⑦腎臓病の食事療法に励む日々

投稿日: カテゴリー ●腎臓病とのお付き合い(闘病記)

こんにちは!腎臓病歴38年の齋藤茂樹です。

前回のブログでは大学病院での食事療法を開始したお話をさせて頂きました。

腎臓病の食事療法を遂行するには、虎の巻として『腎臓病食品交換表』という本があります。

この本の特徴はタンパク質3gに含まれる食材の重量を一単位として献立に活かすというものでした。
(これと比較されるのが糖尿病の食事療法ですが、こちらは80キロカロリーを一単位として計算します。)

とにかく、腎臓病の食事療法ではタンパク質をコントロールすることが基本と言われ、あらゆる食材のタンパク質含有量を覚えなければなりませんでした。

例えば私の場合は一日当たり30gのタンパク質を摂取してよいと指導がありましたので、十単位分のタンパク質を計算して献立を立てるという感じです。始めたばかりのころはタンパク質3g当たりの肉や魚等を計量していましたが、慣れてくるうちに各食材の一単位分の量がイメージできるようになってきます。
そうなると外食の時にも困らなくなり、メニューの写真などがあればおおよそのタンパク質量の単位を読み取ることが出来るようになりました。

この様な感覚で食事療法を身につけた知識は、のちに陥る緊急透析からの28年にもわたる透析人生に大いに役立つものとなりました。

皆さんもぜひ透析前の食事療法を自分のものにされ、外食でも胸を張ってこなせるように頑張っていただきたいです。

こうして医師の指導の食事療法もすっかり身についた頃、友人から食事会の誘いをうけました。
(それまでは外食では食事療法を守れないので参加しないと決めていました。)
身についた知識が自信となり、友人たちと外食する際は堂々と『私は腎臓病で食事療法をしなければならない。自分が口にできる量は制限されているのでどうぞよろしく!』と前置きすらできるようになりました。

・・・しかしCr値3.0~3.5位(e-gfrで言うと15を切るくらい)になると慢性腎臓病は生易しいものではありませんでした。

私はこのような自らの食事療法実践体験を顧みると、腎臓病において腎不全という領域になるほど腎機能が低下した場合は、かなりしっかりとした食事療法を行わないとあっという間に悪化してしまうということも分かるようになりました。

もちろん、調子に乗って外食や宴会等に参加した場合は、やはり腎臓にはかなりのダメージを与える結果となりました。

食事療法のおかげで数年は検査結果の数値も維持できていましたが、しばらくすると、またじわじわと上がる結果(3.6~3.7)となってしまいました。

さて、あなたなら、医師の言いつけを守って生活していたにもかかわらず数値が悪化してしまったらどうしますか?
食事療法もきちんと守り、地域で一番大きな病院に長い待ち時間をかけて通ったのに
それでも数値が悪化してしまった・・・

わたしは次第にこう考えるようになりました。
家族の協力のもと一生懸命に取り組んでいたにもかかわらず徐々に悪化。
この医師の指導以外になにか手はあるのではないか?

結果わたしは現代医療(薬や食事療法)に期待できなくても他に手立てがあるはずだと次々と代替え療法を試すようになっていきました。

バックナンバーはこちら
→⑥大学病院の栄養指導により食事療法を開始

【純炭粉末公式専門店】は→こちら

ゆっきー

投稿者: ゆっきー

美味しいものを食べることと、山登りが趣味の”ゆっきー”です。 お電話で商品をご注文のお客様は”ゆっきー”が電話にて対応させていただいております!お電話注文ではかなりの確率で”ゆっきー”が出ます! お客様に安心してご購入いただくことを信条としていますのでご相談から世間話までお気軽にどうぞ♪ いつも元気と笑顔がモットーです( *´艸`)

「⑦腎臓病の食事療法に励む日々」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です