いつから腎臓病専門医に診てもらった方がいい?~2019年学会レポート~

こんにちは、ゆっきーです(*^^*)

学会へ行ってきた店長たっくんからこんな情報があったので、ゆっきーが解説していきたいと思います★

慢性腎臓病(CKD)の患者数は1330万人に対して腎臓病専門医の数はたった5000人しかいない事を知っていますか?
※これは
患者約2660人あたり、専門医はたったの1人という計算!

いままでは専門医ではないかかりつけ医に診てもらっていたけど、いずれ専門医に診てもらったほうがいいのかな?と不安になることもあるかもしれませんね。
高齢化が進む日本ではこの”かかりつけ医”と”専門医”の上手な連携が求められています。

●かかりつけ医とは
何でも相談できる上、最新の医療情報を熟知して、必要な時には専門医、専門医療機関を紹介でき、身近で頼りになる地域医療、保健、福祉を担う総合的な能力を有する医師(であることが理想)しかし、腎臓専門医ではないので、腎臓病学会のガイドラインを詳しく知らない場合も。

●専門医とは
腎臓病専門医になるためには、日本腎臓学会の学術総会に参加し、試験や研修などをうけないと認定されません。それゆえに、新しい治療方法や症例を勉強している医師から専門性の高い治療が受けることができるのです。ただし大きな病院では、じっくりと話を聞いてもらったり精神的なケアまで時間をさけないという場合も。

どちらもメリットデメリット、またお医者さんや施設との相性なんかもあったりして、病院選びが難しい場合もありますよね。でも、
「透析寸前まで腎機能低下を指摘されなかった。」とか、
「まだ大丈夫と言われ続けて暴飲暴食していたら・・・・」とか、
「腎機能低下を知らずに市販の鎮痛薬(腎機能を低下させる成分が入っている商品)を使い続けていたら・・・・」
という声も聞こえてきます。
今日は腎臓病の専門医へ、どのタイミングで見てもらった方がいいのかというテーマのお話です。

☞腎臓病の専門医への紹介基準
腎臓病専門医への紹介基準(リンク先)
※リンク先は日本腎臓学会HPです(リンク先の表をかかりつけ医に見せて今自分がどこに該当するのか聞いてみましょう)
昨今の腎臓病治療を取り巻く環境の変化から、紹介基準のガイドラインが日本腎臓学会より明示されています。かかりつけの内科に通院しながら経過観察中の方も、この紹介基準にあてはまる場合は専門医療機関の紹介を受けた方が良いでしょう。慢性腎臓病でなくても急激に腎機能が悪化した場合や、合併症の管理が必要な患者さんまで広く専門医の方でカバーできるよう、ガイドラインが改訂されています。腎臓病は早期発見と早期治療が大切ですので、もし、かかりつけ医が紹介を迷うような場合でも、一旦専門医療機関に診てもらう方が良いでしょう。

☞糖尿病を患っている場合
糖尿病専門医への紹介基準(リンク先)
※リンク先は日本糖尿病学会のHPです。(リンク先の表をかかりつけ医に見せて今自分がどこに該当するのか聞いてみましょう)
糖尿病治療薬は、ものすごい勢いで進化していて、腎機能を保護する薬も見つかっています。糖尿病を患っているが専門医に診てもらっていない場合は、まずこちらのリンク先の紹介基準に当てはまるかを確認し、糖尿病専門医の紹介をうけましょう。治療中に腎機能が悪化してきた場合(※1)はさらに腎臓病専門医へかかる必要があります。糖尿病が原因の腎症は、従来の糖尿病性腎症の悪化順序とは異なるタイプの腎症(※2)というケースもあります。糖尿病も腎臓病も専門ではない病院では手遅れになる場合があるので、早めに双方の専門医に診てもらう方がいい場合も多いのです。

☞基準に該当の場合は紹介状をもらおう

紹介状の正式名称は「診療情報提供書」といいます。
・患者さんの情報(氏名・年齢・生年月日など)
・紹介の目的
・現在の病状、治療の経過、アレルギー歴など
・投薬内容
治療経過には画像診断写真・血液検査のデータなどが添付されています。
病院を移ってもスムーズに診療ができ、初診時の診察時間短縮や同じ検査は受けずにすむなどのメリットがあります。
紹介状なしで受診すると「選定療養費」という名目で病院が定めた額(5千円以上)がかりますが、紹介状の文書作成費は数百円~3千円程度ですので出費を抑えることが出来ます。

☞紹介先を指定したり治療法の希望は書いてもらえる?

ネットで簡単に医療情報を調べられる昨今、こうやってきよらブログやメルマガで医療情報を得ることもあるでしょう。調べた結果『この病院の〇〇先生に診てもらいたい』という希望もあるかもしれませんが、かかりつけのお医者さんも信頼できるオススメの医師がいるかもしれないので、相談して話し合ってみましょう。また、紹介先の病院への希望や不安な事などがあれば、遠慮なくかかりつけ医に相談し、納得のいく紹介をしてもらうようにしましょう。
ちなみに、紹介状には封をしてありますので、いくら自身の紹介状であっても中を勝手にみるのは失礼にあたります。記載内容を確認したい場合は紹介元のお医者さんに言えば、見せてもらえます。
紹介状の宛名(病院名や医師名)が空欄だった場合でも、大きな病院を受診することは可能だそうです。また、宛名が明記されている場合であっても、他の病院に行くことも可能です。しかし、宛先の医師に診てもらう方が、「大切な患者さんを自分に託してくれたんだな。頑張って診なければ!」「患者さんも自分を信じてくれているんだな」という気持ちが伝わり、その後のコミュニケーションが良好になることもあるようです。患者さんが紹介先の医師に不信感を抱いていると、良い治療ができない場合もあります。紹介元の医師と十分話し合い、納得して紹介先を決めてください。

☞紹介元の医師と紹介先の医師は、その後やり取りはするの?
これは義務ではないので、やり方は医師によって異なりますが、報告ややり取りをする医師が一般的だそうです。自分を信頼して大切な患者さんを預けてくださったのですから、紹介元の医師に治療の報告するのが礼儀ということですね。

 

かかりつけ医と専門医、どちらともしっかりと信頼関係を築いて診察してもらえるよう、主体的に自分の治療にかかわっていけたらいいですね。

 

日本腎臓病学会かかりつけ医から腎臓病専門医療機関への紹介基準
日本糖尿病学会かかりつけ医から糖尿病専門医療機関への紹介基準

(※1)日本糖尿病学会の紹介基準では、治療抵抗性の蛋白尿(顕性アルブミン尿)、腎機能低下、高血圧に対する治療の見直し、二次性高血圧の鑑別などがある場合は腎臓専門医への紹介基準を参照するよう明記された。

(※2)蛋白尿の顕著な増加を伴わずに腎機能が低下していく「糖尿病性腎臓病(DKD)」微量アルブミン尿→顕性蛋白尿→急激に腎機能が低下→透析導入パターンもあり、腎臓病も複雑化している。

【純炭粉末公式専門店】は→こちら

腎臓病とマグネシウムについて~2019年学会レポート~

こんにちは(*^^*)
店長のたっくんです。さて、あなたは”マグネシウム”についてどれくらい知っていますか?

昔から、腎臓病の患者さんには排泄能力不足からくる、高マグネシウム血症の恐れがあったため慎重投与、もしくは避けられていました。

☞マグネシウムって何?

マグネシウムとは、人体に必要なミネラル(無機質)のひとつです。成人の体内には、約20g~30gのマグネシウムが存在すると言われており、その50%~60%が骨や歯に、残りは筋肉や脳・神経・血液などに含まれています。
マグネシウムの働きはさまざまで、体内の酵素(約300種類)の働きを助ける作用があります。
例えば、タンパク質の合成やエネルギー代謝、歯や骨の形成、神経情報の伝達、体温や血圧の調整などが該当します。
通常、健康な人の場合はマグネシウムをたっぷり含む食材をとっても、マグネシウムの取りすぎにはなりません。その理由は、食物に含まれるマグネシウムの30~40%ほどしか体内には吸収されず、仮に多く吸収されたとしても腎臓から排泄させるからです。
マグネシウムはこんな食材(アーモンド、カシューナッツ、ほうれん草、豆乳、大麦、黒豆、いんげん豆、枝豆、ピーナッツバター、全粒粉のパン、アボカド、ジャガイモ、プレーンヨーグルト、玄米)に比較的多く含まれています。

☞腎臓病の人とマグネシウムの関係

通常、血液中のマグネシウムの濃度は1.8~2.4mg/dlが基準値となっています。マグネシウム濃度は高すぎても低すぎても体内に悪影響があります。腎臓病の人は上手にマグネシウムと付き合っていかなければなりません。
では、マグネシウム濃度が高くなる要因と低くなる要因のどちらがたくさんあてはまるか、以下の項目をチェックしてみましょう

☞マグネシウム濃度が高くなる要因
高マグネシウム血症による下記の症状は、血中のマグネシウム濃度が4.9mg/dL程度からおこりはじめます。
精神症状(倦怠感や無関心)や筋肉障害(筋力低下・けいれんなど)、循環器障害(不整脈・低血圧など)、などさまざまな症状があらわれます。
以下の点に心あたりはありますか?
□便秘薬として酸化マグネシウムが処方されている
□腎機能の低下によって排泄能力が低下している

☞マグネシウム濃度が低くなる要因
低マグネシウム血症は血中濃度が1.6㎎/dL以下になるとおこります。
症状は食欲不振,悪心,嘔吐,嗜眠(しみん:外界の刺激に応じられなくなり眠ったような状態),筋力低下,人格変化など。筋肉がピクピクしたり、つったりする症状はマグネシウム不足でもおこります。
以下の点に心あたりはありますか?
□摂取量の低下(野菜の摂取不足=カリウム制限の為避けている)
□腸管からの吸収量低下(ビタミンD欠乏やPPI(胃酸を抑える胃薬)の摂取)
□腎臓からの排泄量増加(利尿薬、糖尿病等によるインスリン抵抗性)

マグネシウム濃度が高くなる要因と低くなる要因を比較すると、おそらく、低くなる要因に当てはまるものが多いという方が多いのではないでしょうか。
その為、腎機能が低下している方は、マグネシウム濃度が高くなるよりも、低マグネシウム血症に陥りやすいと言われています。

☞で、腎不全患者の血清マグネシウムは多いの少ないの?
血清マグネシウム濃度は保存期であれば一定に保たれ、透析に入るくらいになると高マグネシウム血症を認めると言われていますが、学会では透析導入患者さん(163,842人)の透析直前の血清マグネシウム濃度を調査したデータが紹介されていました。ちなみに透析直前の血液検査での数値なので、身体にマグネシウムがかなり蓄積した状態(最高値)と思ってよいデータです。
その結果
・約6割(57.7%)は1.8~2.7mg/dLのほぼ正常値
・約4割(37.7%)は2.7~3.5mg/dLで少し高いが高マグネシウム血症の症状がでる程ではない
・のこり(0.4%)が4.4mg/dL以上で高マグネシウム血症の症状が出やすい水準
つまり、ほとんどの腎不全患者は高マグネシウム血症を怖がる必要はないレベルということです。

☞ここでたっくんの考察(本題が遅くなってスミマセン)

※以下の内容は研究段階であり、治療ガイドラインとは逸脱した内容です。もしサプリメント等でマグネシウムを飲みたい場合は、血液検査をしたうえで、必ずかかりつけの医師とご相談ください。

ここ数年で腎機能低下にともなう、血管石灰化(血管にカルシウムが沈着して骨のように硬くなり、脳卒中や心不全を起こしやすい状態)とマグネシウムの関係について盛んに研究が進められています。(参考文献※1、※2)

この血管の石灰化は主にリン平衡が保てなくなったことからくる高リン血症由来(FGF23由来)と考えられており、その石灰化をなんとマグネシウムで抑制できるという報告があります。(※3)

血清マグネシウム濃度が1.68mg/dL以下(基準値の下限は1.8)だと透析リスクが高いこと、eGFRの低下速度も速いことがわかっています。
また最も予後が悪い状態は、血清リン濃度が高値なのに血清マグネシウム濃度が低値。これが石灰化が最も進んでしまう状態です。
無機リンなどの摂取を控える、もしくはリン吸着剤で血清リン濃度を下げるか、適正なマグネシウム製剤を処方してもらうことが大切でしょう。

注意!:まだまだ研究中のことなので「マグネシウムサプリがぶ飲みしよう!」みたいなことは絶対にやめましょう。
前述したように、高マグネシウム血症は危険です。長年、禁忌(処方してはいけない薬)とされていたのには相応の理由があります。

☞結局マグネシウム濃度は気にしなくていいの?
いえいえ、血清マグネシウム濃度と血清リン濃度を大いに気にして下さい。そして、マグネシウムが下がっていて、リンが上がっていたら要注意!
カリウムを気にした食事制限で低マグネシウム状態になっていないかをチェックして下さいね。リンが高いときにはハムやソーセージなどの加工食品を食べ過ぎていないか?日々の食事のリン含有量を再チェックしてみてください(と同時に医師にも相談)。

血管石灰化抑制機序としてマグネシウムによる新たなアプローチが示されたのはとても良い事!もし、マグネシウム補充だけで予防できるのであれば安価、低リスク、簡単と良いことづくめです。今後の研究の進展を非常に期待しています。

たっくんの学会考察は続編を絶賛執筆中!
じゃぁ、マグネシウムを多く含む食品を摂ろうとすれば結局カリウムも多いんじゃ?みたいな疑問もあると思いますので、次回はカリウムのお話をお届けします(/・ω・)/

参考文献
(※1)
『マグネシウムは非糖尿病性慢性腎臓病患におかえるリンと腎不全進行リスクの関連を修復する
http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/kid/kid/research/research26061542html』
(※2)
『低マグネシウム食はリン負荷による腎障害を悪化させる
http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/kid/kid/research/research30535376.html』
(※3)
もっと詳しく言えば、血管平滑筋細胞が高リン負荷にさらされた時、骨芽様細胞へと形質転換し石灰化が誘導されるけれども、Mgがあれば形質転換も、石灰化も抑制できる。

【純炭粉末公式専門店】は→こちら

腎不全状態で発熱、嘔吐、下痢、大量発汗などの体調不良時なったときは

こんにちは。純炭社長の樋口です。

体調がすぐれない時に薬局の市販薬を飲むことはありませんか?
あるいは、病院からもらった薬に関して、体調不良の時には飲まないようにという指導を受けたことはありますか?

日経メディカルオンラインに、慢性腎臓病の方が体調不良に落ちいったときの注意点が紹介されていました。
私は長年、製薬会社の研究所で研究を行っていましたが、医師でも薬剤師でもありません。なので、この記事を紹介して良いものか?と正直迷いましたが、「もうこれ以上、腎機能を低下させたくない!」という方のためにとても重要な情報だと感じたので、あえてブログで紹介することにしました。
「知らなかった」と後悔しないために、体調がすぐれないときには本ブログの内容に関して、医師や薬剤師に相談して下さいね。

☞腎臓病患者が体調不良時に気を付けるべきルール
名古屋大学先進診療システム学寄附講座准教授の安田宜成先生は、体調不良時に発生し得る急性腎障害(急速に腎機能が低下して透析が必要になるような状態)などを予防するための、慢性腎臓病患者が体調不良時に気を付けるべきルールを提唱しています。

☞体調不良時の服薬には要注意

発熱して食事がとれなかったり、嘔吐や下痢が続くと脱水症状になって血圧が下がりやすくなります。血圧が下がりすぎると腎機能が急激に低下することがあるので体調不良時には以下の5つのポイントを抑えましょう。
①血圧のお薬を飲んでいる(注1)
家庭で血圧を測定して上の血圧(収縮期血圧)が110よりも低かったら血圧を下げる薬を控える(医師や薬剤師に相談)
②利尿剤を飲んでいる(注2)
嘔吐や下痢、大量の発汗などで、明らかな脱水状態の時には利尿剤を控えて、塩分をスープや味噌汁などで補う(あくまでも脱水状態時に限ります)。
③市販の解熱剤を飲む場合(注3)
解熱鎮痛剤を飲むときには「アセトアミノフェン」だけの薬を選ぶ。
④糖尿病の薬(下記)を飲んでいる(注4)
糖尿病治療薬であるメトホルミンの休薬を検討する(eGFR45未満で要注意)。
⑤骨粗しょう症の薬を飲んでいる
骨粗しょう症などで処方される活性型ビタミンDやビスホスホネートも体調不良時は休薬を検討する。

(注1)
安田先生いわく、『高血圧診療の目的は、血圧を適正に管理することですが、一過性に血圧が上昇しても、160/100mmHg程度であれば大きな問題は起きません。一方、低血圧を生じると、それが一過性であったとしても腎虚血が急速に進み、AKIが誘発される危険性が高まりますし、ふらつき・転倒も生じやすくなります。』とのこと。体調不良時には家庭で血圧を測って、上の血圧が110よりも低かったら医師や薬剤師に血圧の薬を飲むべきか?を相談して下さい。

(注2)
夏場の熱中症予防として塩分補給をおこなう方もいらっしゃると思いますが、クーラーの効いた部屋で普通に生活している場合は必要ないかも。

(注3)
病院で処方される薬であれば「カロナール」、薬局で買える薬であれば「タイレノールA」、「バファリンルナJ
ここで注意が必要なのは市販薬でバファリンと名前がついていても商品ごとに成分が異なる点です。
「バファリンEX」「バファリンプレミアム」「バファリンルナi」は腎障害を起こしやすいNSAIDsが配合されています。「バファリンA」「バファリンライト」はアセトアミノフェンと一緒に飲むと腎機能を低下させる可能性がるアスピリンが配合されているので要注意。
市販の総合感冒薬(かぜ薬)にもNSAIDsが配合されているものがあるので、薬局の方に確認して下さいね。ちなみにNSAIDsは「エヌセイズ」又は「エヌセイド」と発音します。これを言われてキョトンとしている薬剤師は・・・・(笑)。

(注4)
メトホルミンの商品名は「メトグルコ」「グリコラン錠」「メデット」「ネルビス」など。eGFRが30未満では禁忌(処方してはいけない薬)ですが、eGFRの値は1割程度、上下に変動するのでeGFR45未満くらいから注意が必要とのことです。

☞急性腎不全を予防するために

梅雨時は食中毒が心配な季節でもあります。
万が一、下痢や嘔吐が続いた場合には、必ず医師や薬剤師に薬の飲み方を相談して下さいね。
また、消炎鎮痛薬やかぜ薬を買う時にも、NSAIDs(エヌセイズ)が入っていない商品を選んでもらって下さい。筋肉痛やひざの痛みなどに使う湿布薬や塗り薬に配合されているインドメタシンやロキソニン、フェルビナクも代表的なエヌセイズです。湿布薬や塗り薬を購入するときも、薬剤師にご相談下さい。

【純炭粉末公式専門店】は→こちら

減塩商品だからって安心しないで!

こんにちはゆっきーです(`・ω・´)ゞ
今日のテーマは”実は腎臓に危ないかもしれない減塩商品”について

お客さんの声を聴いていると・・・

「私は減塩仕様の調味料を使っているから大丈夫」

腎機能が低下していると検査で引っかかったら、まず最初にお医者さんに言われることが『減塩』ですよね。日本人の平均塩分摂取量は12gですが、腎臓病の人は6gを超えないようにと言われます。(塩とともに食品添加物も控えるようにと指導してくれるお医者さんもいますよね)

昨今の健康ブームから減塩の味噌や醤油やドレッシングなど、いろんな種類の商品が手に入るようになりました。あなたの冷蔵庫にも減塩と謳っている商品が一つや二つあるのではないでしょうか。

☞減塩醤油ってどうやって作るかご存知?

例えば、減塩醤油の場合、通常の醤油より塩分が50%以下のものを指します。作り方は、普通の濃い口しょうゆをつくってから塩分だけ除く加工をします。塩分濃度が高いほど食品が腐るのを防ぐことが出来るので、減塩仕様の醤油は基本的に賞味期限が普通の醤油にくらべて短くなります。
普通の醤油より手間がかかり、賞味期限が短いはず・・・にもかかわらず、安価なものや賞味期限が長いものが店頭に並んでいるのはなぜ?ひょっとして”良からぬカラクリがあるのでは?”と目を光らせてみてください!

☞減塩したデメリットを補うための添加物に注意

醤油に限らず様々な減塩商品について、塩を減らしたにもかかわらず味を感じるのはなぜでしょうか?
それは旨味を感じる為の添加物(グルタミン酸ナトリウムなど)が入っているからなのかも知れません。これらの添加物の中には一種のアレルギー症状や毒性が指摘されているものもあります。
また、本来の味噌や醤油はじっくりと発酵・熟成させる過程で旨味が作り出されますが、その分時間(もコストも)がかかります。この手間を省こうと、早く熟成させるために(安価に作る為に)使用される添加物(甘味料もその一つ)も問題になっています。
偽物を見分けるには、カタカナの原料が使われていない事をチェックして下さい。また、化学調味料などが入っていない減塩商品を選ぶようにしましょう。
本来の調味料の材料ってこんなにシンプル↓
【醤油】大豆・小麦・食塩(できれば天日塩などの自然塩)
【味噌】大豆・米・塩(できれば天日塩などの自然塩)・(麦味噌の場合は麦)
【味醂】もち米・米麹・焼酎
【酒】米・米麹

☞どちらの方が腎臓も安心?

●安価にするためや味を誤魔化すために合成添加物が入った味噌の減塩の味噌汁
●旬の野菜や天然の出汁(かつお節や昆布など)をつかった手作りの味噌の味噌汁
減塩商品を使っているから大丈夫と安心する前に、振り返ってみましょう。
天然の食材や出汁にもカリウムやリンが入っているんじゃ?と心配になる方もいるかもしれませんが、それ以上に体に良い作用があります。天然のグルタミン酸は腸で免疫に作用したり、疲労回復やメンタル面にも良い影響が期待できます。

☞減塩の塩っていったい何?

最近ではナトリウムを意図的に減らした塩ではない塩『低ナトリウム塩(カリウム塩)』が出回っています。これは味覚として感じる塩(NaCl)を減らすために塩化カリウムや硫酸マグネシウム・炭酸マグネシウムなどをまぜて濃度を調整しています。勘のいい方ならわかるはず、これを腎臓病の人が摂っていいわけありませんね。
実際、腎臓病の方は医師にご相談の上・・・と注意書きが書いてあるほどですので気をつけましょう。
また、精製塩は99%塩化ナトリウムなので「体のミネラルバランスを整える」ことができません。
選ぶなら、天然塩と呼ばれる岩塩(そのまま採掘されたもの)や海水等を凝縮して結晶化したものの方がオススメです。
たくさんのミネラル(マグネシウム・セレン・マンガン)も含んでいるほか、生成塩にくらべて旨味や甘味などを感じられ、体にやさしいのがポイントです。

☞減塩醤油は手作りできます♪

・お好みの安心な醤油(カップ1)
・昆布とカツオのダシ(カップ1)+酒(カップ0.5)
つくり方は簡単!お出汁と煮切ったお酒を冷ましてから安心な醤油に混ぜるだけ。
好きなお醤油やお出汁でオリジナルの減塩醤油をつくってみてくださいね。冷蔵庫で一週間程は持ちますよ。

☞頑張った減塩が悪い方向へ行かないために

減塩表記だからこのレトルトやインスタントで大丈夫!と決めつけてしまわずに、きちんとつくられた安心できる塩や調味料を、減塩の量の範囲内で正しく使いましょう。その方が心も体も満足できるはず。おうちの調味料の裏面の表示、ぜひ確認してみてくださいね!

減塩の具体的なやり方はこちらのブログも参照してくださいね(^^)/

【純炭粉末公式専門店】は→こちら

共生する腎臓と微生物~2019年学会レポート~

こんにちは。純炭社長の樋口です。6月は腎臓に関連する学会シーズン。
先週末6月21日~名古屋国際会議場で開催された第62回日本腎臓学会へ参加してきました。

第62回日本腎臓学会に参加してきました

そこで興味深いシンポジウムが開催されました。
題名は・・・『共生する腎臓と微生物』
死ぬまで透析を回避する秘訣は腸内細菌にあるのかも知れません。

10% HUMAN(邦題は「あなたの体は9割が細菌」)という本をご存知でしょうか?
腎機能と腸内細菌は密接にかかわっています

『あなたの体のうち、ヒトの部分は10%しかない。あなたが「自分の体」と呼んでいる容器を構成している細胞1個につき、そこに乗っかっているヒッチハイカーの細胞は9個ある。あなたという存在には、血と肉と骨、脳、皮膚だけでなく、細菌と菌類が含まれている。あなたの体はあなたのものである以上に、微生物のものでもあるのだ。』(プロローグより)
純炭社長を外から眺めたとき、そこにヒトの細胞は10%しか存在せず、90%はヒト以外の細胞(細菌や菌類)なのです。

You are what you ate.
西洋のことわざです。
生物学者の福岡伸一博士は著書「動的平衡」のなかで、次のように和訳しています。
『汝とは、汝の食べた物そのものである』

汝=10%のヒト細胞と90%の微生物だとすると、われわれ人間はもっともっと微生物を意識した食生活を送る必要があるのでは?と思ってしまうのです。

さて、腸内細菌と病気の話題に戻りましょう。
小児特発性ネフローゼ症候群の子供は帝王切開が多かった
お母さんのお腹の中で育っている赤ちゃんは無菌状態なので腸内細菌は棲んでいません。では、いつ、どこで微生物は赤ちゃんにヒッチハイクするのでしょう?

帝王切開で生まれた子供は肥満や糖尿病になりやすいことがわかっています。
今回の腎臓病学会でも、頻回再発する小児特発性ネフローゼ症候群の子供は帝王切開が多かったと報告されています。

現在のところ、赤ちゃんが産道を通って生まれてくるときに、お母さんからビフィズス菌などの腸内善玉菌をプレゼントされると考えられています。帝王切開の場合は、最初に接触する皮膚の常在細菌が赤ちゃんの腸内に棲みつくため、通常分娩とは異なる腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう=腸内フローラとも呼ぶ)になってしまい、病気を発症しやすいと考えられているのです。

余談になりますが、ブラジルでは50%が帝王切開だそうです。中国でも都市部の女性の2/3は帝王切開を選択するとか。そこで、帝王切開で生まれた赤ちゃんにお母さんの膣分泌液を舐めさせることも行われているそうです。

おぎゃ~と生まれた赤ちゃんは約3歳で大人と同じ腸内細菌叢になります。
しかし、母乳かミルクか、離乳食以降の食事の内容によって菌種は変わってくるようです。
具体的には炭水化物が多いとプレボテラが多く、タンパク質が多いとバクテロイデスが増えるそうですが、どっちが良いのか?は今のところよく解りません。

今回の腎臓学会を聞いた限りにおいては、腸内細菌と腎臓病の関係は研究が始まったばかり、という感じでした。
発表の内容をまとめてみると、
1)腸内の酪酸菌が減ることで制御性T細胞(過剰な免疫反応を抑える細胞)が減り、腎機能が低下する。(関西医科大学、金子一成先生)
2)チーズや肉に多く含まれるチロシンからフェノールを作る腸内細菌が多いと腎機能が低下し、尿たんぱくが増加する。フェノールが肝臓で代謝を受けたフェニル硫酸が腎機能を低下させる原因物質と考えられる。(東北大学、阿部高明先生)
3)腸内細菌が作るD-セリンは低濃度(0.1 mM)では腎保護的に働くが、10倍の1 mMでは逆に腎障害を起こすらしい。(金沢大学、岩田恭宜先生)
4)腎機能の低下による血中尿毒症物質の増加は、小腸の抗菌ペプチド(α-ディフェンシン)分泌を低下させることで腸内環境を悪化させ、腸内毒素の産生と血中移行を促進させる悪循環を招いている。川崎医大、佐藤稔先生)

専門的な話になってしまって申し訳ないのですが、一言でまとめると、
「腎臓に負担をかける物質は多種多様で、それらを作る腸内細菌も多種多様なので、これを抑えれば腎臓が良くなる!とは簡単にはいかない」ということです。
駄菓子菓子、腸内環境を改善すれば腎機能の低下を防ぐことができそうです。

冒頭で紹介した10% HUMANの第8章『微生物生態系を修復する』に腸内環境を改善するための三つの方法が書かれています。

①プロバイオティクス

ヨーグルトメーカーが推奨する〇〇菌を補給しましょう!という方法です。
筆者は否定はしていませんが、いくつかの懸念材料を書いています。
1)菌数の問題:腸の中には100兆とも1000兆とも言われる腸内細菌が棲んでいます。ヨーグルト等で10億や100億個を補給したって微々たるもの。商品選びには菌数をチェックして!1000億や1兆個は欲しいですね。
2)単一の菌種で足りるのか?:腸の中には2000種類の腸内細菌が棲んでいると言われます。そして菌種の割合は個人差が大きいのです。あの人が痩せた菌で自分が痩せる保障はありません。

②プレバイオティクス

体の外から善玉菌を補給するのではなく、腸内の善玉菌が自力で増えるのを手伝ってあげる方法です。イヌリン、フラクトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖はタマネギ、ニンニク、ネギ、アスパラガス、バナナ、キクイモなどに含まれる「善玉菌の餌」。腸内のビフィズス菌やアッカーマンシアを増やすことで、尿毒症物質を血液中に取り込みにくい腸内環境を作ってくれます。

③糞便移植

初めて聞く方も多いかもしれませんが、欧米をはじめとして日本でも話題になっている治療法です。読んで名のごとく、超優良腸内環境を持っている人の便を移植するというもの。高い治療効果があるものの、抗生物質耐性菌を移植された患者で死亡事故が出たため、しばらくは様子見になりそうです。

④腸内の掃除
腸内で良い菌を育てるためには純炭粉末で掃除が有効
そして純炭社長が実践している第四の方法が純炭粉末の組み合わせです。悪玉菌が優勢な環境では、どんなに優秀な善玉菌を送り込んでも、どんなに美味しい餌を与えても、悪玉菌が作る物質に邪魔をされてしまいます。そこで、純炭粉末によって悪玉菌が作る物質から善玉菌を守るボディーガード作戦を考えました。

きよらプレミアムは、
①プロバイオティクスとして1兆個の乳酸菌(EC-12株)
②プレバイオティクスとして2000 mgのイヌリンと2000 mgの難消化性デキストリン
③糞便移植はナシにして、
④きよらカプセル6粒分に相当する1000 mgの純炭粉末
を配合しています。

更に、最近では毎日きよらプレミアム1包に加えて、不溶性食物繊維である結晶セルロースや、フラクトオリゴ糖を含むバナナ、食物繊維の多いキノコ類や海藻類、野菜も積極的に食べて、純炭社長の90%を構成する微生物クンたちの栄養補給に励んでいる次第です。

【純炭粉末公式専門店】は→こちら

夏場は何飲む?腎機能を悪化させる飲み物にご注意を

こんにちは!日中の気温がぐんぐん上がってきており、日に日に夏の足音が近づいてきておりますね。知らず知らずに腎臓を傷つけてしまうこともある夏場、本格的な夏が到来する前に、こちらのブログで予習しておきましょう♪

☞夏は腎臓病にとって注意シーズン?
熱中症対策に何を飲むかで腎臓病の明暗が分かれます
暑い季節になると、お客様からのお電話で「腎臓が悪くなった…」というお声をよく耳にするような…??と思い、以前論文検索したところ『脱水症状が繰り返されると慢性腎臓病(以下,CKD)の危険性が高まる』という主旨の論文が複数見つかりました。

☞暑い地域で外仕事をする人は腎臓病発症率が高い
サトウキビ畑で働く人は腎臓病になってしまう?
中央アメリカ中部のニカラグア共和国のサトウキビ農園で働く人のCKD発症率が非常に高いという疫学データ1-3に始まり、近年では南インドやスリランカ・エジプトでも同様の報告4があるようです。
この原因のひとつとして、(気候と労働環境から)周期的に脱水症状を繰り返すと腎臓が障害されるということが提示されました。

☞脱水は腎機能低下の要因

また、脱水症状による腎障害の一因として、脱水症状になると体内のポリオール経路という代謝経路が活性化し、腎臓で「果糖」が合成され,この果糖が「フルクトカイネース」という酵素で分解されていく過程で腎臓に傷害をもたらすということがマウスの実験で示されました。※5
人為的に脱水症状を起こさせたマウスでは、血清クレアチニン濃度が上昇し,尿中のNGAL(急性腎障害の指標物質)が上昇、近位尿細管という腎臓の栄養成分等の再吸収に大切な組織が傷害され,腎臓の炎症や線維化が見られたそうです。5
脱水状態にならないように、暑い時期の水分摂取は腎臓を大切する上で非常に大切だと言われています。

☞暑い中脱水を繰り返したマウスはどうなった?
ネズミにストレスを与える実験では

こちらの論文※6では1日のうちに1時間,36℃の中で自由に水分を摂取できる環境下で4週間飼育したラットについて,腎機能に関する各種の分析が行われました。暑さに誘導された自由給水を伴う脱水症状の繰り返しは、抗利尿ホルモンの刺激により血しょうと尿が高浸透圧になり、その結果マイルドな尿細管の傷害と腎臓への酸化ストレスがみられたそうです。
マウスは以下の3種類(A~C)にわけいずれかの飲料を与えられていましたがどのグループが一番腎機能が落ちてしまったでしょうか?
A:普通の水
B:11%濃度のブドウ糖と果糖の溶液(一般的な清涼飲料の濃度だそうです)
C:甘いがカロリーのない「ステビア(人工甘味料)」の溶液

☞腎臓によい水分は次の内どれ?

答えはA。
Bの甘い水は、マウスがたくさん飲んでいたにも関わらず、より強い脱水症状に陥り、腎機能が悪化していました。
一方、Cのステビアで甘みを付けた水ではBに比べて、腎機能の低下はわずかでした。
人工甘味料のデメリットに関しては議論が分かれるところですが、どうしても甘いものが飲みたい時には、砂糖、ブドウ糖、果糖ブドウ糖液糖などの表示がある飲料は避けた方が良さそうです。

☞甘い飲み物での水分補給に待った!

先ほどのマウスの実験がそのまま人で確認されている訳ではありませんが、夏場の水分補給、炎天下での運動中の水分補給には「ブドウ糖果糖液糖」というような成分の含まれるソフトドリンク類は避ける方がよいでしょう。また、スポーツドリンクや経口補水液には塩分も入っています。多量に飲むと塩分過多になるのでかえって腎機能を悪化させてしまいます。血糖値が上がり体内でのAGEも生成されやすくなります。

もちろんリンやカリウムの摂取制限がある方はそのあたりの濃度も確認必要です!気がついたら腎機能が非常に悪くなっていた!ということが少なくなるように,夏場の水分摂取には「量」も「質」も気をつけましょう!!

また、カフェインの入った飲み物やアルコールは利尿作用があるので注意が必要です。それらを飲む場合は余分に水分摂取をするようにしましょう。

 

参考文献

1.  Torres C et al.
Decreased kidney function of unknown cause in Nicaragua: a community-based survey.
Am J Kidney Dis 2010; 55: 485–496.

2.  O’Donnell JK et al.
Prevalence of and risk factors for chronic kidney disease in rural Nicaragua.
Nephrol Dial Transplant 2011;26: 2798–2805.

3.  Peraza S et al.
Decreased kidney function among agricultural workers in El Salvador.
Am J Kidney Dis 2012; 59: 531–540.

4.  Chatterjee R
Occupational hazard.
Science 352: 24–27, 2016.

5.  Roncal Jimenez et al.
Fructokinase activity mediates dehydration-induced renal injury.
Kidney Int. 2014 Aug;86(2):294-302.

6.Rehydration with soft drink-like beverages exacerbates dehydration and worsens dehydration-associated renal injury.
García-Arroyo et al.
Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol. 2016 Jul 1;311(1):R57-65.
ちなみにラットの平均体温は37-38℃だそうで※7,36℃で1時間/日を4週間という条件は,我々が32,3℃で1日6時間を6日間ほど過ごすのを3.5年ほど経験するのと同じような感じでしょうか??(いくつかの値を参考にした推測です)となると近年の日本の気候と、この季節の温度,持続期間から考えて普通に生じうる環境ではないでしょうか?

7.  総務省
<平成12年度>高周波電磁波曝露による脳高次機能への生物学的影響評価 研究報告書

【純炭粉末公式専門店】は→こちら

なぜ私は人工透析を拒否してきたか~腎不全発症から10年~【書評1】(難易度:初級)

こんにちは。

純炭社長の樋口です。

今回から腎機能8%でも透析を回避しているリュウ・ウェイ(劉薇)さんの
驚くべき(というよりも現代医学の常識とは真逆な)生活習慣を紹介しています。

詳しく知りたい方は、この書籍を読んでみて下さいね。

透析に入らない生活習慣

純炭社長は以下の5つに分類しました。

1)雑穀を中心とした食事内容と食事回数。

2)自らの価値観で慢性腎臓病と向かい合い、医師や栄養士まかせにしない。

3)ストレスをためない。

4)ヨガや運動、代替療法を取り入れる。

5)「自分は病気である」という意識を改革する。

初回の今日は1)雑穀を中心とした食事内容と食事法について書いてみます。

↑一般的な病院食はこんな感じ(例:糖尿病食)

現在の病院で指導される腎臓病食は主として、
「たんぱく質制限」、「塩分制限」、「カリウム制限」、「リン制限」
から成り立っていることはご存知かと思います。
大の肉好きで大食漢だった劉薇さんは肉を食べるのを一切やめ毎食のメニューを2週間分記録。
結果を栄養士さんに見てもらうという生活を続けたそうです。

食事記録を見た栄養士さんは「これは多いですね。これも多いですね。」とどんどん省かれて「食べてはいけないものが」どんどん増えていき何を食べたら良いのか分からなくなってしまった劉薇さん。

腎臓病食はたんぱく質を減らした分のカロリーを他の栄養源で補わなければなりません。純炭社長が読んだ専門書には「植物油などの油脂類、砂糖や炭水化物などの糖質でカロリーを補いましょう。」と書いてありました。

駄菓子菓子、糖質制限食やケトジェニックダイエットを実践してきた純炭社長的から見ると、あまりにも不親切な書き方としか思えないのです。

植物油といってもサラダ油やオリーブオイルなど種類によって、オメガ3、オメガ6、オメガ9の含有量が様々です。
マーガリンにはトランス脂肪酸が含まれています。
カロリーの問題だけ書かれていて、どんな油脂を食べれば良いのかという質の問題が書かれていないのです。
(純炭社長のおススメはオメガ3脂肪酸が多いエゴマ油・亜麻仁油・フィッシュオイル、ココナッツオイルやMCTオイルなどの中鎖脂肪酸)

糖質に関しても、血糖値を急激にあげてしまう砂糖や白米・食パンよりも、食物繊維が多く血糖値を上げにくい雑穀や全粒パンの方が好ましい(と純炭社長は思っています)とは書かれていません。

また、「たんぱく質は制限するものの、たんぱく質は筋肉や臓器を作る大切な成分なので良質なたんぱく質をとりましょう。しかし、たんぱく質にはリンが多く含まれるので気を付けましょう。」
と書かれているだけで、ハムやソーセージ、コンビニ食などに添加されている無機リンの話は出てきません。

中国では「腎臓は養わなければならない」という考え方があるそうです。

どんな食事が腎臓を養うのか?・・・・劉薇さんは雑穀にたどり着きます。
(ただし、そんじょそこらの雑穀ではないのです。詳しくは書籍を読んでみて下さい。)

劉薇さんが実践する腎臓を養うためのルールは以下の7つです。

①雑穀を食べる。:低たんぱく質米でなく白米と雑穀を1:1で炊いたご飯などの主食7、旬の野菜を使ったおかず3の割合で組み合わせて食べる。

②塩分量は1品ではなく、1日で考える。:惰性で1日3回食事を摂ると一回当たりの食塩量が少なくなり味気なくなります。体が求めていなければ3食取る必要なし。香辛料などを上手く使って1日当たりの食塩量を減らすことがコツ。

③黒い食材を食べる。:中国では黒い食べ物は生命力を強くすると言われているようです。白い砂糖・白いパンは食べず、黒豆・小豆・黒米・黒ゴマ・黒きくらげなどを取り入れる。

④量より質にこだわる。:腹を満たすための食事ではなく、旬のもの・無農薬・無添加など食材の質にこだわった食事を摂る。

⑤動物性たんぱく質は控える。:豆類や大豆食品を取り入れて、肉類は極力減らす。純炭社長が受講しているAGE研究協会の山岸先生も長生きしたければ肉は控えめにと言っていたのを思い出しました。赤身肉は腸内で心血管病の原因になるTMAの原料になりますし、ステーキや焼き肉には腎臓に負担をかける糖化物質(AGE)が多く含まれます。

⑥利尿、排毒作用のある素材を取り入れる。:小豆・はと麦・きゅうり・スイカなどなど利尿、排毒作用のある素材でむくみやだるさを防ぐ。劉薇さんはナトリウムの排出作用があるカリウムを取り入れるために「野菜のゆでこぼし」をしていないというのもビックリです。

⑦酵素、アミノ酸、オメガ3に注目。:生野菜や発酵食品は50℃の低温調理。アミノ酸を多く含むアマランサスと豆類を摂る。オメガ3を多く含むエゴマ油・亜麻仁油・麻の実油を取り入れる。

雑穀は白米に比べて、たんぱく質・カリウム・リンともに多い食材です。それなのに劉薇さんは腎機能の悪化を食い止め、透析を回避しています。しかし、純炭社長は思います。単に劉薇さんの食事内容を真似ただけでは腎機能の悪化を防ぐことはできないだろうと。

劉薇さんの腎機能を維持させているのは、医師や栄養士の投薬・指導に従うよりも、自分の身体の声に耳を傾けて、身体と心が欲する事柄を選択してきたからだと思うのです。次回はそのあたりにフォーカスして書いてみたいと思います。

続きはこちら☟
リュウ・ウェイ(劉薇)さん流の透析に入らない生き方(その2:病院とストレスとの付き合い方)

リュウ・ウェイ(劉薇)さん流の透析に入らない生き方(その3:代替医療との付き合い方)

【純炭粉末公式専門店】は→こちら

夏場にクレアチニン値が上がる話

こんにちは、6月も半ばを過ぎ、もうすぐ夏の到来ですね。昨年は全国的に猛暑ならず酷暑となった厳しい夏でしたが、今年は冷夏との情報も・・・昨今の異常気象は想定外という事も多いので、ちょっと心配になってきますね。

☞クレアチニン値が上がりやすい季節がある?

お電話の相談でも「夏場になって血液検査の血清クレアチニンの値が上昇する方が多いような…???」とおっしゃるお客様が多いのです。そこで調べてみたところ、季節によってのクレアチニン値を調べた論文※1がありましたのでご紹介いたします。

☞6~8月の夏場が鬼門

「高血圧の患者さん2の中で,慢性腎不全(CKD)のある人(55名),ない人3(47名)について,血清クレアチニン値を元に算出するeGFR(推算糸球体ろ過値)の季節変動を調べたところ,どちらのグループでも春先(3~5月)に対して夏場(6~8月)はeGFRが低下(≒血清クレアチニン値が上昇)していた。」との事。
また、夏場に低下した値は秋や冬になると少し上がっていました。秋から冬にむけても少し上がっているので、春にはもう少し上がるのでしょうか?(だから春先と夏場の間の差が一番大きくなる??)

☞夏場の腎機能低下の原因は?

クレアチニン値のほかに血清尿酸値も夏に上昇していたことなどから、「脱水」によって腎機能が低下するのだろうと筆者たちはまとめています。このeGFRの季節変動(夏場の低下)の傾向は特に高齢者(73歳以)や降圧剤のお薬の種類(レニン-アンジオテンシン系阻害剤と利尿剤の併用)の方でよりはっきり表れるそうです。

☞検査の値は年単位で傾向をつかもう

夏場に(おもに脱水の影響で)一時的に血清クレアチニン値が高くなり、「腎機能なんて気にしたことなかったのに突然指摘を受けた!」という事態につながっている方もいらっしゃるのかも…そういう場合は,秋や冬にかけて血清クレアチニンの値が下がっていく可能性もあるのかもしれません。

本当に腎臓に傷害が起こっているのではなく、一時的な脱水の影響であれば、思い悩み過ぎてストレスをためるのは腎機能にも他の病気にとっても良くないように思います。でも「脱水の一時的な影響」じゃなかったり,脱水を繰り返して腎機能傷害が発生・進行し、大きなダメージになったりすると大変ですね。

☞秋にもう一度再検査を

夏場に血清クレアチニン値が高くて病院で指摘を受けたら、水分をしっかりとって脱水に注意しながら、秋や冬に再検査を受けたりしっかり経過観察をしてみてください。脱水が思わぬ検査結果を招く可能性があるという一方で,脱水が腎臓に良くない!というのは共通認識のようなので,水分補給に十分注意しましょう!

ちなみにクレアチニンの値は筋肉量や摂取タンパク質量の影響も受けやすいので(特に高齢者や女性で)1回の値ではなく、できるだけ継続的に血液検査を受けて変化を把握しましょう!腎臓の濾過機能をしっかり確認するためには「イヌリンクリアランス」など別の指標での検査を受けることもオススメです!

 

参考文献など

※1. Tohoku J. Exp. Med. 224:137-142, 2011
「Seasonal Variation in Estimated Glomerular Filtration Rate Based on Serum Creatinine Levels in Hypertensive Patients」
Masugata H. et al.

※2. 高血圧・・・収縮期血圧140mmHg以上,かつ/または,拡張期血圧90mmHg以上
※3. 腎不全に該当しない人・・・eGFRが60mL/min/1.73m2以上

「CKD早期発見・治療 ベストガイド 寛解につながる慢性腎臓病へのアプローチ」  佐中 孜 著 <医学書院>

 

【純炭粉末公式専門店】は→こちら

腎臓に効くマッサージとヨガ

こんにちは、純炭社長の樋口です。

突然ですが、FacebookというSNSをご存じですか?

私が参加しているFacebook内のグループに「腎臓病と一緒に」という集まりがあります。
透析に入った方、入る前の方、腎移植を行った方など、ご本人やご家族が様々な情報を交換しているサイトです(非公開グループなので参加申請が必要です)。今日はこのグループで役立ちそうな情報サイトを見つけたのでご紹介します。

☞腎臓に効く足つぼ「湧泉」とは?
東洋医学では、腎機能が低下すると足裏にある「湧泉(ゆうせん)」というツボに、痛みを感じる硬いしこりが現れると言われています。湧泉は足の指を曲げたときに足裏にできる「人」の形をしたくぼみの中央部分。

床に座って、両手の親指の腹で「湧泉」のツボを左右それぞれ5分づつ、軽く押しもみすると腎臓に良いそうです。押す強さは力を入れるのではなく、心地よさを感じる程度にするのがポイント!

「湧泉」の他にも足の中指をグルグルと右回りに10回、左回りに10回、中指を反らすようにして大きく回すと、下肢に滞っていた水分が腎臓に戻りやすくなると言われているそうです。
「湧泉指圧」も「中指回し」も就寝前に行うのが良さそうですよ。
詳しくはこちらのサイト『東洋医学からみる慢性腎臓病の予防法(足裏揉み・中指まわし)』をご覧ください。

☞次は腎臓に効くヨガについて
腎機能が8%しか残っていないのに透析を回避しているリュウ・ウェイ(劉薇)さんは腎機能を保つために以下のヨガポーズを紹介しています。
1)膝立て金魚のポーズ
2)甲田光雄式金魚運動
3)蝶のポーズ
4)ラクダのポーズ
5)アザラシのポーズ(下の写真)

ツボ刺激やヨガが腎臓に良いのは何故なのでしょう?実は腎臓という臓器は100gあたりの血流量が最も多い臓器なのです。

私が開発にたずさわった腎性貧血治療薬「エリスロポエチン」は赤血球を増やすホルモンですが、体内では腎臓で作られています。
一方、赤血球は骨髄で作られます。なぜ、腎臓で造血ホルモンを作り、わざわざ一度血流にのせて、造血の場である骨髄に運ぶ必要があるのか?と不思議に思っていました。その答えは血流量にあるのです。

大量の血液が流れ込む腎臓には、血液中の酸素濃度をモニタリングするセンサーがあり、酸素が足りなくなると「エリスロポエチン」を作って、酸素を運ぶ役割をしている赤血球を増やそうとする仕組みです。
ツボ刺激やヨガで腎臓の血流を良くすることが腎機能の回復につながるのかも知れませんね。

☞”腎臓を揉む”って話の真偽のほどは?
また、巷では『腎臓を揉むとよい』などという本や情報がありますが、これに関してはこちらのサイト『腎臓を揉むと健康になるは本当なのか?』にて、とてもよく解説されています。そもそも、腎臓というのは筋肉で覆われていて臓器自体を揉むというのは少し難しい臓器です。また、結石や水腎症の人は、安易に揉むと危ない場合もあります。
腎臓に揉むといいツボ

ただ、腎臓がある周辺(お腹周りや背中や腰にかけて)にはいろいろなツボがあるので、やさしくなでる(さする)ようにするのは良いとの事。東洋医学での「腎」と西洋医学での「腎臓」はすこし概念が違うものなので、そういった情報を混同しないようにしないといけませんね。

 

足つぼマッサージはすぐにでも出来そうな情報でした!ぜひ、お風呂上りや寝る前などにやってみてくださいね。

 

【純炭粉末公式専門店】は→こちら

カリウムって腎臓に良くないの??

こんにちは、ゆっきーです(^^)/
今日はこんなお電話での質問から!

『検査の結果でカリウムが少し高いねー(でも何もしなくてもいいよ)』
とお医者さんに言われてすごく心配で気になっています。
カリウムってそもそも何ですか?カリウムって腎臓に悪いんですか?

というご質問でした。
先生が忙しそうだと、そういう質問がしづらいってこともありますよね。
そこでゆっきーがわかりやすく解説したいと思います(^^)/

☞そもそもカリウムって何??
カリウムは、体内に存在するミネラルのうち最も量が多い成分です。ナトリウム(食塩を構成する成分の一つ)とともに細胞の浸透圧を維持調整する働きがあるため、生命維持活動の上で欠かせない役割を担っています。また、体に含まれている余計な塩分(ナトリウム)を体の外に出す効果もあります。ですので体内の濃度が高すぎても低すぎてもいけません。

☞カリウム自体が腎臓に悪いわけではない
カリウム自体が腎臓に悪影響を及ぼすわけではありません。
腎臓に障害があると、余分なカリウムを十分に尿に排泄することができなくなり、血中のカリウム濃度が上がってしまいます(高カリウム血症)。高カリウム血症になってしまうと、筋収縮の調節が困難になり、四肢のしびれ、心電図異常などの症状が現れ、重篤な場合は心停止を起こすこともあります。

☞適正なカリウム摂取量と体内での濃度は?
通常健康な人だと日本人の食事摂取基準(2015年版)では、目安量を設定していましており、18歳以上男性では1日2,500mg、女性では2,000mgです。また、血液中のカリウム濃度の基準値は3.6~5.0mEq/lとなっています。※但し検査会社により基準値上限が5.5mEq/lの場合もあり、こちらはSRLの基準を参考としています。

☞カリウムが悪いと聞いて野菜や果物を避けていませんか?
本当に高カリウム血症(血液検査でのカリウム濃度が約5mEq/l以上)になってしまっている人は医師からおそらく『カリウムを多く含む食品は避けなさい、1日1500mg以下に制限しなさい』と言われることでしょう。ちなみに腎機能e-GFRが45を切るようになるとカリウム制限は指導される様です。
しかし、医師からカリウム制限と言われていないのに野菜や果物を避けすぎたりしていると別のデメリットがあることをご存じですか?

☞ゆでる、水にさらすは本当に効果的?
慢性腎臓病の食事療法でこう言われて実践している人もいるかもしれません。
「カリウムの多い野菜やゆでる、水にさらしましょう」実はこの方法では抜けるカリウム量は野菜によって差はありますが、1割ほどしか抜けないものも多いんです。実は20分グラグラとお湯でゆでても2割も抜けない野菜も多く、労力の割に合わないこともあるそう。詳しくはこちら

☞ゆでる、水にさらすのデメリットは?
グラグラと茹でこぼしたり水でさらすと、加熱調理により酵素は失活し水溶性ビタミンやミネラルなどの成分は流れ出てしまいます。さて、そんな調理をした野菜にはいったい何が残っているのでしょうか。。。「生野菜を控え,野菜は細かく刻んで茹でてにこぼしてカリウムを減らしてから摂取する」という悲しいお食事指導されていない方は避け過ぎるのも考えものです。

カリウムは避けたほうがいいんでしょ?と聞きかじって、医師の指示がないにもかかわらず極端に果物や野菜を避けている人が多いように思います。医師や管理栄養士から具体的にどれくらいにカリウム摂取量に減らしなさい、といわれていない場合は、逆に健康を損ねているかもしれません。

☞どうしてもカリウムが気になってしまう方
やはり生野菜から摂れる大事な栄養素もないがしろにできません。そんな方々のために水耕栽培などで作られた「低カリウム野菜」などが販売されています。ネットで各種でていますし最近では大きなスーパーでも見かけます。

以前、ダステックスタッフが透析学会の企業ブースでもらってきたものを頂いてみました♪水耕栽培なので洗わずそのまま食べられますとのお話。「パリッ」…おぉ~かなりシャキシャキshineしております!

お味は…え~っと…レタスの味を深く考えたことがないのですが…普通にレタスです!(爆)スタッフにも1枚づつ食べてもらいましたが,特になんの感想もなく…「一般的な野菜と違いがないのが良いのでは?」とは純炭社長のコメントcatface低たんぱく米など腎臓病食は美味しくないなんてこともあるようですが、健康な人と同じものを食べれるってうれしいですよね。

もちろん、大変な状態になる前に臓器の調子に気を付け日頃の生活習慣を見直しすことも大事です。しかし、心配のあまり、医師の指示がないのに避け過ぎるのも良くないですよ~というお話でしたm(__)m

参考資料;
「腎臓病学」(医学書院)
「(改訂版)腎臓病の食品早わかり」(女子栄養大学出版部)
東邦大学栄養部「栄養素の名は~カリウム制限と高カリウム血症予防の為に~

低カリウム野菜について;「富士通ホーム&オフィスサービス株式会社」 様 の商品です。

 

【純炭粉末公式専門店】は→こちら

 

 

↓ポチポチっと応援お願いします。

糖質制限ダイエット ブログランキングへ

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村