注目を浴びている糖質制限について

生きていくために欠かすことができない3大栄養素はたんぱく質・脂質・糖質だと言われ続けてきました。

日本人の食事摂取基準(2015年版)でも3大栄養素の理想的バランスは

 たんぱく質:13~20%
 脂質:20~30%
 糖質(炭水化物):50~65%


と書かれています。
ところが今、この常識が変わろうとしているのです。
こちらでは、最近よく耳にするようになった糖質制限についてご紹介します。




糖質とは

糖質と聞くと砂糖やはちみつといった甘いものを連想すると思いますが、実は糖質とは、炭水化物から食物繊維を除いたものです。ですから炭水化物には糖質が含まれています。
日本人の主食である白米をはじめ、麺類やパン、小麦粉、イモ類、果物類には多くの糖質が含まれています。
日頃からよく口にしているほとんどの食べ物に糖質は含まれていると言っても過言ではありません。
糖質は体のエネルギー源であるブドウ糖の源となる重要な役割を持っています。
しかし、健康な体を維持するために活躍する糖質であっても摂りすぎてしまうと脂肪となって蓄積し、体重の増加や体型の変化の原因になるばかりか、糖尿病や動脈硬化などの体の不調にもつながってしまうのです。

食後の糖値に気をつけろ

糖質をたくさん含んでいる炭水化物を食べると急激に糖の値が上昇します。これは体にとって緊急事態です。
膵臓から分泌されたインスリンというホルモンが血液中に流れ込んだブドウ糖を肝臓や筋肉に取り込ませて糖の値を下げようと働き出します。インスリンの量が不足したり、インスリンの働きが悪いとブドウ糖を処理しきれなくなり、糖の値が高いままの状態が続くことになります。食後の糖値が高いと様々な体の不調を引き起こすばかりか、不具合のリスクも高めることが分かっています。

糖質制限を行うメリット

午後は眠くて仕事が手につかない、という方は糖質がたっぷり含まれっている食事をした結果、インスリンが働きすぎて糖の値が低い可能性があります。糖の値が安定しないとイライラや不安を感じたり急に眠気が襲うなど、精神不安に近い症状が現れることもありますが、糖質制限によって、糖の値の急激な増減を食い止めることができ、糖の値を一定に保てるようになります。
糖の値が安定していると精神状態も安定し、やる気や集中力も湧いてきてプラス思考になれます。
更に、糖質制限によって体のエネルギー源を脂肪から作るケトン体に切り替えるため、内臓脂肪が低下して短期間に体重を減らすことができます。糖の値が高いことに加えて肥満までも解消できる糖質制限は様々な体の不調を低減させる可能性を秘めているのです。

糖質制限を始めるなら

糖質制限にはいくつかの方法があります。
手軽に早くできる方法としては、糖質をたっぷり含んでいるものを控えて一日の糖質量を130グラム以下に抑える方法です。
今まで主食と思い込んでいたごはんや麺類を食べずに、たんぱく質や脂質をたっぷり含む肉や魚、卵、チーズなどを中心とした食事を摂る。アルコールも糖質を多く含む日本酒やビールから焼酎やウイスキーに切り替えるといった方法もあります。
糖質制限もダイエットと同じような感覚なので、無理なく継続して行える方法を選ぶことがポイントになります。
糖質制限を始めると、ハム・ソーセージや揚げ物といった加工食品の割合が増えてきます。
加工食品に含まれる添加物が気になる方には、炭を原材料としているきよらのサプリメントはおすすめです。
サプリメントならいつでも持ち歩くことができるので外食や加工食品が多くなりがちなときでも気軽に糖質制限を続けることができます。

きよらは、安全かつ特殊なダイエタリーカーボン純炭を原材料としており、放射能検査も行っている商品なので安心してお選びいただけます。毎日の健康づくりにお役立て下さい。

【定期購入のお申込みで単品定価から9~15%割引き!代引手数料も無料。詳しくはフリーダイヤルでご確認下さい】
お申込みはお電話で!フリーダイヤル0120-090218(受付時間:営業日の10時~18時)
純炭(じゅんたん)をもっと知りたい方はココをクリック!