 松田史彦(発行:SBクリエイティブ)

以前のきよらブログ『6種類以上の処方薬、危険です!』でも、
「薬に頼り過ぎるのは逆に健康を損なう危険も秘めている」
と取り上げてきました。
※但し自己判断で薬を辞めるのは危険ですので、必ず医師や薬剤師に確認をしましょう※

著者である松田医師は6年前に世界で初めて”薬やめる科”を開設されたそうです。
ご本人の体験から「なぜあの患者さんはなかなか治らないんだろう?」一生懸命に治療しているのに効果が上がらない患者さんの事を考えていた時、「薬を沢山飲んでいるからかもしれない、薬が治療の邪魔をしているのかもしれない…」そう思いいたったそうです。

この本はこんな言葉から始まっています。
・薬は毒であり、薬が必要なこともあれば、薬が病気を作ることもある。
・薬に使われずにうまく使う事、ネットマスコミ医師から与えられた情報を鵜呑みにしない事。
・心と体の毒を出し、自らの治癒力を信じるべし。

こちらの本から腎臓病に役立ちそうな部分を少しだけ紹介したいと思います。
目次はこんな感じです↓
『第1章 薬が病気を作る~薬を飲む前に知っておきたい事~』
『第2章 その薬は今すぐやめられる~薬の副作用こそ問題~』
『第3章 減薬から断薬へ~一生飲み続けなければならない薬はほとんどない~』
『第4章 薬に頼らない薬やめる科の挑戦~代替療法を組み合わせた体質改善~』
『第5章 自分でできる薬やめる科~薬いらずの気持ちいい暮らし方~』

☞第1章 その薬本当に必要?

病院に行ったとき、医師が薬を処方してくれなかったらあなたはどう思いますか?不安になる?ヤブ医者?せっかく病院に行ったなら何か薬を出してほしい、そう思う人は多いのではないでしょうか。

☞病気を治すのは薬ではない!

現代の日本の医療では薬をもらうのが当たり前になってしまっていますが、薬が病気を治すのではありません。薬は治療の補助的なものであり本当に病気を治すのは”自分自身の中にある治癒力”なのです。
患者さんが何か症状を訴えたり、検査の数値が少しでも高ければ簡単に処方される薬、言われるがままに飲んでいても本当に良いのしょうか?

☞薬が不要な3つの理由
サプリメントを飲む許可を医師に求めるべきか
1つ目は明らかな病気ではないのに、飲んでいるケース。血圧やコレステロール、中性脂肪などの値は健康と診断される基準が余りにも厳しすぎるので、引っかかった人は容易に”病気”と診断されてしまいます。
2つ目は副作用があるから。
3つ目は摩訶不思議な現象(大人の事情ってやつですね)突然〇〇症候群、〇〇病といった新しい病気が提唱され、メディアに取り上げられ、それに合わせたかのように新しい薬が準備されているという現象。ここは製薬会社出身の弊社代表に聞いてみると…「私は本当に必要とされる薬(腎性貧血治療薬:エリスロポエチン,EPO,ESA)にのみ携わってきたので大人の事情は分からないな~」とのコメントでした。笑

☞高血圧は病気なのか?

なぜ血圧が高いと下げるように言われるのでしょうか。心筋梗塞や脳梗塞などの血管病を予防することが主な目的で、血圧が高いと命にかかわる病気になる危険がある…というのがタテマエです。
しかし、逆に『血圧が下がれば病気を防ぎ、健康で長生きできる』とは単純に言い切れません。ある大学の研究では長生きのお年寄り(100~108歳の方約150名)の自立度を調べたところ、最も自立度が高かったのがなんと血圧(収縮期)156~220のグループだったというから驚きです。また認知症の程度も血圧が高い人の方が軽かったという報告も出ています。

☞高齢になるほど血圧は必然的に上がる

年を取ると血管のしなやかさが損なわれ筋肉も落ちるので、勢いよく血液を流さないと全身に行き渡りません。その為、体が一生懸命血液を流すために血圧が上がるのです。ですので高齢で少しくらい血圧が高いのは病気ではない場合が多いそうです。逆に、薬で血圧が下がりすぎる方が危険なこともあります。純炭社長のブログでも紹介されていたように一過性の低血圧であっても腎臓に流れ込む血液量が減って急性腎不全のリスクが高まります。上の血圧(収縮期血圧)が110を切るようでしたら医師や薬剤師に相談してくださいね。

本編では血糖値やコレステロール、中性脂肪も同様の理由で薬を飲んでいる人が多いと紹介されていました。
ゆっきーもお電話にて「きよらを飲むタイミングについて」のお問合せを良く受けるのですが、みなさん朝昼晩と様々な薬を服用されている方が多いです。特に血圧の薬(降圧剤)はほぼ100%飲んでいるのでは?と思ってしまうほどです。

全ての薬が”悪”という訳では決してありませんが、「この薬はなぜ飲む必要があるのだろうか?」「この薬の副作用を負担してまで飲む必要はあるのだろうか?」という事を考える機会を持つことは大切なのではないかな?と思うゆっきーでした。

気になる方は本書を手に取って読んでみてくださいね。
今回は第1章しか紹介できなかったので、続きは次回お届けします(^o^)/

【純炭粉末公式専門店】は→こちら