アブラナ科のほろ苦い春野菜ノススメ!

投稿日: カテゴリー  ・腎臓病レシピ

こんにちはゆっきーです(*^▽^*)

早くも3月に入りましたね!
だんだん昼間は暖かい日も増えてきており、やっと寒い冬が終わるなぁと嬉しくなってきます。
ゆっきーはかなりの冷え性、寒がりでこの冬に会社の暖房が壊れたときはかなりの死活問題でした(*´Д`)笑

そんなこんなで、久しぶりの腎臓にやさしい純炭社長食堂はこちら!
アブラナ科の春野菜が今の旬!スーパーには菜の花や春キャベツなんかがそろそろ並びだすころですね。

さて、旬の食材の健康効果(コストパフォーマンスの良さ)は、何度かブログに書かせていただきました。

★★旬の野菜が腎臓にやさしいポイント★★
①栄養価が高い
②育ちもいいので肥料や農薬が少なくて済む
③その季節の人間の体に必要な栄養素が多い

などなど様々なメリットがあります。
また、『春には苦みを盛れ』ということわざがあるくらい、春野菜や山菜には独特のほろ苦い風味の食材が多いですね。
冬から春になるこの頃は、人間の体も新陳代謝が活発になり、冬にため込んでいた脂肪や老廃物を排出しなくてはなりません。
そこで、苦みのある旬の春野菜を食べることを純炭社長食堂ではオススメします!

今日の食材はコレ!

JAの直売所でスタッフえみりんが買ってきてくれました。
こちらのつぼみ菜はアブラナ科の一種です。
ゆっきーは初めて見ましたが、長細い芽キャベツみたいで、ブロッコリーの茎みたいな感じです。
切るとこんな感じ↓

コリコリとしていて生でも食べれますが、油との相性もよいとの事。

純炭社長食堂では半分は野菜スティック的に、一口大に切って生でサラダに添えて。
もう半分は5mmほどの厚さにスライスしてバターでソテーしました。

お味は、生で食べるとからし菜の一種というだけあって少しピリッとします♪
バターソテーにすると味の濃いほんのりほろ苦なブロッコリーの茎といった感じです(*^-^*)

アブラナ科の春野菜には独特のピリッとする辛みと苦みが含まれていますが、これは『イソチアネート』という成分で、非常に強い抗酸化力、抗鎮静作用があり、血管系やがんの死亡リスクが低下したというデータもあります。
他にアブラナ科の春の食材といえば、菜の花や春キャベツ、ブロッコリーなんかもおすすめです。

純炭社長食堂では、毎日両手に一杯分しっかり野菜を食べています♪いろんな食材を少しずつ取り入れるのもポイント★


旬の野菜にどんなものがあるかわからないという方は、ぜひ、道の駅や農産物の産直市場へ足を運んでみましょう。
季節をたのしみながら食事から栄養を摂ると体がなかから喜びますよ。

ぜひ試してみてくださいね♪

【純炭粉末公式専門店】は→こちら

ゆっきー

投稿者: ゆっきー

美味しいものを食べることと、山登りが趣味の”ゆっきー”です。 お電話で商品をご注文のお客様は”ゆっきー”が電話にて対応させていただいております!お電話注文ではかなりの確率で”ゆっきー”が出ます! お客様に安心してご購入いただくことを信条としていますのでご相談から世間話までお気軽にどうぞ♪ いつも元気と笑顔がモットーです( *´艸`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください