食生活変えますか?人生変えますか?-その1

投稿日: カテゴリー  ・腸内環境

水曜日は暖かくて,金沢は4月中旬なみの気温だったようですsun
街路樹の雪吊りの取り外しが行われていたそうな…

毎度おなじみ水曜担当スタッフM子ですhappy01
…今週は原稿が遅れて木曜更新です…coldsweats01

先週チラッとご紹介した糖質制限に関する書籍 book ,ようやく読み終わりました。

「糖質摂取はヒトに必須ではない」とか,「糖質の甘みや血糖値の上昇が快楽となり,糖質を食べ過ぎてしまう」…などなど…なかなか手厳しいcoldsweats01

後者はそうかも!と納得です catface riceball noodle heart04

 一方で,糖質制限時のタンパク質や脂質の代謝とこれに伴う副次的な影響について,言及が十分ではないような…?と疑問に思う点もあり,厳密な糖質制限をやりたい!という気持ちにはなれませんでしたthink

単に私が糖質依存症で,無意識に言い訳を探しただけでしょうか??coldsweats01

それでもその後,いつもよりは糖質を意識して控えめにする食事を続けましたが…完全に断っているわけでもなく…人並の量になる程度wobbly

朝が苦手だったり食後に眠くなったりという状況は今のところ変化なしですgawk
もちろん体重も…coldsweats01

一昨日の晩は夕食後,深夜にインスタントラーメンを食べ,昨晩のパスタは山盛りで…糖質抑制も結局2日坊主!???bearing

それでもおやつはお菓子ではなく「炒り豆」を選んでいます。

糖質でなければ血糖値の急上昇は起りにくいことは確かですしねconfident
食事も野菜を先に食べ,血糖値の上昇を緩やかにしようと取り組んでおりますwink
糖尿病予防かな?
炒り豆は美味しくってやめられずについ食べ過ぎちゃいますbearing

大豆タンパクには「チロシン」や「トリプトファン」といった芳香族アミノ酸が比較的多く含まれ,これらは腸内細菌によってp-クレゾールやインドールといった尿毒性物質に作り変えられることが知られています。
食べ過ぎには気を付けなくては…think

なので,炒り豆を食べつつ「食べる純炭 きよら」を多めに飲んでおりますcoldsweats01
次回は,糖質をやや抑えつつ(?),タンパク質摂取が多めになってきた(??) 私にひとつの文献が手渡され…「え?タンパク質の摂り過ぎもダメなの!??」となるお話しをご紹介予定ですwink

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください