加齢臭が発生する場所

対策が万全でない加齢臭に、思わず顔をしかめてしまった経験はありませんか。周囲の人の嗅覚は、本人が気づいていないにおいにも敏感に反応できてしまうのです。

厳密に言えば、加齢臭というのは全身から漂うものであるという認識が正しいかもしれません。しかし、においは汗・皮脂・雑菌の条件が揃うと発生しやすく、場所によってにおいに強弱があるのです。つまり、より強く加齢臭を発してしまう場所は、汗・皮脂・雑菌が多いところということになります。特に加齢臭が強く発生すると言われている場所を、おさらいしてみましょう。

耳のうしろ・うなじ

男性が自分の加齢臭に気づくきっかけとして、枕のにおいを意識したときが多いと言われています。枕に接する部分である耳のうしろ・うなじは、汚れが溜まりやすく、汗をかきやすいところです。服を着ている状態でも比較的ケアしやすい箇所ですので、意識的に清潔を保つようにすると良いでしょう。

頭皮

自分でにおいを感じにくく、汗をかきやすい場所といえば頭皮です。抜け毛を気にしてシャンプーの頻度を減らしてしまう方もいらっしゃるようですが、それは逆効果です。毛穴に溜まった皮脂と汚れは、抜け毛と加齢臭を増長させてしまうのです。

胸・背中

特に汗をかきやすい場所である胸と背中は、洋服でカバーされていることで余計に雑菌が繁殖します。体が発しているにおいには気づきにくくても、服のにおいを嗅ぐとにおいの程度に気づくことができます。加齢臭を気にする年齢に差し掛かったら、脱いだ服のにおいチェックを習慣付けると良いかもしれません。

自分のにおいは、自分で気づくことが難しいと言われています。加齢臭を意識するきっかけとして、周囲の人のさりげないアドバイスが効果的な場合もあります。そろそろ加齢臭を気にして欲しい方への合図として、「食べる純炭サプリ・きよら」はいかがでしょうか。きよらは、従来の木炭や竹炭成分に比べ、安心して長期的にご使用いただけるサプリです。体を気遣ってくれる人のために、健康と清潔を保っていきたいという意識が芽生えるはずです。

【定期購入のお申込みで単品定価から9~15%割引き!代引手数料も無料。詳しくはフリーダイヤルでご確認下さい】
お申込みはお電話で!フリーダイヤル0120-090218(受付時間:営業日の10時~18時)
純炭(じゅんたん)をもっと知りたい方はココをクリック!