透析を受けずに人生を楽しむ3つの方法 対談集

(読むデトックスNo.1より)として
目次
はじめに

  • 編集部によるマエセツ

  • すいません。佐中先生、ヤブ医者の見分けかたを教えてください(笑)
  • 第1部 ヤブ医 者薬や数値とのつきあいかた

  • 対談イメージ 特効薬のない慢性腎臓病の治療は、医者の診たて(サジかげん)が最重要です。
    「アンジオテンシン阻害薬」を使うことで、慢性糸球体腎炎による透析導入が減った。
    予備軍の段階から、腎臓病専門医や網膜症専門医、循環器病専門医に診てもらうこと。
    何が何でも自分の患者は透析にしない。そんな強い信念を持っている医者を選ぶこと。
    血清クレアチニンの値だけで腎機能を判断するのは危険ですね。
    治る腎臓病だってあります。これは慰めでもはったりでもありません、事実です。
    要するに、「eGFR」や検尿の所見を的確に評価できるのがよいドクター。
  • 第2部 食事  適正タンパク食にする

  • 対談イメージ 「患者の病態にあわせた、タンパク摂取量と質の適正化という作業が必要だと考えています。
    一言でいえば、低タンパク食というより適正タンパク食ですね。
    インドールにしろ、AGEにしろ、まずは腸から吸収しないようにしてやればいい。
    たまには、おいしいものを好きなだけ食べていいんですね。
  • 第3部 ライフスタイル  生活を楽しむ

  • 甘味を減らしてます。「純炭」もたんぱく質過剰の場合は必ず飲んでますよ(笑)。
    副交感神経を優位にすることが大切。意識して笑う、あったまる。 対談イメージ
  • 日常的に励行すべき22か条 〜寛解につながる慢性腎臓病へのアプローチ〜
  • 定期購入お申込みはこちらから!
  • 定期購入お申込みはこちらから!
  • いらっしゃいませ
  • $LAST_NAME$
  • 保有ポイント$POINT$
  • 定期購入はこちら
  • 開発者プロフィール
  • Kiyora Blog
  • メディア掲載情報

    • MyAge
    • 元気で長生きバイブル
    • 健康365
    • premile
    • 週刊女性
    • スキンケア大学に純炭が掲載されました
    • 類似品にご注意ください

    営業日カレンダー

    カレンダー
    • お店ばたけ出店店舗
    • Secured by GeoTrust