なぜ自己流の糖質制限では体重が減らなかったのか?ケト検受講で判明!

投稿日: カテゴリー  ・糖質制限

こんにちはゆっきーです。
今週はこっそり木曜日に更新です。今日のブログは前回の続きのお話・・・・

なぜ糖質制限をしているのに体重が減らないのか?ゆっきーがダイエットをしていると聞いてほかのスタッフも筋トレを一緒にしてくれました。
※プランクという体幹を鍛える筋トレ中です(なお、一人途中で脱落・・・笑)
筋トレ画像.jpg

その疑問を解決すべく
『日本ファンクナショナルダイエット協会』にて”ケトジェニックダイエットアドバイザー養成講座”を受講してきました。

ケト検教本2.jpg

これはお客様からの健康に対する質問により正確な情報をもって応対させていただく為、スタッフ皆でアドバイザーの認定取得に取り組んでいるものです(*^^*)

朝からみっちりと座学で約6時間、理論や基礎知識の講義を受けてきました。

それによると・・・・
やはり摂取すべき栄養素が足りていないという事実が判明しました。

圧倒的にたんぱく質量が足りていませんでした。
(あと食物繊維も・・・)

そこで、仕切り直しをして講義から17日間しっかりとケトジェニックダイエットを実践していきます。しっかりと結果を記したレポートを提出しないとアドバイザー認定取得には至りません(´・ω・`)

目標摂取量
★タンパク質・・・・64g以上
(体重1kg当たり1.2gにて計算)

★食物繊維・・・・・20g以上

Y子は今日で実践4日目ですが思った以上に大変です( ;∀;)

一日分の食事.JPG
←これはある一日に食べた量です。
朝はヨーグルトと野菜チアシードたっぷりスムージー昼は山盛りのサラダ・ゆで卵めかぶ・からあげ、おやつにミックスナッツ、夜はファミレスでハンバーグ・・・これでお食事を終わろうと思ったら、、たんぱく質量があと20g程足りず
チキン南蛮を追加!!目標摂取量を取るのに相当お腹いっぱいになります。3食に分けないと胃が苦しくて目標摂取量が達成できないくらいです( ;∀;)

たんぱく質66gとは実際の肉、魚、大豆などで
摂取する場合、約5倍の重さの量を食べなければ
クリアできません。

この日は
ヨーグルト100g(たんぱく質5g)
から揚げ120g(14.3g)
大豆60g(7.8g)
ゆでたまご60g(6.2g)
ハンバーグ120g(15g)
チキン南蛮140g(16.4g)

・・・・・計64.7g

こんなにたくさん食べてやっとやっと目標値です。

また、こんな日も。
夕飯の終了時点で一日分を計算したら全然たんぱく質量が足りず食後に、納豆とプロテインドリンク(無糖)を無理やり摂取した日もありました。(三食バランスよくが理想です・・・泣)

今までY子が実践していた気になっていた、食事から炭水化物(主食)をぬいてちょっとだけサラダとおかずを多めに食べていたなんちゃって糖質制限では全く必要な栄養素が足りていなかったようです。

こんなに食べまくっていて果たして痩せるのか!?2週間後にレポートします!

お助けマンのチアシード.jpg

↑おまけ
チアシード1.7kg入りをコストコで買ってきました。チアシードは食物繊維がかなり豊富で優秀食材です!※100gあたり33.2gが食物繊維

一日の目標値の20gに届かない!!そんなときはこのチアシードが心強い味方です!笑

 

 

2019.5.14-追記

ゆっきーは糖質制限でタンパク質を増量し、食物繊維を増やしても結果痩せませんでした。

今になって思えば、糖質制限で痩せられるタイプとそうじゃないタイプがいると思います。
なぜ痩せないのか?糖質制限の弊害や失敗談などはないのか、当時は調べまくりました。
やはり、糖質制限をした方がいい人、しない方がいい人、向き不向きの個人差があるようです。
逆に健康を害してしまったり、血糖値のコントロールが逆にうまくいかなくなってしまう等の弊害もあるそう。
(糖尿病やその予備軍、高血糖の方は糖質制限をした方がいい人もいると思います。)

↑詳しくはこちらの本にも糖質制限がうまくいかない人という事が詳しく書かれていますので参考にしてみてください。

また、瘦せたいと囚われるあまり、食事を楽しめずストレスが溜まって精神衛生上も不健康な時期でした。
というわけでゆっきーの糖質制限チャレンジは失敗に終わったのですが、今は、なるべく添加物や加工食品を避けて、体が喜ぶものを食べるようにしようという事です。
(あとは、よく噛んで、しっかり水を飲む、腸内環境を整える)・・・まぁ、痩せてはいないんですけれど、ある程度心が健康であればそれはそれでいいのかなあと思うようになりました。

また、最近ではカロリー神話の崩壊も言われています。
※消化吸収される効率も個人差があり、同じ栄養素を摂っても加熱方法や調理方法によっても人によって体内での吸収率が変わってくるという話

日々、こういった情報は新しいものが出てくるので、常にアンテナをはって情報収集をしつつ、自分の体は食べたものから出来ているという事を意識していきたいと思います。

【純炭粉末公式専門店】は→こちら

dastec

投稿者: dastec

純炭粉末を製造販売している(株)ダステックの公式アカウントです。 「めざしたのは世界一安全な食用炭」 高純度結晶セルロース(食物繊維)を特許取得の非賦活化焼成法で炭化しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください