読むデトックスvol.1~透析を受けずに人生を楽しむ3つの方法~

こんにちはゆっきーです。
定期購入の方限定でプレゼントしていた『読むデトックスvol.1~透析を受けずに人生を楽しむ3つの方法~』が定期購入をしなくてもお求めいただけるようになりました。


『私の患者は透析にさせない』という透析にしない治療を実践されている腎臓病内科の第一人者、佐中孜先生に最新の知見を取材しました。
そもそもいい医者ってどんな医者なんだろう?
腎臓病とはどうやって付き合っていったらいいんだろう?
忙しそうな主治医にはなかなか聞けない、そんな悩みを対談形式で解決します。

読むデトックスvol.1
透析を受けずに人生を楽しむ3つの方法

~第1部・ヤブ医者~

特効薬のない慢性腎臓病は医者の診たて(サジ加減)が最重要です。
患者にとっては生命線となるいい腎臓専門医はどうやって選べばいいのでしょう。ここで同業者佐中先生のアドバイスが「何が何でも自分の患者は透析にしないという強い信念をもった医者を選ぶことではないか」そう教えてくれました。
簡単に言えば、こんな施設の病院、治療方針の説明がこんな医者、このあたりがヤブ医者を見破るポイントだそう。
(詳しくは本書をお手に取ってご覧ください)


~第2章・ライフスタイル(食事)~
適切なサジ加減だと、食事療法はどうすればいいのでしょう。
老廃物を捨て体をきれいにするための臓器である腎臓が皮肉にも老廃物で壊れてしまう。だから体に腎臓を悪くする毒素をたまらなくする解毒療法が必要となるのです。
一言で言えば低たんぱく食というよりこの方法で、わたしは透析に入らせないために指導しています。ステレオタイプな指導しかできないヤブ医者や栄養士にかかってしまうと、かえって低たんぱく食が仇となってしまう場合もあります。
治る慢性腎臓病だってあります。これは慰めでもはったりでもない事実です。腎臓に関係のある異常があれば一度だけでいいので腎臓専門医の門を叩いてみてください。


~第3章・生活を楽しむ~
では、そんな佐中先生はどんな健康法や食事方法を実践しているのでしょうか?
副交感神経を優位にして、意識して笑う、あったまるのがポイントだと教えてくれました。
実は、佐中先生も遺伝的に糖尿病家系だそう。昔は多忙のあまり、医者の不養生といわんばかりの体だったと言います。ところが人生を楽しみながら摂生に努め、適正にコントロールしているそうです。
腎臓病を治すために人生を費やすのではなく、人生を楽しむために腎臓病と如何に付き合うか、それが腎臓病を好転させる糸口なのかもしれません。

・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*

詳しくは本書にてご覧ください。
本書を読んで、ぜひ佐中先生の診たて(サジ加減)で治療をしてほしいとお問い合わせもあります。実際お客様のなかで佐中先生の受診を受けに行かれる方もいらっしゃいます。

もし、佐中先生に診てもらいという方は
『メディカルプラザ市川駅』とネットで調べてみてください。

ご購入はこちら
読むデトックスvol.1(佐中先生対談集)
読むデトックスvol.1~3(3冊セット)

【純炭粉末公式専門店】は→こちら

腎臓病の人必見! 読むデトックスの続編が発売開始!

腎臓病の人必見!
読むデトックスの続編が
発売開始!

——————————————–
【純炭粉末公式専門店】
店長たっくんメルマガ◆20200114◆

https://juntan.net/
——————————————–

おはようございます
店長のたっくんです(*^^*)

長かったお正月休みも
あっという間に過ぎ去り
早くも1月も半ばに差し
掛かっていますね!

店長たっくんは宣言通り
ダイエットを開始(‘◇’)ゞ
↑いつまで続くカナ?

〜待望の続編発売〜
定期購入の方限定特典だった
『読むデトックス』
〜透析を防ぐためには?〜の
続編(AGE編)がついに登場。
内容が気になるあなたへ
こっそりとご紹介します!

〜純炭社長コラム〜
ここで一息!
年始で疲れた頭と心に
社長がおもしろブログを
書いてくれましたよ!
おもわずへぇ〜な雑学!?
詳しくはこちら

店長ダイエット計画は
①おやつを辞める
②炭水化物を減らす
の二本立てからスタート

やっぱり運動もしなきゃ
いけないなぁと思ってます。
(でも寒いから・・・泣)

たっくんのダイエット報告
しばらくお付き合いください
ますと幸いですm(__)m
(応援してね(^o^)/笑)

■■純炭粉末公式専門店■■
https://juntan.net
〒920-0226
石川県金沢市粟崎町5-35-8
TEL:0120-090-218(平日9:00-17:00)
e-mail:info@juntan.net

運営:株式会社ダステック

メールマガジン配信停止を
ご希望の方はお手数ですが
info@juntan.netまで
『メルマガ不要』の旨と
『お名前』をご連絡ください。

腎臓に不安な人必見!読むデトックスの続編が発売開始しました!

こんにちはゆっきーです!
いままで定期購入お申込みのお客様限定でプレゼントしていた読むデトックス(佐中先生との対談集)ですが、ついに続編が発売になりました!

今回の読むデトックスはAGE編!
AGE研究の第一人者である山岸昌一先生にぶっちゃけ話を聞いてきました。論文を読み漁って知識豊富な山岸先生への取材は、お客様へお伝えしたい話題満載だったので、「基礎編(vol2)」と「応用編(vol.3)」の2冊にまとめました。

さっそく今回は基礎編のvol.2の冒頭部分をご紹介いたします★

読むデトックスvol.2
糖化を防いで透析を防ぐ3つのアプローチ(基礎編)

~Aの章~
「酸化」じゃない、「糖化」に気を付けろ。
いまから100年前、血液透析技術が発明されるまで、腎臓病は死の病でした。やがて、腎臓が機能を失っても透析によって生きていけるようになりました。
しかし、最近じわじわと増えている”原因不明の腎機能低下”の一因はAGEなのではないか、そんな研究が進んできています。恐ろしいことに透析導入患者の約13%は腎臓が悪くなった原因が不明なのです。
弊社では「AGE・無機リン・食品添加物のとりすぎ・食物繊維不足などが原因ではないか?」という仮説を持っています。


~Gの章~
自分の体は自分でまもれ。
ある日、ドライな口調で医者にこう告げられます。
「クレアチニン値が高い、腎機能が低下している」
でも、医者は忙しそうで聞きたいことも聞けないし、栄養士の指導も疑心暗鬼になってしまう。ネットで調べたり本を読んでも、何がホントかウソか判断できない。
そう悩んでいるのはあなただけではありません。ダステックではあふれる情報の洪水に流されず、羅針盤となるホントの知見を専門家に聞いてきました。
お医者さんが言っちゃいけない(?)糖尿病を5年早く捕まえる方法も大暴露です。


~Eの章~
結局AGEって何?
読み方は「アゲ」でも「エイジ」でもありません。正しくは「エージーイー」と読みます。
きよら通信やダステックのブログでは度々登場していますが、まだ一般的には広く知られていないのが現状です。この知名度の低さが、AGEの健康被害に拍車をかけているといっても過言ではありません。
気づかぬうちにAGEのダメージは蓄積していっているのです。
AGEが体内に溜まるルートは2通り、これを把握して対処すれば、老化の速度を食い止められます。

・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*・‥…─*

詳しくは本編にてぜひご覧ください。
だれにでもわかりやすくまとめてあるので、腎臓が不安な人も、そうでない人も、AGEから体を守る知識を身につけましょう。
また、息抜きとして純炭社長の面白コラムもお楽しみください。こちらは日々の食生活にすぐに実践できる内容となっています。

ご購入はこちら
今年から、定期購入の方限定の読むデトックスvol.1もご購入いただけるようになりました。”1-3の3冊セット”または”2&3の2冊セット”なら送料無料でお得です!
読むデトックス3冊セット
読むデトックス2&3の2冊セット

【純炭粉末公式専門店】は→こちら

 

 

 

腎臓とは関係ありませんが、スピード狂の医者は何科が多い?(笑)

令和2年初登場の純炭社長こと樋口です。
ちょっと遅くなりましたが明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

さて、年末年始を忙しく過ごし、且つ、食べ過ぎ飲み過ぎで胃腸がつかれている方も多いと思いますので、新年初回ブログは面白ネタで始めたいと思います。

==

問題1:極端なスピード違反で捕まる医者、高級車でスピード違反しちゃう医者はいったい何科?

正解:30 km/h超の極端なスピード違反で捕まりやすいのは精神科医、高級車でスピードを出し過ぎちゃうのは循環器科医。

解説:冗談のような本研究は、世界5大医学誌の一つとも言われるブリティッシュ・メディカル・ジャーナルに掲載された研究結果なのです。アメリカのフロリダ州でスピード違反で捕まった医師5,372人(平均年齢48.9歳、女性16.9%)について調べた結果、制限速度よりも30 km/h以上の超スピード違反で捕まったのは精神科がトップ、高級ドイツ車やイタリア製スポーツカーなどに乗っていてスピード違反で捕まっちゃうのは循環器科医がトップだったとのこと。ちなみに高級車保有率が低いのは、救命医・小児科医・一般外科医・精神科医なんだそうです。精神科医はどんな車種でかっ飛んでいるのか気になります(笑)。
日本で同じ調査をしたらどんな結果になるんでしょうね。(出典:メディカルトリビューンweb版2019年12月24日記事)

==

問題2:良く眠る良い子(?)を生むために妊娠中に食べた方が良いのは次のどれ?
A:味噌汁、B:ヨーグルト、C:チーズ、D:納豆

正解:A:味噌汁

解説:富山大学大学院公衆衛生学講座の杉森成美先生が約7万2000組に母児で検討した結果、妊娠中に味噌汁の摂取量が多かった母親から生まれた子供は、少なかった母親から生まれた子供に比べて、1歳時点で睡眠不足となる割合が少なかったとのことです。ちなみに、ヨーグルト・チーズ・納豆では摂取量と睡眠不足の間に関連はなかったそうです。(出典:メディカルトリビューンweb版2019年10月28日記事)

==

問題3:早産を防ぐための食べた方が良いのは次のどれ?
A:味噌汁、B:ヨーグルト、C:納豆

正解:ぜんぶ◎ですが、味噌汁が良さそう

解説:この研究も富山大学(産科婦人科)からの報告です。約7万8000人の妊婦さんで検討した結果、妊娠前から味噌汁・ヨーグルト・納豆といった発酵食品を摂っていると早期早産を減らすことができるらしいとのこと。
味噌汁の場合、週1回以下しか味噌汁を飲まない妊婦さんに比べて早期早産のリスクが、「週1~2日」で約42%減、「週3~4日」で約31%減、「週5日以上」で38%減。面白いことに週に1日の味噌汁摂取で良く、沢山味噌汁を飲めば良いという訳ではない点に注目です。
ヨーグルトの場合には「ほとんど食べない」女性に比べて「週5回以上」で38%減、納豆は「週3回以上」で40%減。ヨーグルトと納豆は、それなりに回数を食べ続ける必要がありそうです。
注意点として、妊娠34~36週の後期早産には3食品摂取との関連は無いこと、妊娠後の摂取では早産の予防効果はないとのことなので、日ごろからの摂取を心がけてくださいね。(出典:メディカルトリビューンweb版2019年5月23日記事)

==

いかがでしたか?
第1問目は医療関係のお客様、第2~3問目は年頃のお嬢様やお孫さんをお持ちのお客様を頭に思い浮かべながら書いてみました。
本年も自らの体で試した実験結果や皆様からのご質問などを素にして情報発信していく所存なので、「あんなこと書いて」「こんなことも書いて」といったご要望をお待ちしております。
ご要望はこちらのフォームまで!

令和2年が皆様にとって素敵な1年になりますことを心からお祈りしています。
そういえば純炭社長はねずみ年なので今年は年男でした(笑)。

いつもこんな感じで電話相談に対応しております↑

【純炭粉末公式専門店】は→こちら