水分の摂取量ってどう数えるの?

こんにちは、純炭社長の樋口です。
お客様から水分摂取量に関してご質問をいただきました。

【質問内容】
1日の飲水量は1~2Lが目安と書かれていましたし、以前この事は管理栄養士からも聞いています。ですので、現在、2L 目安に飲んでいます。ただ、 一つ不安に思っていることがあります。

2Lの中には、
・薬を飲むときの水
・味噌汁やスープなど食事に含まれる水
・カロリー補給や鉄分補給のために飲んでいるお湯やドリンク
なども含めて良いのでしょうか?

水分は不足も過剰も良くないと思っているものですから、心配になりこんな質問をさせていただきました。

【回答】
水分摂取量の件ですが、結論から書かせていただくと、
1)食事の際の水分は計算に入れないで下さい。
2)カロリー補給や鉄分補給のドリンクは含めて良いですが、カフェインが入っている場合は除外して下さい。

一般的には人間は1日に2.5 L程度の水を尿や汗などで失います。一方、食事から約1 Lの水分が補われ、体内でも約0.3 Lの水が作られます。
したがって、最低でも1.2 Lの水を食事以外から補給する必要があります。(食事の内容や回数によって水分補給量は違ってきます)


ただし、コーヒー、紅茶、緑茶など、カフェインを含む飲料は利尿作用で水を失う原因になるので、計算には入れずに、水や白湯、麦茶などでこまめな水分補給を心掛けて下さい。
また、経口補水液やスポーツドリンクなど甘味や塩分が入ったものは飲み過ぎると腎臓に負担がかかりますのでなるべく控えた方がよいでしょう。

余談になりますが、1日にコーヒーを4杯以上のむと死亡リスクが低下するという結果が報告されています。
死因別では、心臓病・呼吸器疾患・脳卒中・糖尿病・感染症などの死亡リスクを低下させるばかりか、驚くべきことに外傷や事故といった病気以外の死亡リスクまでも低下させると言うのです。

慢性腎臓病でもコーヒー摂取が死亡リスクを低下させるという報告があります。

この作用はインスタントコーヒーやカフェインレスコーヒーでも認められることから、カフェインが効いているのではなく、コーヒーに含まれるクロロゲン酸などのポリフェノール類による効果だと考えられています。

ただし、前述したようにカフェインを含むコーヒーには利用作用があって尿として水分が失われてしまうので、少なくともコーヒーの2倍の量の水を補った方がよいと思います。

今年は全国的に猛暑(というか酷暑)が続いておりますので、脱水は腎臓病だけではなく命取りになりかねません。

しっかり対策をして体調管理に気を付けていきましょう。

【純炭粉末公式専門店】は→こちら

夏季休業のお知らせ

夏季休業のお知らせ

誠に勝手ながら、

2018年8月11日(土)~8月19日(日)まで

純炭粉末公式専門店(運営:株式会社ダステック)は
夏季休業とさせていただきます。

商品の発送やメールでのお問合せもお休みとなります。
8月20日(月)より順次対応させていただきます。
ご不便をおかけしますが、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。

お手元のきよらは十分ございますでしょうか。
9連休となりますので、なるべく早めのご注文をいただけますと幸いです。

連休前のご注文最終受付は
8月10日(金)16時まで

とさせていただきます。
何卒よろしくお願い申し上げます。

【純炭粉末公式専門店】は→こちら

腎機能を知るための血液検査:血清クレアチニンとシスタチンC

こんにちは、純炭社長の樋口です。

病院の血液検査でクレアチニンの値が上がっていると
「腎臓が弱っていますね」
「このまま放置したら透析になってしまうかも・・・」
と言われてしまいます。

でも、毎回のクレアチニン値に一喜一憂しているとストレスが溜まってしまい、腎機能の低下につながってしまいます。
CKDとシスタチンC

今回は腎機能を知るための検査項目について書いてみます。

腎臓の機能は大きくわけて二つあります。
ひとつは体内の老廃物を尿として排泄する機能。
ふたつめは血圧や赤血球造血をコントロールするホルモンを作る機能

腎機能が低下すると、尿中に老廃物を排泄できなくなるため、血液中に老廃物が溜まってきます。血液検査として測定できる物質は、
1)クレアチニン
2)尿素窒素(BUN)
3)シスタチンC
4)尿酸
5)ベータツーマイクログロブリン
などです。

これらの検査項目の中でも血清クレアチニンが腎機能を知るマーカーとして一般的に使われていますが、実は当てにならない場合もあるのです。

クレアチニンは筋肉で作られる老廃物なので筋肉量が多い男性や激しい運動をした後には血中濃度が上昇します。クレアチニンが1 mg/dLという値で出たとしても、性別や年齢、筋肉量によって腎機能は千差万別なのです。

このような欠点を補う方法として、血清クレアチニン値を性別や年齢で補正して腎機能を評価するeGFR(推算糸球体濾過量)が使われるようになりました。お医者さまにはクレアチニンの値よりもeGFRの値を聞いてくださいね。

例えば、血清クレアチニン値が1.0 mg/dLだった場合、
55歳男性のeGFRは61.4ですが、
55歳女性のgGFRは45.4で、腎機能は半分以下に低下していることになります。

また、腎機能が高度に落ちてしまった場合には、血清クレアチニン値は栄養状態や筋肉量の影響を受けやすくなり、必ずしも腎機能を反映していない場合もあります。

当てにならないにも関わらずクレアチニンの値ばかりがひとり歩きするのはなぜなのでしょう?その答えは検査費用が安いからかも知れません。
・クレアチニンの測定費は約110円
・一方、シスタチンCは約1,200円(しかも3か月に1回しか保険が効かないのは医療費抑制のため?)
・ベータツーマイクログロブリンも約1,100円

自分の腎機能を正確に把握するためには、
1)シスタチンCによるeGFRを知る。
2)24時間蓄尿によるクレアチニンクリアランスを知る。
のいずれかを検査してみましょう。

【純炭粉末公式専門店】は→こちら

きよらは医療費控除に該当する?

こんにちはゆっきーです。

今日はよくある質問コーナー
医療費控除とは?

医療費控除についてですが、現在の法律ではトクホや機能性表示食品であっても
医療費控除の対象にはなりません。
ちなみに「きよら」は一般の健康食品に該当します。

しかしながら、医師が治療の一環として健康食品を処方した場合には、
医療費控除の対象として認められる場合もあると聞きます。
実際に患者さまに「きよら」を販売している腎臓内科の先生もいらっしゃいます。
一度、主治医の先生に処方が可能か否かを相談してみてください。
(弊社から医療機関に卸売販売することも可能です。)

【純炭粉末公式専門店】は→こちら