旬の春野菜でケトジェニックスープ作り♪

投稿日: カテゴリー 【ダステックってどんな会社?】

こんにちはゆっきーです。
数年前から流行っている糖質制限ですが、いろいろなやり方や派閥(?)がありますね。

・スーパー糖質制限(江部先生が提唱、糖尿病治療の為のもの)
・MEC食(渡辺先生の提唱、肉・卵・チーズをメインに食べる等)
・ケトジェニックダイエット(白澤先生が提唱、ケトン体を出す事が目的のもの)

などなど、(他にも糖質制限に取り組まれている先生は色々おられますが)いろんなやり方があるので、自分にあったものを探していくという事も大切かもしれませんね。
※ただし極端な糖質制限はデメリットもあるので、しっかり自己管理しながら行いましょう。体質的に合わない場合もありますので注意が必要です!

さて、ダステックでは白澤先生の提唱するケトジェニックダイエットアドバイザーの資格をとるため、受講後の実践を会社をあげて行っています。
ケトジェニックダイエットでは食物繊維摂取量とタンパク質摂取量をかなり厳格に守らなくてはなりません(あとミネラル等も)

野菜から規定量の食物繊維を摂るのは至難の業で、サラダどんぶりで何杯食べなきゃいけないのー??という悲鳴が。。。汗
そこで、先日会社で購入したバイタミックスでやさいたっぷり入ったスープを作ることにしてみました♪
取れたてのアスパラで.JPG

こちらは実家の父が栽培した
採れたてアスパラです!

下の方の固い部分を落として
適当な長さに切り
塩茹でして下ごしらえです!

オメガ3ナッツ.jpg
せっかく作るなら健康によい食材を
色々入れたい!
欲張りなY子は考えました。

最近健康オタク熱が急上昇中!
コストコで見つけたその名も
”オメガ3ナッツミックス”

バイタミックスは強力粉砕してくれる
スペシャルなミキサーとのことなので
隠し味と美容効果を期待してナッツも入れました♪

ベジブロスとは?.jpgセロリの葉に含まれる”アイピン”という香り成分は
ファイトケミカルと呼ばれ最近注目の健康によい成分だそう
AGEを抑える効果も期待できるそうです。
(また、アイピンには精神を落ち着かせる効果があるそうですよ)

←AGE攻略レシピ(AGE研究協会)のベジブロスの項に
掲載がありました♪

というわけで、セロリの皮・葉も無駄なく
スープに投入です!

材料と手順①.JPG
そして材料はこちら
アスパラ・セロリ・コンソメ
エシャロット(小さめの玉ねぎでOK)
バター・無調整豆乳・塩コショウ・水・エイジバリア

糖質制限ニストも安心な食材ラインナップ★

エシャロットとセロリはみじん切りにしてバターで炒めます。

火を止めた状態で材料をフライパンに入れ、
弱火でゆっくり炒めることで、高温で炒めるより
AGEの生成が抑えられますよ。

水とコンソメを入れて煮込む.JPG
そして水とコンソメをいれ
しばし煮込みます。

塩コショウで味を調えてくださいね♪

このまま食べてもおいしそうですが・・・
今回はどうしてもバイタミックスを
使ったレシピにしたいのです!!!

手順②.JPG

そして、オメガ3ナッツを投入!
野菜とスープも投入!
無調整豆乳も投入!
(調整豆乳より無調整派!
余分なものが入っていないものを選びたいです)

そしてスイッチON★
さすがバイタミックス!
2分ほど回すとクリーミーに泡立った
なめらかなスープが完成です!
ナッツは影も形も残っていません!

ビジュアル系に.JPGビジュアル系アスパラのポタージュです.JPG

さらにY子のひと手間!
弊社の顆粒タイプの純炭サプリ”エイジバリアを使って
マーブル模様のスープにドレスアップしました★

インスタアップ後美味しく頂きました.JPG顆粒タイプのサプリなら、
お料理にも使えて癖もなく
美味しくいただけますよ♪

Y子はこのビジュアル系スープを
エイジバリア公式インスタグラムへ
アップしました♪

いつものお料理もAGEを抑える工夫をしたり
純炭サプリで遊び心を加えたり・・・(*^^*)

←アップ後は美味しくスタッフみんなで頂きました♪

バイタミックスでは今度は何を作ろうかな?
ダステックの畑でも夏野菜を栽培中なので、
会社のランチタイムが楽しくなりそうな予感です(*^^*)

糖質制限は腸内環境やAGEをを気にしながら行いましょう。
ケトジェニックのお供といえばコレ【純炭粉末公式専門店】は→こちら

dastec

投稿者: dastec

純炭粉末を製造販売している(株)ダステックの公式アカウントです。 「めざしたのは世界一安全な食用炭」 高純度結晶セルロース(食物繊維)を特許取得の非賦活化焼成法で炭化しています。

「旬の春野菜でケトジェニックスープ作り♪」への2件のフィードバック

  1. アスパラガスは生だと糖質低めですが、茹でたり焼いたりすると糖質が20倍に上がります。

    1. 通りすがり 様
      コメントありがとうございます。
      インターネットで検索したところ「油で炒めたアスパラガスは生に比べて糖質量が10倍高い」と書かれているブログの存在は確認できました。
      しかし、文部科学省が発表している日本食品標準成分表2015年版を調べてみたところ、可食部100グラム当たりの利用可能炭水化物(単糖当量=ブドウ糖相当量という意味だと思います)は、
      生:2.1 g
      ゆで:2.3 g
      油いため:2.3 g
      水煮缶:2.3 g
      と記載されており、調理によって糖質が増加するとのデータは見当たりませんでした。
      https://www.mext.go.jp/component/a_menu/science/detail/__icsFiles/afieldfile/2016/11/30/1365343_1-0206r8_1.pdf

      また、日本食品標準成分表2015年版の別表「調理後の食品と同一試料の生等の成分値(参考値)」には、
      生のナスの炭水化物量は4.5 gに対して、天ぷらにしたナスでは12.0 gに上がるとのデータが記載されています(天ぷらの衣は除外していると思います。あるいは素揚げという意味?)。
      https://www.mext.go.jp/component/a_menu/science/detail/__icsFiles/afieldfile/2016/03/14/1365343_1-0219r.pdf
      これを見ると、調理法によって糖質量が変化するように見えますが、実はトリックがあります。
      栄養成分表示の分析において炭水化物は測定されていません。
      では、どうして数値が出てくるのか?というと、以下の計算式で導き出されるのです。
      炭水化物量(差し引き法)=100 g-(水分+たんぱく質+脂質+灰分)g
      ナス100 gを油で揚げると水分が約22 g蒸発します(逆に脂質は13.8 g増えます)。
      水分量や脂質量が変化することによって炭水化物量は大きく変化し、食物繊維量(こちらは分析値として出します)はほとんど変化しないため、炭水化物量-食物繊維量=糖質量で導き出される糖質量が変化しているように見えるのです。
      したがって、アスパラガス1本の糖質量は本質的には料理方法によって大きく変わることは無いと考えます。

      ちなみに、糖化物質量(AGE量)は違います。
      蒸すと約2.3倍、強火で炒める(油なし)と約4.4倍、直火で焼くと約7倍に増加すると言われています(出典:一般社団法人AGE研究協会発行、数字でわかる老けない食事 AGEデータブック)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください