水分の摂取量ってどう数えるの?

投稿日: カテゴリー ◎よくある質問

こんにちは、純炭社長の樋口です。
お客様から水分摂取量に関してご質問をいただきました。

質問内容】
1日の飲水量は1~2Lが目安と書かれていましたし、以前この事は管理栄養士からも聞いています。
ですので、現在、2L 目安に飲んでいます。

ただ、 一つ不安に思っていることがあります。

2Lの中には、
・薬を飲むときの水
・味噌汁やスープを飲むときの水
・カロリー補給や鉄分補給のために飲んでいるお湯やドリンクなども含めて良いのでしょうか?

水分は不足も過剰も良くないと思っているものですから、こんな質問をさせていただきました。

【回答】
水分摂取量の件ですが、結論から書かせていただくと、
1)食事の際の水分は計算に入れないで下さい。
2)カロリー補給や鉄分補給のドリンクは含めて良いですが、カフェインが入っている場合は除外して下さい。

一般的には人間は1日に2.5 L程度の水を尿や汗などで失います。
一方、食事から約1 Lの水分が補われ、体内でも約0.3 Lの水が作られます。
したがって、最低でも1.2 Lの水を食事以外から補給する必要があります。
(食事の内容や回数によって水分補給量は違ってきます)

コーヒー、紅茶、緑茶など、カフェインを含む飲料は利尿作用で水を失う原因になるので、
計算には入れずに、水や白湯、麦茶などでこまめな水分補給を心掛けて下さい。

余談になりますが、1日にコーヒーを4杯以上のむと死亡リスクが低下するという結果が報告されています。
死因別では、心臓病・呼吸器疾患・脳卒中・糖尿病・感染症などの死亡リスクを低下させるばかりか、驚くべきことに外傷や事故といった病気以外の死亡リスクまでも低下させると言うのです。

慢性腎臓病でもコーヒー摂取が死亡リスクを低下させるという報告があります。

この作用はインスタントコーヒーやカフェインレスコーヒーでも認められることから、カフェインが効いているのではなく、コーヒーに含まれるクロロゲン酸などのポリフェノール類による効果だと考えられています。

ただし、前述したようにカフェインを含むコーヒーには利用作用があって尿として水分が失われてしまうので、少なくともコーヒーの2倍の量の水を補った方がよいと思います。

今年は全国的に猛暑(というか酷暑)が続いておりますので、脱水は腎臓病だけではなく命取りになりかねません。

しっかり対策をして体調管理に気を付けていきましょう。

【純炭粉末公式専門店】は→こちら

ゆっきー

投稿者: ゆっきー

美味しいものを食べることと、山登りが趣味の”ゆっきー”です。 お電話で商品をご注文のお客様は”ゆっきー”が電話にて対応させていただいております!お電話注文ではかなりの確率で”ゆっきー”が出ます! お客様に安心してご購入いただくことを信条としていますのでご相談から世間話までお気軽にどうぞ♪ いつも元気と笑顔がモットーです( *´艸`)

「水分の摂取量ってどう数えるの?」への2件のフィードバック

  1. 腎不全患者です。月1回病院主催の腎臓病勉強会が開催されて大変有難いです。コーヒーはカリューム値が高く我慢をして飲んでいません。特に私は心臓病の人工弁の手術もしています。本当に飲んでも良いのでしょうか?

    1. 飯田様
      コメントありがとうございます。
      血清カリウム値が上昇していてカリウムの摂取制限があるかたはコーヒーは避けた方がよいと思います。
      慢性腎臓病のステージにもよりますが1日のカリウム摂取量は2000~1500 mg以下。
      ドリップコーヒー150 mLのカリウム量は約98 mg、インスタントコーヒーの場合は2グラムを150 mLのお湯に溶かすと72 mgなので、カリウム制限がある方はインスタントコーヒーの方が良さそうですね。
      インスタントコーヒーでも死亡リスクは低下するようです。
      ただし、缶コーヒーなどのコーヒー飲料はカリウムもリンも多いので要注意ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です