⑥大学病院の栄養指導により食事療法を開始

投稿日: カテゴリー ◎斎藤茂樹の≪あなただけは透析にさせたくない!≫

こんにちは!腎臓病歴38年の齋藤茂樹です。

多忙な日々から風邪→血尿という経緯をたどるものの、まだまだ腎臓病について甘く見ていた頃。
(クレアチニン:1.8 尿素窒素:21)
偶然テレビの健康番組を見ていると、腎臓病の食事療法について取り上げられていました。

テレビでの内容はクレアチニン値が基準値を超えたら食事療法が基本!
私のようにクレアチニン値が上限を超えている人は早急に厳格な食事制限をしないと透析が避けられなくなると話していました。

そのころ、さらにクレアチニン値が上がり2.7という数値にあがっていましたが、担当の主治医は塩分制限の食事指導以外の指導は特にありませんでした。
今思うと、こんなに悪化していたにもかかわらず食事療法もしないで何をしていたんだ!?と悔やまれるばかりです。

テレビの内容をみてどうしても心配になり、東京の大学病院まで診療を仰いだのは言うまでもありません。
もちろん東京の医師にはこんな数値になるまで食事指導はなかったのか?と聞かれる始末でした。

そこで私に指示された食事療法の内容は・・・
1日当たり
・タンパク質30g
・塩分0.6g以下
・2000キロカロリー
という指示でした。

しかし、この内容で始めたものの当初はどうしていいかわかりませんでした。

まず一番のネックはタンパク質を30gに制限しなければならなかったことです。タンパク質は肉や魚だけでなくお米や乳製品などあらゆる食品に含まれています。
1日3回の食事ごとに食材を軽量して料理をするという大変な毎日が始まったのです。
※タンパク質30gというと食材そのものの重さではありません!
豚もも肉なら約150g・鶏もも肉なら約200g・卵なら約4個分です。

しかし、タンパク質を30gに抑えるとどうしてもエネルギー不足になり指導通りに守ることがなかなか難しかったのです。
そこでタンパク質が入っておらずエネルギーがたかいデンプンが主原料の食材を利用してエネルギーを摂取することにしました。
当時(昭和60年頃)は低たんぱくの食品はほとんどありませんでしたので、粉飴という調味料や低たんぱくホットケーキミックスなどを利用することもありましたが、甘みのある素材で嫌になることもありました。
また、春雨やくず粉などを多用した献立を妻に作ってもらうもおいしいものを我慢しなければならず辛い日々が続きました。

こうして食事療法をはじめ、月に一度静岡から東京まで診察に出向くたびに先生からこの様な注意をうけました。
『低たんぱく質の食事療法では絶対にエネルギー不足にならないこと!!』
タンパク質制限をしっかり守るのは大切なことですがそれを守るためにエネルギー不足になってはかえって腎臓にはよくないと言われました。
どうしてもエネルギー不足になるくらいなら少しくらいはタンパク質摂取量がオーバーしてもよいからトータルでエネルギーほ確保しなさいと言われました。

こうして1年、2年と過ぎていき食事療法をスタートした当初のクレアチニン値2.7から2.8~2.5の間をキープするようになり、食事療法による効果があったと認識していました。

しかし、ある時からクレアチニン値が下がる気配もなく、私の心を同様し始めました。

ここからは私の失敗談と心の葛藤劇となりますが、続きは次回のブログへ

バックナンバーはこちら
→⑤慢性腎臓病(CKD)患者は食品添加物に要注意!

ゆっきー

投稿者: ゆっきー

美味しいものを食べることと、山登りが趣味の”ゆっきー”です。 お電話で商品をご注文のお客様は”ゆっきー”が電話にて対応させていただいているかもしれません!お電話注文ではまぁまぁな確率で”ゆっきー”が出ます! いつも元気と笑顔がモットーです( *´艸`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です