なぜ有名パティシエ辻口博啓さんが無名のダステックに来てくれたのか?

投稿日: カテゴリー 【純炭社長のつぶやき】

こんにちは。 純炭社長@糖質制限中の樋口です。

3年前から「辻口さんに純炭を使ってほしい」と願い続けた夢が叶うかも知れません。
IMG_2079.JPGパリで開かれていた世界最大のチョコの祭典「サロン・デュ・ショコラ」で2年連続の最高賞を獲得した辻口博啓さんが、

帰国直後にも関わらずダステックを訪問してくれました。
IMG_2081.JPG
全く面識はなかったんです。

でも、辻口さんに使ってもらえたら、食品用途で使われている竹炭との違いを広く知ってもらえると想い、

常に念じていたのです。

きっかけは、石川県産業創出支援機構(ISICO)が開催した創業者セミナーでした。

講師として招かれた辻口さんの半生を聞き、物凄い意思の強さとエネルギーを感じました。

・自分の人生を設計して、何歳で何をやるかを決定し、そのためには今なにをすべきかを考えて行動する。

・道具は常に同じ場所に置き、手順も決めておけば短い時間で最良の仕事ができる。

常に机の上で物さがしをしている私はどれほど時間を無駄にしていたことか・・・(反省)

90分ほどの講演が終わり、質問タイムです。

質問者には辻口さんがプロデュースしたYUKIZURIというお菓子がプレゼントされます。

質問してYUKIZURIを貰う時にお返しとして純炭サプリを手渡したい!

そう思って必死に手を挙げたのですが、指名してもらえない。

最後の質問となり私の他に二人が手を上げました。

「じゃあ、じゃんけんで最後の質問者を決めて」との辻口さんの言葉。

私はあえなく撃沈。

ココで諦めたら2度とチャンスはない。行動せねば経営者失格!

名刺交換の時間すらなく次の場所へ移動する辻口さんにサンプルと名刺を手渡しました。

後日、金沢にある辻口さんの直営店ル ミュゼドゥ アッシュの永田パティシエに聞いたところ、

和倉温泉に移動する車内で純炭の錠剤をポリポリ食べていて永田さんは驚いたとのこと。

その永田さんの計らいでの辻口さんの来社がとんとん拍子で決まってしまいました。

今日は約1時間、スライドを使って糖化物質(AGEs)や糖質制限、腸内環境に関して議論させていただき、

新しい純炭シリーズにも「食感が面白い」と言って頂きました。

はたして世界最高峰パティシエ辻口博啓が純炭を使ってくれるのか?

信じていれば夢はかなう!

そう思ってサンプルを送ります。

そういえば、次のNHK連続テレビ小説「まれ」は辻口さんの半生を描いたドラマなんです。

辻口さんの自伝を読んだNHKプロデューサーが話を持ち込み、

1年間かけて脚本を仕上げたと教えてくれました。

なんだか良い波が来ている気がする・・・・と信じることが大切なんですね。

そういえば、

「すべては良い方に進んでいる」と声に出して言っていれば道は開けると教えてくれたのは、

パニック障害を克服してタオルソムリエとして成功している寺田元さんでした。

悩んで、勉強して、行動するから物事が動いていくんですね。

一つでも欠けたら何も起きないのかも知れませんね。

純炭社長

投稿者: 純炭社長

純炭粉末の(株)ダステック代表取締役社長。中外製薬で腎性貧血治療薬エリスロポエチン(ESA製剤)の創薬に携わった後に、ESA製剤が不必要になる世の中(すなわち腎臓病が無くなる世の中)を目指して47歳で起業しました。元金沢医科大学腎臓内科非常勤講師。ケトジェニックダイエットシニアアドバイザー・AGE研究協会認定講師でもあります。「出す」健康法で健康寿命を延ばすのが夢! 最近は「腎臓にやさしい純炭社長食堂」のシェフとしてサラメシも提供しています(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください