腎機能を知るための血液検査:血清クレアチニンとシスタチンC

投稿日: カテゴリー ◎腎臓病について
CKDとシスタチンC

こんにちは、純炭社長の樋口です。

病院の血液検査でクレアチニンの値が上がっていると
「腎臓が弱っていますね」
「このまま放置したら透析になってしまうかも・・・」
と言われてしまいます。

でも、毎回のクレアチニン値に一喜一憂しているとストレスが溜まってしまい、腎機能の低下につながってしまいます。
CKDとシスタチンC

今回は腎機能を知るための検査項目について書いてみます。

腎臓の機能は大きくわけて二つあります。
ひとつは体内の老廃物を尿として排泄する機能。
ふたつめは血圧や赤血球造血をコントロールするホルモンを作る機能

腎機能が低下すると、尿中に老廃物を排泄できなくなるため、血液中に老廃物が溜まってきます。血液検査として測定できる物質は、
1)クレアチニン
2)尿素窒素(BUN)
3)シスタチンC
4)尿酸
5)ベータツーマイクログロブリン
などです。

これらの検査項目の中でも血清クレアチニンが腎機能を知るマーカーとして一般的に使われていますが、実は当てにならない場合もあるのです。

クレアチニンは筋肉で作られる老廃物なので筋肉量が多い男性や激しい運動をした後には血中濃度が上昇します。クレアチニンが1 mg/dLという値で出たとしても、性別や年齢、筋肉量によって腎機能は千差万別なのです。

このような欠点を補う方法として、血清クレアチニン値を性別や年齢で補正して腎機能を評価するeGFR(推算糸球体濾過量)が使われるようになりました。お医者さまにはクレアチニンの値よりもeGFRの値を聞いてくださいね。

例えば、血清クレアチニン値が1.0 mg/dLだった場合、
55歳男性のeGFRは61.4ですが、
55歳女性のgGFRは45.4で、腎機能は半分以下に低下していることになります。

また、腎機能が高度に落ちてしまった場合には、血清クレアチニン値は栄養状態や筋肉量の影響を受けやすくなり、必ずしも腎機能を反映していない場合もあります。

当てにならないにも関わらずクレアチニンの値ばかりがひとり歩きするのはなぜなのでしょう?その答えは検査費用が安いからかも知れません。
・クレアチニンの測定費は約110円
・一方、シスタチンCは約1,200円(しかも3か月に1回しか保険が効かないのは医療費抑制のため?)
・ベータツーマイクログロブリンも約1,100円

自分の腎機能を正確に把握するためには、
1)シスタチンCによるeGFRを知る。
2)24時間蓄尿によるクレアチニンクリアランスを知る。
のいずれかを検査してみましょう。

【純炭粉末公式専門店】は→こちら

純炭社長

投稿者: 純炭社長

純炭粉末の(株)ダステック代表取締役社長。中外製薬で腎性貧血治療薬エリスロポエチン(ESA製剤)の開発に携わった後に、ESA製剤が不必要になる世の中(すなわち腎臓病が無くなる世の中)を目指して47歳で起業しました。元金沢医科大学医学部非常勤講師。ケトジェニックダイエットシニアアドバイザー・AGE研究協会認定講師でもあります。「出す」健康法で健康寿命を延ばすのが夢! 最近は「腎臓にやさしい純炭社長食堂」のシェフとしてサラメシも提供しています(笑)。

「腎機能を知るための血液検査:血清クレアチニンとシスタチンC」への3件のフィードバック

  1. 昨年e―GFRが63でした

    3日後にドックを受信しますが数値がしんばいです
    年齢は62才です
    この数値をかいぜんできますか?

    1. 高見沢様

      「食べる純炭きよら」は毎日欠かさずに1日目安量の6カプセルをお召し上がりいただくことが最も大切です。
      1日3回に分けると飲み忘れたり、飲む時間を気にすることでストレスを感じてしまうこともありますので、薬とは前後2時間あけられる時間帯を決めて、一回でまとめてお召し上がり下さい。

      また、夏場は水分が不足してクレアチニン値が高めに出やすい時期ですので、こまめな水分補給を心掛けて下さいね。
      来週公開予定のブログで紹介しますが、e-GFRが8になるまで透析導入を遅らせた方が、透析導入後の生命予後が良いという研究結果もあるようです。
      検査結果を気にしすぎてストレスが強まるとクレアチニン値も高めに出てしまうこともありますので、ゆったりとリラックスした気持ちで人間ドックを受診して下さい。
      過度の運動もクレアチニン上昇の原因になりますので、ドック受診前はお控え下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です