③たかが風邪、その甘さから血尿に!慢性腎臓病と風邪の関係

こんにちは、腎臓病歴38年の齋藤茂樹です。

初めてたんぱく尿を指摘された30代前半、私は朝7時に会社にでかけ、夜の10時に帰宅という生活が当たり前でした。
今のように週休2日ではなかったので土曜日も会社で仕事。
当然のようにストレスも多く食事も不規則、睡眠不足も十分にとれない生活を送っていました。

たんぱく尿はあるものの、クレアチニンや尿素窒素は正常だったので、泌尿器科の院長先生は「この様子だと全く心配ない」を言ってくれていました。
月に1回の検査を行いながら企業戦士として多忙な日々を重ねること6年、40代に差し掛かった私は今までに経験したことのない真っ赤な血尿を見て愕然としたのです。

風邪をひいているにも関わらず仕事に追われていた私ですが、あまりにも体がだるく、寒気もするので会社を休むことにしたその日、自分の尿が真っ赤に染まっているのを見て気が動転し、すぐに泌尿器科に駆け込みました。

血液検査の結果では腎機能は正常。
とりあえず血尿を止める薬と風邪の炎症を抑える抗生物質が処方され、耳鼻咽喉科で風邪による上気道感染の治療を受けるように言われました。
後で知ったのですが、私のように腎臓に何らかの異常がある人間が風邪や上気道感染にかかると、IgA腎症やネフローゼ症候群といった腎疾患に進んでしまうことがあるそうです。
私の場合も上気道感染が引き金となり、血中クレアチニンの上昇が始まりました。
今日のブログであなたに伝えたいことは、「風邪を甘く見ないで欲しい!」ということです。

血液検査が正常でも、たんぱく尿が持続的にみられる状態では、風邪や歯周病などによる鼻・喉・歯茎の炎症を食い止めなければなりません。
・風邪をひいたら会社を休んで安静を保つ!
・歯周病は放置しないできちんと治療する!
・ストレスを抱えて生活をしない!
これができるかできないかで慢性腎臓病の予後が大きく変わってくるのです。

今にして思うと、この時もっと自らの身体をいたわっていたら・・・と猛省するのですが、今となっては後の祭り。
クレアチニン:1.8
尿素窒素:21
それでもまだ、泌尿器科の院長は「まだ大丈夫」と私を安心させるのでした。

次回に続く

バックナンバーはこちら
②たんぱく尿から始まった私の腎臓病人生

【純炭粉末公式専門店】は→こちら

炭を飲むと痩せるのか??

こんにちは、ゆっきーです。最近多いこんな質問↓

炭で痩せるのか?

というお問い合わせ電話がありました。
巷では食用炭を使ったダイエットが話題になっているようですね。

1)ダステックの純炭は痩せません。
・純炭は(慢性腎臓病の患者さんでも)安全に長期間飲み続けてもらうために安全性試験を行っています。
・人間の1日目安量の約50倍量をネズミに約一カ月食べさせ続けても体重減少は認められず、貧血や栄養失調を起こさない安全な炭であることを確認しています。
・もしも、安全性試験で体重が減ってしまったら逆に安全性を問われることになってしまいます。

2)炭は原料や焼成方法によって不純物量や吸着特性が違ってきます。
・竹炭や赤松炭など、植物を焼いただけの炭には植物に含まれるカリウムやリンといった不純物が多く含まれます(純粋な炭は炭素だけ)。場合によってはヒ素や鉛が検出される炭も存在します。
・また、800℃以下の低温で焼いた炭には猛毒のダイオキシンや発がん性物質であるベンゾピレンが含まれている可能性もあります。
・更に、炭は焼成温度や時間によって吸着特性が異なり、消化酵素など人体に必要なタンパク質領域まで吸着すると説明している商品もあります。
(本当なら消化不良を起こしてしまう)。
・炭の吸着力によって本当に痩せるのであれば、身体に必要な栄養素や酵素まで吸着している可能性があります。

3)純炭の原料は食品や医薬品に使われる結晶セルロースという純度の高い食物繊維です。
・結晶セルロースは炭素・水素・酸素だけでできている食物繊維で、カリウムやリンどころか窒素すら含みません(健康を害する窒素酸化物もできない)
・また、竹や赤松は糖とタンパク質を含むので炭にする過程で老化の原因物質であるAGE(エージーイー)ができている可能性もあります。

★★サプリを買う際には以下の項目をメーカーに確認しましょう★★
・炭の原料が何で、安全性試験が行われているか?
・焼成温度は800℃以上か?
・ベンゾピレン、ダイオキシンの検査を行っているか?
・吸着する分子量領域はどれくらいか?(分子量が1万を超える物質を吸着する場合は消化酵素を吸着してしまう可能性があります。純炭はたんぱく質は吸着しない。)

簡単に痩せれるダイエット方法があるなら、世の中にたくさんのダイエット法が出ては消えて・・・と繰り返さないですよね。

ゆっきーも万年ダイエット宣言をしているので炭で痩せるならとっくに”きよら効果”でガリガリになっているはずです(/_;)笑 とはいえ、サプリメントなどの健康食品を選ぶ際は健康を害するようなことがないかを、きちんと調べてから試すようにしましょう♪

【純炭粉末公式専門店 】は→こちら

②たんぱく尿から始まった私の腎臓病人生

皆さん、こんにちは。
今年で74歳になる慢性腎臓病患者の齋藤茂樹(さいとうしげき)です。

私は慢性腎臓病と約38年間向き合っており、人工透析は今年で30年目を迎えます。

この度、(株)ダステックさまより、私のながいながい慢性腎臓病体験をお客様に紹介して欲しいとの依頼を受けました。
私の健康が許す限り、同じ病気に悩む皆さんのお役にたてるようお引き受けした次第です。よろしくお願いいたします。

私のブログは、ダステックと私の共通の願いでもある、「あなただけは透析にさせたくない!という想いをこめて・・・月2回のペースで書かせていただきます。

内容は、慢性腎臓病と診断された保存期(透析に入る前)の時代から、透析に至った経緯や、30年にも及ぶ透析体験などについてです。
医師や医療者の視点ではなく、患者当事者として解りやすく書いていきたいと思っています。

第一回目は私が慢性腎臓病と診断された経緯をご紹介します。

それは忘れもしない、昭和53年6月2日、会社専属の保健婦さんから、
「齋藤さん、このあいだの健康診断でたんぱく尿が見つかったの。」
と告げられたのです。
そして保健婦さんは間髪を入れずに
「数日後に尿の再検査をしましょう。それでも尿にたんぱく質が認められたら、すぐに病院に行って下さいね。」
と言ったのです。

数日後の検査でも再び尿にたんぱく質が検出された時、
私の腎臓が悲鳴を上げていることを初めて自覚しました。

数ある病気の中で慢性腎臓病が大変恐れられているのは
・疲れや痛み
・食欲不振
・むくみ
・高血圧
・貧血
などの自覚症状が出てくるころには、かなり病状が進んでいます。
なんと腎機能レベルは30%程度まで低下しているからです。
ここまで病状が進むと、もはや容易には腎機能を回復させられません。

慢性腎臓病から身を守るには、何よりも早期発見・早期治療に尽きます。

私の場合、幸運にも早期の段階で発見されたのですが、慢性腎臓病に対する認識の甘さや、怪しい民間療法に走ってしまったことで、ついには透析という道を歩むことになったのです。

健康診断でたんぱく尿が検出されたとき、会社の産業医も保健婦さんも
「一時的な疲れやストレスでも尿にたんぱく質が出てくることもあるので、あまり心配しなくても大丈夫ですよ。」
と安心させてくれました。
もちろん、この時点では疲れやだるさ、痛み、むくみ、夜間の頻尿といった自覚症状はありません。
なので、これから始まる壮絶な腎臓病との闘いを知るよしもなく、今から思えば、いたって呑気に生活していました。

その後、泌尿器科の専門医で腎臓病の検査を受けたところ、
尿たんぱく:++
尿潜血:++
だったにも関わらず血液検査は全て正常だったため、
院長先生は「齋藤さん、まだ心配はいりませんよ。」と言われたのです。

次回につづく

【純炭粉末公式専門店】は→こちら

①「ひとりでも慢性腎臓病から透析になる人を少なくしたい」透析歴28年の齋藤茂樹さんブログがスタートします。

こんにちは、純炭社長の樋口です。

このたび、約38年ものあいだ腎臓病に向き合い、
「新・あなただけは透析にさせたくない」
を出版していらっしゃる齋藤茂樹さんに、ご自身の体験を純炭ブログで紹介していただけることになりました。
約10年間の保存期腎不全(透析前)を経て、その後28年間の人工透析を体験していらっしゃる齋藤さん。
慢性腎臓病との付き合い方に重要なヒントを与えてくれると思います。

では、齋藤さん、よろしくお願い致します。

こんにちは、齋藤茂樹です。

私の願い、それは「ひとりでも透析になる人を少なくしたい」ということです。

私は、現在(2018年)まで腎不全のため、約28年間人工透析療法を続けております。
透析に入る前の保存期(慢性腎炎)を含めますと、約38年間におよび、この病気と向き合ってきました。

このような長い間の腎臓病体験を通じて、数ある病気の中で、この病気ほど大変な病気はないと悟ることができました。
その体験から、私のような透析人生を余儀なくされる人を、ひとりでも少なくできたらと思い続けています。

このたび、ご縁がありまして私自身の腎臓病体験をブログで発信して欲しいとの依頼を受け、お引き受けすることにしました。

私がお引き受けした理由は、この会社の社長さんが、私も含めて透析を受ける人のいのちづなである、造血ホルモン剤(エリスロポエチン)を研究開発して下さった方であり、このおかげで私たちは輸血に頼らずに社会生活ができていることを知ったからです。

私のブログを通じて、少しでも恩返しさせていただき、私のミッションである「ひとりでも透析になる人を少なくする」という願いを実現できれば幸せです。

齋藤茂樹プロフィール
1944年、福島県生まれ。高校卒業後、医療機器メーカーに入社。1985年にIgA腎症からの慢性腎臓病と診断され、これを機に退職。1989年に血液透析導入。以降、2017年まで静岡県富士宮市で腎臓病患者の食事療法食品販売店を経営。現在は、自らの体験をまとめた「新・あなただけは透析にさせたくない」を出版して、腎臓病時における自己管理の重要性を発信し続けている。

【純炭粉末公式専門店】は→こちら