糖尿病の心血管病リスクによいスーパーフードとは!?

糖尿病の心血管病リスクによいスーパーフードとは!?
——————————————–
【純炭粉末公式専門店】
店長たっくんメルマガ◆20190319号◆

https://juntan.net/
——————————————–

おはようございます、たっくんです(‘◇’)ゞ
寒の戻りでひんやりとした週末でしたが、体調など崩しておられませんか?

もうすぐ桜が花開くシーズン♪
今年は暖冬の影響で開花が早く、九州や東海あたりではもう開花している地域もあるみたいですね!

~糖尿病の心血管病リスク~
糖尿病で腎機能も悪い方は必見!血管がボロボロになる前に・・・
このスーパーフードを食べるほど心血管病で亡くなる確率が下がるとの興味深い研究結果が!
詳しくはこちらのブログ

~薬に頼らず花粉症に対抗~
花粉症に有用な栄養素を摂ると、症状が軽減したという研究データが!
なるべく薬に頼りたくないな。。。この時期意識して摂りたい食品って?
詳しくはこちらのブログ

今週も最後までお読みいただきありがとうございます。

春は環境の変化によるストレスが知らず知らずのうちに溜まってしまい、急にダウンしてしまうことも・・・・・

少し疲れやだるさを感じたときは、『無理せずしっかり栄養をとりよく休む』
これが、体調管理のコツですよ。

新歓迎会などのお出かけの際は、きよらをお供にお連れくださいね★

■■純炭粉末公式専門店■■
https://juntan.net
〒920-0226
石川県金沢市粟崎町5-35-8
TEL:0120-090-218(平日9:00-17:00)
e-mail:info@juntan.net

運営:株式会社ダステック

メールマガジン配信停止をご希望の方は、お手数ですがinfo@juntan.netまで
『メルマガ不要』の旨と『お名前』をご連絡ください。

薬に頼らず花粉症に対抗できるか!?

こんにちは!
ここ最近、原因不明の肌のかゆみから皮膚科へ行ったら『フェキソフェナジン錠(通称アレグラ)』を処方され飲みだしたゆっきーです(*´Д`)
今のところ肌のかゆみの原因が花粉とは言われていませんが・・・
もしかして私も花粉症デビュー??と心配になり調べてみました。

そもそも、花粉症とは
1.花粉(などの異物)が体内に侵入

2.花粉に対抗するための抗体(IgE抗体)が体内で作られる

3.抗体に反応してヒスタミンという化学伝達物質が分泌される
(患部の疾患を治そうと血管内から白血球が集まり病変から体を守ろうとしている)

4.花粉から身を守る為にくしゃみ・はなみず・かゆみ等がでる。
が、これらの免疫反応が過剰になって、人体に都合が悪い状態をアレルギーと呼びます。
これが花粉症!

花粉症はいまや国民病ともいわれており、1960年代からわずか50年ほどで激増した病気です。
スギ花粉以外の花粉でも起こり、以下の点も原因と言われています。
・都会の方が多く発症(排気ガスなどの大気汚染物質、舗装された道路では花粉が再び舞い上がる)
・食生活の変化(高たんぱく、高脂肪の食事が一因)
・不規則な生活リズムやストレス

ゆっきーの肌のかゆみは何らかの原因(もしかしたら花粉?今のところ原因不明)でヒスタミンが過剰分泌されてしまい、肌にかゆみがでている状態です。
この薬が切れると、とにかく顔が赤く腫れてかゆい・・・( ;∀;)
副作用はさることながら、今のところフェキソフェナジンに頼ることになりました。
ここ最近の抗ヒスタミン剤(アレグラなど)などの薬は第二世代と呼ばれ、先に開発された薬よりも眠気などの副作用が少ないのが特徴です。ただし効き目も穏やか。

ちなみに、腎機能に不安がある方は、健康な人よりも長く(1.5倍)効果が持続する可能性があるので、ドラックストアで買う場合は服用量などは薬剤師さんに相談したほうがよさそうです☝

とはいえ、なるべく薬に頼らず(薬には何らかの副作用が必ずあるので・・・)花粉症などのアレルギー症状をおさえられればと思い悪あがきしたいゆっきー((+_+))
何かいい方法はないのかな??と新しい研究結果等も含めて某医療従事者向けの情報サイトを見てみました。

☞すると、症状を緩和するのによい食材というのが載っていました♪

・オメガ3(多価不飽和脂肪酸)

純炭ブログ読者なら頻繁に目にするこの油!なんにでもいいのかよ!と突っ込みたくなりますね。オメガ3には炎症を抑える働きがあります。
ちなみに、関西で行われたオメガ3の摂取量と子供のアレルギー性鼻炎の有病率を調査した母子健康調査でこんな結果が。魚の摂取量が多いほどアレルギー性鼻炎持ちの子供が少ないという報告もあるようです。写真の商品や鯖缶などの青魚を定期的に摂るのがよさそうです。※参考文献(1)

・乳酸菌やカゼイ菌

アレルギーは腸から起こるといわれており、免疫機能が正常に働く様バランスを整えたり、免疫細胞のバランスを整えるといわれています。花粉症は免疫機能が暴走して過剰反応を起こしている状態なので、腸内環境を良好に保つことが免疫機能の乱れを整えるためには良さそうです。腸内環境を良好に保つって本当に大事です。なんせ、腸内環境が悪いと大事な栄養素をきちんと消化吸収できなかったり、入れたくないものを腸から取り込んでしまう場合だってあるんです。

・ビタミンE

ビタミンEがアレルギーの抗体をたくさん作ることを防ぐ可能性も指摘されています。ひまわり油やアーモンド、煎茶などに多く含まれます。

・ビタミンA

緑黄色野菜に含まれるβカロテンもビタミンAの一種ですが、野菜から十分な量を摂るには大変。レバーやサプリメントで摂るのがよさそうです。ビタミンAが体内に充足していれば体内で起こるアレルギーの炎症を抑えることができます。

・ビタミンD

また、ビタミンDを摂ることにより免疫細胞の暴走を正常化させることも知られています。但し活性型ビタミンDとして体内に取り込むには腎臓と肝臓が元気であることが大事。
日光浴をするとビタミンDは体内で生成されますが花粉が外に飛んでいるときは外出するのは難しそうなのでサプリメントで摂るのがよさそうです(*´Д`)

他にも・・・
・パイナップルに含まれるブロメライン(抗炎症作用)
・玉ねぎの皮に含まれるケルセチン(ヒスタミンの生成を抑制)
・紫蘇に含まれるポリフェノールのルテオリン(炎症の軽減)

なんかがありますが、普通の食事でとれる量で(玉ねぎの皮は普通は食べないし)すぐに症状が緩和するレベルには難しそうです。

現状の花粉症の治療での大原則は
花粉に触れない(マスクや帽子、メガネ)なので、花粉がつきにくくなるスプレーや、花粉がついても落ちやすくなる素材なんかが開発されています。

その他病院でできる対処療法として、
抗アレルギー薬の使用(服薬・点鼻・点眼)
鼻焼灼(レーザーなどで粘膜を焼いて一時的に対処、ひえー)
舌下免疫療法(抗原を口の中に入れ、ちょっとずつ慣らす)
なんかがありますが、すぐに完治というのはなかなか難しいようです。

ゆっきー的な結論☝
すこしでも症状が軽くなるのであれば、この時期は青魚・レバーを意識して摂ろう!と思います。
辛いときは適宜、抗ヒスタミン剤のアレグラのお世話になりますが、腎臓に負担がかかったら嫌なのでいつもより多めのきよらを飲みたいと思います( ^^) _旦~~

※参考文献
(1)Miyake Y, et al. J Am Coll Nutr. 2007;26:279-287.

【純炭粉末公式専門店】は→こちら

腎臓にやさしい純炭社長食堂更新!~ほろ苦い春野菜のススメ~

腎臓にやさしい純炭社長食堂
〜ほろ苦い春野菜のススメ〜

——————————————–
【純炭粉末公式専門店】
店長たっくんメルマガ
◆20190312号◆

https://juntan.net/
——————————————–

おはようございます、たっくんです。

早くも3月の半ばにさしかかり、だんだん暖かい日も増えてきています。
さむーい冬もようやく終わりですね♪

ダステックのある石川県ではそろそろ冬タイヤを交換しようかな?
なんて話題が出る今日この頃です。

さて、今日のメルマガはこちら!

〜腎臓にやさしい純炭社長食堂〜
この時期の旬の野菜と言えば・・・?
そろそろ山菜や春野菜が並ぶ時期です。
苦みのある春野菜には健康効果が!
季節を楽むメニューを取り入れよう♪
詳しくはこちらのブログ

〜そろそろ花粉症の季節〜
3月に入り、暖かくなってくると、ムズムズ?ぐしゅぐしゅ?
春先の不調には腸内環境が深く関わるって、ご存知でしたか??
腎臓病と言えば腸内環境を乱さぬ事が大事なのはメルマガ読者なら常識ですが、
花粉症などの春先の不調と腎臓病の関係とは?
詳しくはこちらのブログ

今週も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

今年は暖冬で、あっという間に春になってしまった気がしますね。
旬の春野菜のパワーを取り入れて、季節の変わり目を元気に乗り越えていきましょう(*^^*)

■■純炭粉末公式専門店■■
https://juntan.net
〒920-0226
石川県金沢市粟崎町5-35-8
TEL:0120-090-218(平日9:00-17:00)
e-mail:info@juntan.net

運営:株式会社ダステック

メールマガジン配信停止をご希望の方は、お手数ですがinfo@juntan.netまで
『メルマガ不要』の旨と『お名前』をご連絡ください。

ガンマリノレン酸は腎臓に良いのか?

こんにちは、純炭社長の樋口です。

弊社が運営している純炭粉末公式専門店には、
「ガンマリノレン酸のサプリメントを食べる純炭きよらと一緒に送ってもらえますか?」という電話が度々かかってきます。
良かれと思って摂っているサプリメント、本当に大丈夫?
※写真はイメージです

大学で生化学をかじり、製薬会社の研究所に勤務していた純炭社長的には
「ガンマリノレン酸の摂取はアラキドン酸を介して腎血流量を増やす一方で、アラキドン酸は腎機能低下の原因とされる炎症も亢進させる。長期のガンマリノレン酸摂取は腎機能に対して良い方向に働き続けるのか?はたまた逆なのか?」と考えていました。

そんな中、本日(2019年3月7日)のメディカルトリビューンWEB版に「糖尿病ではオメガ6脂肪酸摂取が高血圧リスクに」という記事か掲載されました。

記事の内容を紹介すると、
『金沢大学の研究チームが日本人600名以上で調べた結果、健康な人ではオメガ6脂肪酸摂取は高血圧の予防と治療に有用な可能性があるが、ヘモグロビンA1c(HbA1c)が6.5%以上の糖尿病患者ではオメガ6脂肪酸を多く摂るほど、高血圧が多かった。』
ということでした。

①ガンマリノレン酸はオメガ6脂肪酸です。
②慢性腎臓病患者の多くは糖尿病を患っています。
③高血圧は腎機能を低下させる原因です。

ガンマリノレン酸を飲むと血行が良くなるのは、血管拡張作用に加えて、ひょっとすると血圧が上がったことによる血流量増加も寄与しているのでは?
少なくとも糖尿病性腎症の方はガンマリノレン酸サプリやオメガ6脂肪酸を多く含むサラダ油などに注意した方が良いのかもしれません。

どんな油が体によいのか?はゆっきーの書評ブログ「サラダ油」をやめれば脳がボケずに血管も詰まらない」で紹介されていますが、ここでも良くでてくる油の豆知識をまとめておきますね。

≪オメガ3脂肪酸≫
炎症を鎮める良い油
炎症をしずめる体に良い油です。成分的にはアルファリノレン酸、EPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)など。いわしや鯖などの青魚やアマニ油、エゴマ油などに多く含まれています。

≪オメガ6脂肪酸≫
安価な油は摂りすぎ厳禁
炎症を引き起こしたり血圧を上げる可能性があるので摂り過ぎに注意が必要とされる油です。成分的には、リノール酸やガンマリノレン酸。サラダ油などの植物油に多く含まれています。

≪オメガ9脂肪酸≫

オメガ3やオメガ6とは違い、体内で作ることができる脂肪酸なので頑張って摂らなくてもよいのでは?という感じの油です。成分的にはオレイン酸など。オリーブオイルに多く含まれます。オリーブオイルを多用している方は「ちょっと待って!そのオリーブオイルは大丈夫?」も読んでみて下さい。

ちまたには「〇〇は◇◇に効く」という情報があふれています。
先日もお客様との電話で「プロポリスを飲めば血圧を下げる薬は飲まなくてもよい」と言われて高額なサプリを購入し、血圧の薬をやめてしまったら、気が付いた時には腎機能が23%にまで下がってしまったと嘆いていらっしゃいました。

情報もモノもあふれている現代社会。
玉石混交の情報をつなぎ合わせて、噛み砕いて、自分の頭で消化して、自分なりの仮説を立てて、実践してみて、体がどんな風に反応するのか?というPDCAサイクルをぐるぐると回すことがビジネスのみならず、健康にとっても大切なのだな~と思う今日この頃です。

ガンマリノレン酸の腎保護メカニズムにはとても興味を持っているので、更に調べてみたいと思います。

【純炭粉末公式専門店】は→こちら

 

糖尿病の心血管病リスクを低下させるスーパーフードとは??

こんにちはゆっきーです。
早くも3月に入り、だんだんあたたかい陽気の日も増えてきましたね!
ゆっきーは花より団子(というかお酒)派ですが、早くお花見がしたいなーとウキウキしてくる今日この頃です。

さて、今日のテーマはこちら!
(↓お酒つまみのバタピーみたいなやつではありませんよ~)
ナッツで糖尿病による心血管リスクを回避
ナッツが体に良いと聞いたことがある人はとても多いと思いますが、医療従事者向けの情報サイトにこんな記事が載っていました。
『ナッツで糖尿病のCVD(心血管病)リスクが低下』
糖尿病の方は血糖値が上手にコントロールできず、その結果、目の障害や、腎臓の病気(糖尿病性腎症)になってしまったりします。

糖尿病の三大合併症は頭文字をとってしめじ
糖尿病の三大合併症は頭文字をとって『し・め・じ』と覚えるらしい・・・もちろん合併症まで進行しないに越したことはありません!!
し(神経障害)
め(目の病気・網膜症)
じ(腎臓の病気・腎症)

糖尿病は予備軍を合わせると約2000万人(日本人の16%)と言われるもはや国民病です。健康診断の血液検査(HbA1c)の値が6を超えるような高い値であったり、身長体重から計算するBMIが27以上だと糖尿病の疑いがあります・・・!

さて、糖尿病の話に脱線しましたが、ナッツの心血管病リスク低下の話に戻します。
アメリカで糖尿病と診断された被験者約16000人について大規模な調査が行われました。その結果ナッツの摂取頻度(約30gを1回として、週に何回食べるか)が多いほど心血管による死亡率が低下したとの結果が出ました。※参考資料1
ナッツの摂取量を週に30g増やすほど、心血管病での死亡リスクがなんと25%低下したとの事。しかし脳卒中やガンのリスクでは特に有意な結果は出ませんでした。
検査で糖尿病に疑いのある値が高めと引っかったり糖尿病の家系の人はこちらのスーパーフード『ナッツ』を食べることお勧めします。もちろん糖尿病とは関係ない人も積極的に食べたい食材です。
木の実ナッツで心血管病を防ごう
調査結果よりナッツの種類でオススメなのは木になるナッツ。クルミ、アーモンド、カシューナッツ、ピスタチオなどがお勧めです。マメ科の落花生(ピーナッツ)よりも良い結果が出たとの事。
但しナッツは脂質が多いので食べ過ぎには注意、一日180g迄にしましょう。
ナッツは不飽和脂肪酸、植物性蛋白質、食物繊維、ミネラル、ビタミン、植物化学物質(植物ステロールなど)現代人に不足しがちな栄養素をバランスよく豊富に含みます。
できればいろんなナッツが混ざっているミックスナッツで、味付けや油が添加していないナッツを選びましょう。
ゆっきー的には健康って『これだけ食べていれば良い』と偏ったり固執するのではなく、バランスが大切なんじゃないかなと思います。
とはいえ、お年頃(っていってもアラサーですが)のゆっきーは食べすぎると吹き出物が出てしまいますが、糖尿病ではなくてもナッツに含まれる良質の脂質やミネラルや食物繊維は積極的に摂りたいなと思います♪

※参考資料1
米・Harvard T. H. Chan School of Public HealthのGang Liu氏らが、Circ Res(2019年2月19日版)にて発表。

【純炭粉末公式専門店】は→こちら

アブラナ科のほろ苦い春野菜ノススメ!

こんにちはゆっきーです(*^▽^*)

早くも3月に入りましたね!
だんだん昼間は暖かい日も増えてきており、やっと寒い冬が終わるなぁと嬉しくなってきます。
ゆっきーはかなりの冷え性、寒がりでこの冬に会社の暖房が壊れたときはかなりの死活問題でした(*´Д`)笑

そんなこんなで、久しぶりの腎臓にやさしい純炭社長食堂はこちら!
アブラナ科の春野菜が今の旬!スーパーには菜の花や春キャベツなんかがそろそろ並びだすころですね。

さて、旬の食材の健康効果(コストパフォーマンスの良さ)は、何度かブログに書かせていただきました。

★★旬の野菜が腎臓にやさしいポイント★★
①栄養価が高い
②育ちもいいので肥料や農薬が少なくて済む
③その季節の人間の体に必要な栄養素が多い

などなど様々なメリットがあります。
また、『春には苦みを盛れ』ということわざがあるくらい、春野菜や山菜には独特のほろ苦い風味の食材が多いですね。
冬から春になるこの頃は、人間の体も新陳代謝が活発になり、冬にため込んでいた脂肪や老廃物を排出しなくてはなりません。
そこで、苦みのある旬の春野菜を食べることを純炭社長食堂ではオススメします!

今日の食材はコレ!

JAの直売所でスタッフえみりんが買ってきてくれました。
こちらのつぼみ菜はアブラナ科の一種です。
ゆっきーは初めて見ましたが、長細い芽キャベツみたいで、ブロッコリーの茎みたいな感じです。
切るとこんな感じ↓

コリコリとしていて生でも食べれますが、油との相性もよいとの事。

純炭社長食堂では半分は野菜スティック的に、一口大に切って生でサラダに添えて。
もう半分は5mmほどの厚さにスライスしてバターでソテーしました。

お味は、生で食べるとからし菜の一種というだけあって少しピリッとします♪
バターソテーにすると味の濃いほんのりほろ苦なブロッコリーの茎といった感じです(*^-^*)

アブラナ科の春野菜には独特のピリッとする辛みと苦みが含まれていますが、これは『イソチアネート』という成分で、非常に強い抗酸化力、抗鎮静作用があり、血管系やがんの死亡リスクが低下したというデータもあります。
他にアブラナ科の春の食材といえば、菜の花や春キャベツ、ブロッコリーなんかもおすすめです。

純炭社長食堂では、毎日両手に一杯分しっかり野菜を食べています♪いろんな食材を少しずつ取り入れるのもポイント★


旬の野菜にどんなものがあるかわからないという方は、ぜひ、道の駅や農産物の産直市場へ足を運んでみましょう。
季節をたのしみながら食事から栄養を摂ると体がなかから喜びますよ。

ぜひ試してみてくださいね♪

【純炭粉末公式専門店】は→こちら