正しくマスクを着けて腎機能をまもる方法

投稿日: カテゴリー ■腎臓病について, ■健康についての雑学

こんにちは。純炭社長の樋口です。

日本でも新型肺炎の二次感染・三次感染が見つかり、他人事ではなくなってきましたね。純炭社長が暮らす金沢駅周辺では、コンビニエンスストアからマスクが消えてしまいました(中国からの観光客が大量に購入していったのかも知れません)。腎移植を受けて免疫抑制剤を飲んでいる方からは「マスクや消毒薬が手に入らず、とても不安」というお声も聞こえてきます。

さて、新型肺炎も怖いのですが鼻から喉にかけての炎症(上気道炎:いわゆる風邪)によってクレアチニン値が上がってくることがあります。特に溶連菌による風邪症状の後に、10日前後の潜伏期間を経て血尿や蛋白尿、浮腫みが生じる急性糸球体腎炎という病気があるので要注意!

☞新型肺炎ウイルスや溶連菌から身を守る正しいマスクの使い方

情報源は「最新・信頼の健康・医療情報サイト、日経グッデイ」に掲載された「医師がやっている科学的に証明された”風対策”とは?」という記事。この記事はテレビの健康番組にもよく出演している大谷先生の著書から抜粋されているのですが、大谷先生は「医師になってから30年以上、ほとんど病気をしたことがない」というから驚きです。

☞新型肺炎ウイルスも溶連菌も感染経路は「飛沫感染」と「接触感染」

飛沫感染とは、感染している人のくしゃみや咳によって空気中に放出された飛沫を吸い込むことによって起こる感染で、だいたい1~2メートルの距離で感染するといわれています。

接触感染とは、感染している人の鼻汁や唾液に直接触れることでウイルスや菌が手に付着し、その手で自分の口や鼻を触ることで感染する経路です。

☞実に73%の人が間違ったマスクの使い方をしている!

マスクを正しく使うことで飛沫感染から身を守ったり、接触感染によって他人に病気をうつす危険性を減らすことができます。しかし、大谷先生曰く多くの人が正しくマスクを使いこなせていないというのです
↑ちなみにこの写真の状態は接触感染の可能性がありNGです(;^_^A

1.正しいサイズのマスクを選ぶ
マスクを買いに行くと「大人用」「女性用」とか「大きめ」「ふつう」「小さめ」など色々なサイズが売られています。飛沫感染を防ぐには、マスクで口と鼻をピッタリ覆う必要があるので、自分の顔の大きさに合うサイズを着けてください。
息苦しいと鼻を出しては全く効果がありません。鼻にあたる部分に針金状のパーツがついている場合には、鼻にフィットするようにマスクの上端を折り曲げて使ってください。メガネが曇るとお悩みの方は警視庁警備部災害対策課がツイートしている「メガネが曇らないマスクの着け方」をご紹介しますね(下の写真)。

2.マスクに触る前、着ける前に手を洗う
ウイルスや菌が付いた手でマスクに触ったら、ウイルスや菌だらけのマスクを口に着けることになります。マスクを着ける前には必ず手を洗ってください。

3.マスクのつけ外しはゴム紐の部分を持ち、フィルター部分は触らない。外した後も手を洗う。
マスクの表面(フィルター部分)には飛んできたウイルスや自分が出したウイルスが沢山ついていると考えてください。そこを触ってしまうと指にウイルスや菌が付着して感染の原因になってしまいます。マスクを着ける前も、外した後も手洗いを!

4.マスクは使い捨て!を徹底しましょう。
2日も同じマスクを使うなど言語道断!いったん外したマスクはそのまま捨てるくらいの「使い捨て」を心がけてください。

番外編
マスクの話題以外にも純炭社長が面白い!と思った大谷医師のエピソードをご紹介しますね。

・新幹線に乗るなら車両の一番後ろの窓際席(他人の飛沫を受けにくい)
・エレベーターのボタンは指先でなく指を折り曲げた間接部分でボタンの端を押す(不特定多数が触る部分についているウイルスや菌に触らないようにする)
・硬貨や紙幣を受け取らなくて済むようにキャッシュレス決済を活用する。
・銀行や役所においてあるボールペンでなくマイペンを持ち歩く。
・「風邪をひいたら風呂はダメ」はもう古い?(「風邪をひいたら風呂に入るな」というのは家風呂がなく銭湯に通っていた時代の話とのこと。湯冷めの心配がなければ熱があっても汗を流してベッドに入るのはOKだそうです。)
・「風邪をひいたら運動はダメ」はもう古い?(大谷先生は風邪のひきはじめにプールで5分だけ泳ぐそうです。軽い運動は免疫力がアップして症状が軽くなったり、回復が早まる可能性があるので、風邪のひきはじめに15~20分のウォーキングや軽いジョギングも良いとのことです。”病は気から”といいますから「風邪をひいてしまった~」と嘆くよりも「軽い運動で風邪を退治してやる!」という気持ちが大切なのかも知れませんね)。

【純炭粉末公式専門店】は→こちら

 

純炭社長

投稿者: 純炭社長

純炭粉末の(株)ダステック代表取締役社長。中外製薬で腎性貧血治療薬エリスロポエチン(ESA製剤)の創薬に携わった後に、ESA製剤が不必要になる世の中(すなわち腎臓病が無くなる世の中)を目指して47歳で起業しました。元金沢医科大学腎臓内科非常勤講師。ケトジェニックダイエットシニアアドバイザー・AGE研究協会認定講師でもあります。「出す」健康法で健康寿命を延ばすのが夢! 最近は「腎臓にやさしい純炭社長食堂」のシェフとしてサラメシも提供しています(笑)。

「正しくマスクを着けて腎機能をまもる方法」への2件のフィードバック

  1. 匿名(ブログに頂戴したコメントは原則として匿名で公開させていただいております) より:

    マスクの内側にティッシュ・・・やってみます!!!

    1. いつもコメントをいただきありがとうございます。
      とても励みになります。
      私も試してみましたが、確かにメガネがほとんど曇りませんでした。
      是非お試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください