食生活変えますか?人生変えますか?- その3

こんにちは!

週の半ばの水曜日,毎度おなじみスタッフM子ですhappy02scissors

3月の水曜日は今日が最後wobbly

つい先日年が明けたと思ったのに…もう新年度ですか…早いですね…もう1年の25%が終わるのに,M子の体重・体脂肪率は高め安定…キャーshock
さて,珍しく3週にわたってお送りしております「食生活と健康の関わり」のお話。

今週は「高脂肪食でも摂取の仕方で肥満回避というマウス実験が!」のご紹介です。

発端はネットのニュースで「今すぐやめて!【ダラダラ食い】が引き起こす嫌すぎる現象3つ」という記事を見つけたことでした。
https://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20140311/Lbr_39322.html

ダラダラ食べ続けると高血糖状態が長時間続き,「脂肪の蓄積」や「糖化」が促進されるということや,それが脳の快楽につながり習慣化する恐れがあること,胃や消化器を動かし続けることで血流がそこに集まり,末梢(手足など)の血流が悪くなり冷えなどにもつながる恐れがあることなどが注意喚起されております。
本文中には弊社のご近所,金沢医科大学の糖尿病・内分泌内科学 古家 大祐 教授のコメントも紹介されていたため,社内で話題にしたところ,このテーマについて代表がさらに調べたそうで後日以下の資料を渡されました。

羽島 恵 先生(米国Salk institute for Biokogical Studies)の
「食事の時間を制限したマウスは高脂肪食を摂取しても肥満やメタボリックシンドロームにならない」
【原著論文;Cell Metabolism, 15, 846-860 (2012)】

非常に大雑把に言うと,
「本来の活動時間(マウスなので夜型)に合わせて食事を与える時間帯を制限すると,高脂肪食を食べさせていても,肥満やそれに付随する変化は起きなかった。」というお話です。
比較対象は24時間自由に餌を食べられるマウスで,摂取カロリーは時間制限していたマウスと自由に食べていたマウスで差はほとんどなかったそうです。

にも関わらず,どんどん太って高血糖グルコース不耐性血中の高インスリン高コレステロールと体内の状態が悪くなるダラダラ食いマウスに比較して,食べる時間帯のみを制限高脂肪食を食べていたマウスはケロッとしていたそうな…。

しかも細胞の中の細胞小器官の構成にも違いが生じていたそうですよ。
運動能力の向上なども見られるとか…。

これは「摂取カロリー」云々の問題よりも,活動時間帯(ヒトでいうと日中sun?)に食事をとることを重視してほかの時間帯に食事することを制限すれば,多少高カロリーのものcake を食べても肥満やそれに伴う他の悪影響をある程度抑制できる可能性を示します。

な~ん~と~eye

いわゆる体内時計watch と言われるものは,光刺激shineに基づくリズムを主体に体の中の様々な反応を同調させて効率よく相乗効果wave を生む仕組みですが,この体内時計は食事や代謝の影響も受けるそうな。

同調させるべき各種の反応に代謝反応も多く含まれるのだから,影響を受けるのは当たり前ですかねthink

光刺激によるリズムと,代謝関係で作るリズムがうまく一致していれば,好循環が起こり,逆にこのリズムが同調しない場合は悪循環が加速する…という感じなんでしょうか??happy01

体内時計のリズムで活発期にあたり,生体内におけるいろんな化学反応が準備万端な活動期にあるときに,代謝による刺激が加わると,一斉に関連する反応が進み効率よくエネルギーなどに変換される???impactrun

しかしエネルギー化やエネルギー消費に寄与するような反応が(体内時計のリズムとして)お休みの時間帯night に,飲食による刺激が入っても,消費に関連する反応は動作しなかったりsleepy バラバラな反応だったりで,効率よくエネルギー化せず,その結果代謝の中間産物等が高濃度になって弊害を起こしたり,蓄積したりで結果的に病気につながる状態へと進んでいく…shock と妄想してしまいました。

おやつときよら
今回の結論は,規則正しい生活をしたら,多少カロリー高めのおいしいものを食べてもあまり気にしなくていいよ!ってところでしょうか。

食事内容より,むしろ生活リズムに気を遣おう?ってことで,原稿準備中についついお菓子に手を伸ばしてしまったM子ですcoldsweats01
もちろん「食べる純炭 きよら」は忘れずに~winkheart04

食生活変えますか?人生変えますか?-その2

今週も水曜日がやってまいりました!
こんにちは!スタッフM子ですnotes happy01

さて,先週に引き続き「食生活と健康との関わり」のお話です。

先週「糖質を控えめに,大豆タンパク質を増やし,きよらも多めに飲む…」という生活についてお話ししました。
その後入手した文献が…

江崎 淳二 先生(順天堂大医学)の
「オートファジー減弱と老化の関わり」
【日本老年医学会雑誌,48巻,6号(2011;11)】
非常に大雑把にいいますと…

オートファジーとは…我々の体内の細胞の中で,作りそこなったり古くなって機能がおかしくなった「部品(タンパク質)」や「細胞内小器官(エネルギーを作り出すミトコンドリア,タンパク質を合成・修飾する小胞体…)」などなどを細胞内でさらに膜の中に隔離し,その膜の中でそれらを分解して部品の材料(アミノ酸やペプチドなど)にし,細胞内でまた再利用したり廃棄する仕組みのことです。

体内で働く部品類を定期的に壊して,再構築して,正しく働くようにリフレッシュしている大切な工程なんですね wink

壊すべき部品に目印をつける仕組みがあったり,他のものまで壊さないように隔離する仕組みがあったりと,ちゃんと安全対策をとりながら進められているそうです。
しかしこの(恒常的)オートファジーは年齢とともに衰えていき,部品がダメになるのと作り直すのとの間に差ができ,ダメになった部品が貯まっていくことで細胞自体もダメになり,組織,器官へ…と悪影響が波及していくのです。

これが「老化」の一因とも,現象そのものの一部とも言えるようです bearing
「(恒常的)オートファジー」は普段から行われていますが,「栄養飢餓」や「低酸素刺激」,「酸化ストレス増加」,「ウィルス感染」など,一時的な体内環境の変化に反応しても起こります
こちらは「誘導的オートファジー」と言われます。

文献には細かな分子機構なども説明があるのですが,煎じ詰めると『加齢で衰えた恒常的オートファジーは,一時的な栄養制限などで誘導的オートファジーを起こすことである程度補うことができる』というお話しです。
一方,タンパク質の摂取が多いとオートファジーが抑制されるという実験結果もあるようです。

オートファジーで壊してそこから得られた部品材料(アミノ酸など)は再利用もされる訳ですが,食物等からタンパク質(その分解物のペプチドやアミノ酸)がたくさん摂取されると,オートファジーの方は「もう材料いらないか」という感じで反応が抑制されるということでしょうか?think

あれ?coldsweats02

厚木ホルモンということは糖質を抑える一方でタンパク質をせっせと摂っていると,体の材料のリフレッシュに大切なオートファジーがあまり起らなくて,結果的に「部品のリフレッシュが抑えられる」 ⇒ …巡り巡って「老化が進む~」ということにっ!!!?

いかん!むやみやたらと高タンパクな食事を続けるのはよくない!shock

← 関係ないですが,昨年食べた厚木ホルモンですcoldsweats01  ご飯もガッツリ食べちゃいました bleah

ちなみに昨今は「高齢者の栄養不足」が指摘されており,高齢者に対してはタンパク質を多めにとることが推奨されております。

先日見つけた南カリフォルニア大のValter Longo教授のご研究では,50~65歳の人が高タンパク質な食事(摂取カロリーの20%以上をタンパク質で摂る食事)をしているとガンなどのリスクが高まりますが,65歳以上の方には高タンパク食の方が死亡率低下に効果的とのこと。

このご研究の説明にでてくる「IGF-1」という因子(結果的に腫瘍を大きくしてしまう働きもある),この因子が関与する情報伝達にオートファジーが関連することも江崎先生の文献に言及があります。

なんと,糖質だけではなく,タンパク質の摂取量にも頭を使わねばならんことがわかりました coldsweats02
しかも年齢に応じての対応が必要!!

文献を読んでいると中高年のオートファジーの誘導にはひょっとして弊社代表が大好きな(?)断食がよいという話に!???coldsweats01

なお,生物は(環境に)慣れるものなので,いつも食事制限しているというよりは,定期的に制限する期間を設けるという方が良さそうです。

とはいえ,身体に良いとわかっていても,実行するのはなかなか難しいような…coldsweats01
さて,このネタはもう1回続きます…
糖質 riceball ・ タンパク質 fish に続いて次は脂質!

高脂肪食もこうすれば肥満回避!??…らしいですよ…wink

食生活変えますか?人生変えますか?-その1

水曜日は暖かくて,金沢は4月中旬なみの気温だったようですsun
街路樹の雪吊りの取り外しが行われていたそうな…

毎度おなじみ水曜担当スタッフM子ですhappy01
…今週は原稿が遅れて木曜更新です…coldsweats01

先週チラッとご紹介した糖質制限に関する書籍 book ,ようやく読み終わりました。

「糖質摂取はヒトに必須ではない」とか,「糖質の甘みや血糖値の上昇が快楽となり,糖質を食べ過ぎてしまう」…などなど…なかなか手厳しいcoldsweats01

後者はそうかも!と納得です catface riceball noodle heart04

 一方で,糖質制限時のタンパク質や脂質の代謝とこれに伴う副次的な影響について,言及が十分ではないような…?と疑問に思う点もあり,厳密な糖質制限をやりたい!という気持ちにはなれませんでしたthink

単に私が糖質依存症で,無意識に言い訳を探しただけでしょうか??coldsweats01

それでもその後,いつもよりは糖質を意識して控えめにする食事を続けましたが…完全に断っているわけでもなく…人並の量になる程度wobbly

朝が苦手だったり食後に眠くなったりという状況は今のところ変化なしですgawk
もちろん体重も…coldsweats01

一昨日の晩は夕食後,深夜にインスタントラーメンを食べ,昨晩のパスタは山盛りで…糖質抑制も結局2日坊主!???bearing

それでもおやつはお菓子ではなく「炒り豆」を選んでいます。

糖質でなければ血糖値の急上昇は起りにくいことは確かですしねconfident
食事も野菜を先に食べ,血糖値の上昇を緩やかにしようと取り組んでおりますwink
糖尿病予防かな?
炒り豆は美味しくってやめられずについ食べ過ぎちゃいますbearing

大豆タンパクには「チロシン」や「トリプトファン」といった芳香族アミノ酸が比較的多く含まれ,これらは腸内細菌によってp-クレゾールやインドールといった尿毒性物質に作り変えられることが知られています。
食べ過ぎには気を付けなくては…think

なので,炒り豆を食べつつ「食べる純炭 きよら」を多めに飲んでおりますcoldsweats01
次回は,糖質をやや抑えつつ(?),タンパク質摂取が多めになってきた(??) 私にひとつの文献が手渡され…「え?タンパク質の摂り過ぎもダメなの!??」となるお話しをご紹介予定ですwink

糖質制限…したくないなぁ…

こんにちは!
水曜担当スタッフM子です!

最近,花粉やPM2.5が飛散し始めておりますね。

金沢でも霞がかかったような日が何日か…
今日は雨が降っているので影響はなさそうです。
明日から雪になるという予報ですね…また寒くなるんですね?

さて,最近よく耳にするようになった「糖質制限」。

血糖値を急上昇させる果糖や炭水化物などの糖質摂取を抑え,糖尿病や生活習慣病,肥満などを解消しようという狙いだそうです。

私の周りにも1人始めた人がいましたが…その後どうなったんだろう?

書籍「炭水化物が人類を滅ぼす」炭水化物 がとーーーーーーっても大好きな私としては,どうにも取り組む気になれなかったのですが…。

先日本屋 でこの本をチラッと見た際に,「朝スッキリ目が覚める」とか「昼間の眠気がなくなる」とか「前向きな気分になり爽快感が」といったような言葉が並んでおりました。

…うーん…私が朝起きられないのや昼間に眠いのやゴロゴロするのが大好きなのは,糖質を取りすぎているせいなの???と心にひっかかり…

結局昨晩,書籍を買い求めることに(笑)

記述に納得できることもあれば,え?そうかなぁ…と思う点も。

食事が大きくかわると,腸内細菌叢の構成も大きく変わるはず…。

タンパク質や脂質が多すぎると,腸内細菌の生命活動によって合成される肝臓・腎臓に負荷をかける物質の産生がかなり増えるような…脂質が増えて胆汁酸分泌が増せば,二次胆汁酸などによる弊害も心配…と,ついつい炭水化物摂取側の応援をしてしまいたくなります

頭で考えるより,とりあえずやってみる方が意外な発見が多いのも事実…。

炭水化物減らすなんて,私にはすっごいストレスだろうなぁ…

弊社代表の断食実験や血糖値センサーでの実験データなどをにらみながら,さてさて糖質制限するか否か…と悩んでいる本日のM子でした