冬場のクレアチニン値上昇に注意!

投稿日: カテゴリー ●腎臓病について

こんにちはゆっきーです。
ドキッとするこのタイトル。。。

クレアチニン値の上がりやすい夏場が過ぎ、ホッとできる・・・
と思ったのもつかの間。
これからは寒くなり風邪などをひきやすい季節ですね。

冬場にもかかわらずクレアチニン値が上がってしまうこともあるってご存知ですか?
実は『風邪などの感染症が原因』と、論文にも書かれています(※1)

一般的に風邪とは、細菌やウイルスが上気道に感染した状態の事を言います。
風邪をひくと起こる症状(のどの痛み・せき・たん・鼻水・発熱・頭痛や関節痛など)はその細菌やウイルスから身を守る為の免疫の働きによります。
この為、軽度の感染だと症状が出ずに撃退できますが、免疫力が落ちていると症状は悪化してしまいます。

また、冬になると、空気が乾燥しウイルスが空気中に舞いやすくなり夏場より体内に侵入しやすくなります。空気が乾燥していると喉の粘膜のバリア機能が低下しさらに感染しやすくなります。

■風邪をひきやすい人はこんな特徴が!■

□体が冷えている
□ストレスをためやすい
□食生活が偏っている
□砂糖を過剰摂取している
□喫煙や飲酒の習慣がある
□運動不足である
□慢性的な疲労を抱えている

寒くなってきて不調を感じている人はウイルスにさらされて体が悲鳴をあげているのかも??

■風邪予防のコツ■

□感染を防ぐ(手洗い・うがい・マスク着用)
□乾燥を避ける(加湿器・マスク着用)
□十分な栄養を摂る(なるべくバランスの良い食事から)
□免疫力を上げる(ストレスを溜めない・十分な睡眠・笑う)

風邪のウイルスに感染してしまっても撃退するパワー(免疫力)を養っておけば軽い症状でおさえられますよ。
寒さで調子が悪いなーと感じたら、ゆっくりお風呂につかりぐっすり寝るというのも大事。
腸内環境が悪化していると免疫力がおちるので、発酵食品や食物繊維などを摂るものもオススメ。
また、意識的に笑うとNK細胞が活性化するので免疫力UPを見込めますよ。
寒くて外に出る気がしない日はお笑い番組なんかをみて大声で笑って過ごしてみてはいかがでしょうか。

■急に風邪を引いたとき、ココにも注意■

市販の風邪薬を安易に自己判断で飲んではいませんか?
腎臓に不安がある場合は『解熱鎮痛薬』などを服用する場合は注意が必要です。
※具体的な商品名・腎機能は下記リンク先を参照※
・腎障害における禁忌薬
・腎障害時の薬剤チェックリスト

ドラックストアには薬剤師さんがいますので、購入時は『腎機能に不安があるが飲んでも大丈夫か?』と必ず相談してから購入するようにしましょう。

ともかく、風邪を引かない様に予防することが大切ですね。
風邪のウイルスに負けないように元気に冬を乗り切りましょう♪

参考文献:(※1)https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0085253815478524

【純炭粉末公式専門店】は→こちら

ゆっきー

投稿者: ゆっきー

美味しいものを食べることと、山登りが趣味の”ゆっきー”です。 お電話で商品をご注文のお客様は”ゆっきー”が電話にて対応させていただいております!お電話注文ではかなりの確率で”ゆっきー”が出ます! お客様に安心してご購入いただくことを信条としていますのでご相談から世間話までお気軽にどうぞ♪ いつも元気と笑顔がモットーです( *´艸`)

「冬場のクレアチニン値上昇に注意!」への4件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です