理系研究者の生き方の最近のブログ記事

みなさまこんにちは! 水曜担当スタッフM子です! もはやすっかり木曜担当!?な昨今ですが…   さて,今週はとっても嬉しいニュースが!   なんと,弊社研究所長の西田 雄三の自費出版著作,  「西田鉄学と酸素革命 -うつ病・生活習慣病の予防から認知症・農業対策まで-」 が「青山ライフ出版」様の「第7回無料出版キャンペ-ン」において「電子出版賞」を受賞しました!   西田は以前同社から「鉄学のすすめ」という書籍を発表しておりますが,今回の書籍は従来提唱してきた説がより幅広い分野においても現象の根幹をなしており,問題解決の重要な糸 …続きを読む

大晦日の実験室...

| コメント(0) | トラックバック(0)
みなさんこんばんは! 水曜日担当スタッフM子ですっ 年末年始の休業中なのでブログ更新も不要かな?と思いつつ…気が向いたので更新します(笑) 本日はもう大晦日! いやはや,あと4時間ほどで新年です(笑) お昼は良いお天気でしたが,夕方からは予報通りに雷と雨! しばらく前には近くで一つ大きな雷が落ちたようで,分析装置を動かしていたM子の心臓はドキーッ!となりました。 (電源が落ちると分析がダメになりますし,場合によっては装置が壊れてしまうことも!) 今日はやわやわと会社にやってきて,大学の先生に頼まれた試料の初分析を試みております。 予定した条件で分析してみましたが …続きを読む
こんにちは。 純炭社長@糖質制限中の樋口です。 筑波高血圧ラットという実験動物の生みの親、 筑波大学名誉教授である村上和雄先生がこんなことを言っています。 「心や意識が脳を動かす」 何にもやる気が起きない時は とりあえず体を動かしてみる。 すると不思議なことにやる気が出てくることは多々あります。 逆に、出来るはずがない、自分はこの程度の人間、という思い込みに縛られていると 自分の可能性を発揮できないまま人生を終えてしまいます。 脳は自分が出来ると思っていることしか出来ません。 一昨日のブログ「夢なき者に成功なし」と同じです。 できる!やりたい!という思いがあれば計 …続きを読む

夢なき者に成功なし

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。 純炭社長@糖質制限中の樋口です。 突然ですが夢を描いてますか? あなたの夢はなんですか?と聞かれて答えに窮する人も多いようです。 吉田松陰は次のように述べています。 夢なき者に理想なし。 理想なき者に計画なし。 計画なき者に実行なし。 実行なき者に成功なし。 ゆえに夢なき者に成功なし。 さすが幕末の思想家。吉田松陰のもとに多くの若者が集まった理由が分かるような気がします。 純炭社長の夢は明確です。 ・純炭を世に広めて健康寿命延長に貢献すること ・その為に会社を大きくすること ・その為に売り上げを伸ばすこと ・その為に知名度を上げて小売りと原料 …続きを読む
こんにちは。 純炭社長@糖質制限中の樋口です。 京都から東京に向かう新幹線の中でブログを書いています。 昨晩は第17回腎と栄養代謝研究会に参加してきました。 しかも特別講演です 中外製薬の主席研究員とか、金沢医科大学の講師という肩書ならいざ知らず、 社員数5名の零細弱小町工場ベンチャーの社長が、 椿原先生(大阪大学教授)や中西先生(兵庫医大教授)ほか、 著名な腎臓専門医の前で50分も喋らせてもらえるなんて奇跡としか思えません。 それもこれも代表世話人である天野先生の懐の深さのおかげです。 糖質制限による腸内環境の変化や、 …続きを読む
みなさんこんにちは! 卵は一食に2,3個が普通,自家製おでんの日は5,6個 / 食 食べてしまう水曜担当スタッフM子(卵好き)です さて,M子は最近分析装置の不調に悩まされておりました。 高速液体クロマトグラフィーという分析装置を用い,従来の分析のほかに,論文を参照して別の物質に関する分析を試みようとしたのですが,うまくいきません! 装置内部の液の流れが詰まってしまい,圧力が上がって装置が緊急停止したりするのです。 分析する以前の問題でした で,近くにいらっしゃる本装置のメーカーで長年開発にも携わっていらした先生にSOSを求めたり,装置メーカーの技術者さんに相談したり&hellip …続きを読む
こんにちは。 純炭社長@糖質制限中の樋口です。 3年前から「辻口さんに純炭を使ってほしい」と願い続けた夢が叶うかも知れません。 パリで開かれていた世界最大のチョコの祭典「サロン・デュ・ショコラ」で2年連続の最高賞を獲得した辻口博啓さんが、 帰国直後にも関わらずダステックを訪問してくれました。 全く面識はなかったんです。 でも、辻口さんに使ってもらえたら、食品用途で使われている竹炭との違いを広く知ってもらえると想い、 常に念じていたのです。 きっかけは、石川県産業創出支援機構(ISICO)が開催した創業者セミナーでした。 講師として招かれた辻口さんの半生を聞き、物凄い意思の強さと …続きを読む
こんにちは。 純炭社長@糖質制限中の樋口です。 カテゴリ「理系研究職の生き方」では9月に沼津東高校で行った「職業を知るセミナー」の内容や 生徒さんからの質問への回答などを書きつづっています。 今日の質問は、 「炭を食べるなどという想像もつかない発送、逆転の発想はどこから生まれましたか?」 中外製薬を退社したのち、金沢医科大学のベンチャー企業で働き出した私は 理科機器会社の社長が持ち込んだ炭に出会いました。 その社長は発熱体として炭を利用していましたが、 その炭を血液と混ぜて何が吸着されるか?を測定したところ、 クレアチニンや尿素窒素といった腎機能を示す数値とともに リン …続きを読む
こんにちは。 純炭社長@糖質制限中の樋口です。 「どうして中外製薬を辞めたのですか?」 「脱サラなんて勇気がありますね」 と良く聞かれました。 ベンチャービジネスに身を置くようになって収入は半分以下になりました。 毎月20日ころになると資金繰りで胃が痛くなる日々が続きました。 中外製薬に残っていればそれなりの地位になれただろうと思います。 少なくともお金の心配をすることは無かったでしょう。 昨日のブログ「お金と幸せの答え」で紹介した川村元気の「億男」を読んでいて次のように考えました。 人間は明日を生きるために何かを欲する。 しかし、お金を手に入れるために生きる人生では幸せ …続きを読む

お金と幸せの答え

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。 純炭社長@糖質制限中の樋口です。 現在の体重は76 ㎏、ジム通いを始めて1カ月がたちました。糖質制限で減った筋肉量は確実に回復しています。 さて、昨日の移動時間を使って川村元気の億男を読み返しました。 お客様からお金をいただく商売人として、 家計を支える夫として、 子供の将来を心配する親として、 読むたびに新しい発見がある本だと思います。 お金が無くても幸せだ、というのがまやかしであることは皆が知っている。 しかし、お金があれば幸せだ、ということももはや誰も信じていない。 ほとんどの正解は、取り返しのつかないときになって初めて気づくもの。 イメージできる人間だ …続きを読む
こんにちは。 純炭社長@糖質制限中の樋口です。 カテゴリ「理系研究職の生き方」では沼津東高校で行った「職業を知るセミナー」の内容や 生徒さんからの質問+私自身の研究者としての経験を書き綴っています。 今日は「仕事をしていて、楽しいことや苦労することは何ですか?」 という生徒さんからの質問にお答えする形で副作用のことを書きたいと思います。   エリスロポエチン(EPO)は腎性貧血治療薬として有効性が高く、尚且つ、 安全性も高い優れた医薬品として患者さんに大変喜ばれていました。   ところが発売後9年を経過した1999年ころから、 アメリカのジョンソン&ジ …続きを読む
こんにちは。純炭社長@糖質制限中の樋口です。 カテゴリ「理系研究職の生き方」では 沼津東高校で行った「職業を知るセミナー」の内容や 生徒さんからの質問+私自身の研究者としての経験を書き綴っています。   生徒さんから「研究テーマはどうやって見つけるのですか?」という質問がありましたが、 大学や入社したばかりの企業研究者は教授や上司から研究テーマが与えられます。 一方、研究者として独り立ちするころ(30歳以降)になると自分で研究テーマを探すことになります。 社会的ニーズがあること、他人がやっていないことを考える訳ですが、企業研究者としては(一応)利益も考えなくてはなりま …続きを読む
こんにちは。 純炭社長@糖質制限中の樋口です。 中外製薬は他社にないユニークな薬が多いのですが、製品改良が下手なため、 せっかく開拓した市場を失ってしまったり他社に奪われてしまうことが多かったのです。 武田など大手は最初に発売した薬の売上が下がってくると、 製剤改良で1日1回で済む類似薬を出して市場を守る戦略(ライフサイクルマネジメント)が得意でした。   なぜ、中外は薬を出したら出しっぱなしにしてしまうのか? 薬を出したことのある研究者が全く別のテーマに移ったり、研究現場から移動させられてしまうからなのです。   そこで、既存製品の改良や、医師との臨床研 …続きを読む
こんにちは。 純炭社長@糖質制限中の樋口です。   TPO研究でキリンビールに完敗した私は研究職からスタッフ部門に移動させられました。   製薬会社の研究所には様々な部門があります。 ・新薬開発も最も上流にあたる探索部門 ・製剤化の研究をする部門 ・薬物動態を研究する部門 ・安全性を研究する部門 ・製造プロセスを研究する部門   実際に手を動かして研究する研究職以外にも、 ・総務(給与や勤務管理、採用、購買など) ・実験動物の飼育管理部門 ・研究管理 ・知的財産(特許) などのフタッフ部門があります。   血小板を増やすトロンボポエチン(TPO) …続きを読む
こんにちは。 純炭社長@糖質制限中の樋口です。 沼津東高校で行った「職業を知るセミナー」で理系研究職を紹介した内容+αを書き綴っています。 今回は完全な敗北例の話です。 中外製薬研究所でEPO(赤血球を増やす薬)と G-CSF(白血球を増やす薬)の大型バイオ新薬を世に出した 血液グループ(総勢20名くらい)は血小板を増やす因子(TPO)を探すための研究を開始しました。 3つほどのグループに分かれて違うアプローチでTPOを探します。 様々な細胞株を培養して培養液の上澄みからTPOを探すグループ。 がん細胞を動物に移植して血小板を上げるがん細胞を見つけようとするグループ。 私は …続きを読む
こんにちは、純炭社長@糖質制限中の樋口です。 台風は大丈夫ですか? 怪我や災害が身近で起こりませんように。 さて、体育の日である今日は自宅の沼津から羽田経由で 金沢に戻ってきました。 前にも書いたと思いますが、私の会社は金沢、自宅は静岡県沼津市にあります。 なぜ、そのようになったのか?は時系列的に説明しますが、 私が47歳の時、家族と離れて金沢のベンチャー企業に転職してから、 (可能な限り)毎週、金沢と沼津を往復しています。 私の家族は、私と妻、長男&長女の4人家族です。 おしどり夫婦ならぬカルガモ家族と言われるくらい、どんな時でも一緒に過ごしていました。 ところが知人3人で設立し …続きを読む
こんにちは。 純炭社長@糖質制限中の樋口です。 大型台風が接近している3連休ですがいかがお過ごしですか? 9月27日に沼津東高校で行った「職業を知るセミナー」の内容を書きとめようと始めた「理系研究者の生き方」シリーズですが、 4回目め以降は授業では触れなかったエリスロポエチン製剤(EPO)発売以降の研究生活を紹介しようと思います。 私が所属していた新薬研究第二部には赤血球を増やす薬(EPO)を研究するグループと 白血球を増やす薬(G-CSF)を研究するグループの2つがあり、それぞれ赤組、白組と呼ばれていました。 EPOの研究が一段落した赤組メンバーは白組とともにG-CSFの発売にむけて …続きを読む
こんにちは。 純炭社長@糖質制限中の樋口です。 今日はブログ更新が夜になってしまいました。 何故かというと沼津の自宅にいるからです。 何故自宅にいるとブログ更新が遅くなるかというと、 家事が忙しいからなんです。 何故家事が忙しいかというと、 高校教師である私の妻さんがとても忙しいからなんです。 毎日12時間以上学校にいるのではないでしょうか? 土日も部活や仕事に追われることも多い。 しかも民間企業のように休日出勤手当など無い場合が多い。 もう30数年前、私が千葉大学理学部生物学科に入学したころ、 就職は教員しかないよ、という雰囲気でした。 (教員試験はとても難しいので実際に教員になるの …続きを読む
こんにちは。 純炭社長@糖質制限中の樋口です。 昨日のM子のブログ「理学部生物科卒・修了後の進路」を読んで 自分の時代はどうだっただろう?と思いだしてみました。 もう30年も昔になってしまいましたが20人の同期生の名前を思い出すことができました(すごい?) M子は女性比率が40%と書いていましたが、私の時は10%。20人中女性はふたりしか居ませんでした。 進学や就職先が今一つはっきりと思い出せないのですが、修士への進学は50%程度だったと思います。 今でも大学で研究を行っているのは6人(30%)もいます。 高校教師は3人、私のような企業研究職は2人、他は一般企業やカメラマン、不明などなど( …続きを読む
皆様こんにちは! 水曜担当スタッフM子ですっ 青色発光ダイオード研究で日本人の三先生がノーベル物理学賞を受賞されましたねっ! 素晴らしいぃぃ~ 日本中祝福ムードです  さて,この祝事を予感したように??最近の弊社代表は理系を目指す(?)若人たちへの啓蒙活動(?)に夢中のようですね! 一応M子も理学部生物学科出身ですので,自分の同級生の進路はどうだったかな~?と振り返ってみました。 「理系研究者の生き方」とは少しズレますが~  一番ふらふらしてきたのが私なのですが…私の例は一般的ではなく特殊例にあたると思います 入学初日の学科のオリエンテーションで …続きを読む
こんにちは。 純炭社長@糖質制限中の樋口です。 今日は製薬会社研究職の暴露話(?)その2。 新薬研究所に入ってから、バイオ医薬最高傑作と言われたエリスロポエチン(EPO:エポ)が発売になるまでを紹介したいと思います。 医師に憧れていた私は中外のエントリーシートに薬理学希望と書きました。 しかし、配属されたのはバイオ医薬の探索研究部門。 後に、EPOの研究リーダーだった今井さんが私のエントリーシートに書いてあった 電気泳動の文字でEPOグループに引き抜いたことがわかりました。 電気泳動とはタンパク質の大きさや電荷を調べる方法で、 タンパク医薬の研究が盛んでなかった時代には製薬会社研究所の中 …続きを読む
こんにちは。 純炭社長@糖質制限中の樋口です。 6年間行った沼津東高校での「職業を知るセミナー」の内容を「理系研究者の生き方」としてまとめています。 今日から数回、中外製薬~大学ベンチャー~起業独立までの道のりを紹介し、理系研究職の実態を知って頂きたいと思います。 前にも書いたと思いますが、私は子供のころから医者になりたいと漠然と思っていました。 しかし、たいした勉強もぜず、浪人もせず、その時の学力で入れた千葉大理学部生物学科に入学しました。 大学生活はとても楽しく有意義でしたが医者への夢が忘れられず、 医学に近い職業に就きたいと思い生化学(筋たんぱく質)の研究室に入り、 修士課程途中 …続きを読む
こんにちは。 純炭社長@糖質制限中の樋口です。 9月27日に沼津東高校で行った「職業を知るセミナー」の内容を「理系研究者の生き方」として紹介しています。 今回も生徒さんからの質問、「研究者になるにはどうしたら良いですか?」に関してです。 もっとも重要なポイントはふたつ。 1)大学院に行く必要がある 2)企業研究者であれば修士、大学や国公立研究所、海外で研究者として生きて行くには博士が必要 研究者には色々な種類があります。 ・私のような企業の研究所に勤める企業研究者。 ・大学の先生 ・国公立の研究所に勤める研究者 ・海外の大学や企業で研究する人 何れの場合も4年間の大学生活を終えた後 …続きを読む
こんにちは。 純炭社長@糖質制限中の樋口です。 沼津東高校で開催された「職業を知るセミナー」で講演した内容を「理系研究者の生き方」というカテゴリでまとめています。 今日の話題は毎年生徒さんから出てくる質問。 「どんな人が研究者に向いていますか?」、研究者の適性に関してです。 一般人がイメージする研究者ってどんな人物像でしょう? こんな感じ? 人付き合いが嫌いで、 おたくっぽくて、 一日中パソコンに向かっていたり、 一日中実験室にこもっている、 とっつき難いヒト(笑) もしも、 「研究者って研究だけしてればいいんでしょ?」 「私、人付き合いが苦手だから研究者になり …続きを読む
こんにちは。 純炭社長@糖質制限中の樋口です。 私が書くブログが健康や糖質制限とはかけ離れた内容になっていますが、 9月27日に沼津東高校で行った「職業を知るセミナー」で生徒さん達に伝えたかったことを 連続で書ききってしまいたいと思います。 講義中の写真を先生に送ってもらいました。 こんな感じ(笑) 個体発生は系統発生を繰りかえすという言葉があります。 なんのこっちゃ?と思うかもしれませんが、 個体発生(=自分の人生)は系統発生(人間として生まれてきた者が共通して歩む人生)の繰り返しでしかない という意味です。 長い人生を歩んでいく中 …続きを読む
こんにちは。 純炭社長@糖質制限中の樋口です。 今日は朝一番の飛行機で羽田から小松に戻り、 大手メーカーとの共同研究の打ち合わせ、 月末の請求書類発行、入出金確認、 歯科医診療・・・・そして、 生まれて初めてのスポーツジムが待っています。 ※最後が書きたかっただけ(笑) 糖質制限と筋トレによって肉体と精神がどう変わるか?楽しみです。 さて、今日のブログも先週土曜日から始めた「理系研究者の生き方」シリーズの続きです。 理系研究者を目指す高校1年生に向けて発信しているメッセージの二つ目は、 エルバート・ハバードの「人生における最大の失敗は、絶えず間違いを犯さないかを恐れていることだ」です。 …続きを読む
こんにちは。 純炭社長@糖質制限中の樋口です。 先週の土曜日に静岡県立沼津東高校で行った職業を知るセミナーでの講義内容に関して、 場違いかとは思いましたが、 このきよらブログに「理系研究者の生き方」というカテゴリを新設して書き記すことにしました。 もう6年目になってしまった講義で必ず伝えていることが二つあります。 その一つが「イメージできないことはマネージできない!」ということ。 何事にも当てはまることですが、自分の頭の中で仕組みを理解して、シミュレーションできないことは 自分自身にはどうすることもできません。 人生も同じで、どんな人間になりたいか?どんな人生をどこで誰と過ごしたいか? …続きを読む
こんにちは(というかこんばんわなのですが) 純炭社長@糖質制限中の樋口です。 昨日、沼津東高校で行った「職業を知るセミナー」で司会を務めてくれた生徒さんから 「数学が苦手なのですがどうすれば良いですか?」という質問を受けました。 その時の回答は「とにかく問題をこなすこと」としか答えられなかったのですが、 その答えの背景をどうしても生徒さんに伝えたいと思い、 セミナー担当の先生にメールしました。 上手く伝わらなかった時のために、 このブログを通じて私の言いたかったことを発信しますね。 (読んでくれれば良いのですが・・・・) 質問してくれた生徒さんへ 昨日のセミナーでは司会をつとめてく …続きを読む
こんにちは。 純炭社長@糖質制限中の樋口です。 本日は私の二人の子供たちが卒業した沼津東高校で講義をさせていただきました。 沼津東高校では毎年、理系文系の選択を余儀なくされる高校1年生向けに 職業紹介の講義が開催されます。 私は理系研究職として(おそらく)6回目の講義になります。 私の他には ・弁護士さん ・医師 ・IT技術者 ・薬剤師 ・教員 ・新聞記者 ・公務員 といった方々が自分の職業に関して高校生に(赤裸々な)日々の生活を伝えます。 実はわたくし、この講義が最も苦手なのです。 お医者様相手に研究成果を報告するほうがはるかに楽です。 前途ある高校生に …続きを読む

最近のコメント



2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30